ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ロリン・マゼール / ウィーン フィル 公演

d0002958_123145.jpg


大枚叩いて行って来ました。ウィーンフィルのハンブルク公演。
ウィーンフィルを生で聞くのはこれが二回目。前回は1992年の来日公演、カルロス・クライバーが病気となり、じジュゼッペ・シノーポリが代振りをした時でした。
その時は、クライバーが振らないのならばわざわざ聞きに行こうという気になんかならないと言って、親戚が既に押さえてあったチケットをくれたのでした。太っ腹に感謝です。
プログラムは確かシューベルトの未完成と、ブルックナーの7番。ブルックナーですやすやと寝てしまったことを良く覚えています。苦笑

という訳で今回は18年ぶりのウィーンフィルとなったのです。マゼールを聞くのは初めて。
どちらも非常に楽しみで聞く前から興奮気味です。

プログラムはベートーベンの田園と、ブルックナーの3番。
メイン級の曲が二曲で、お徳感があります。笑

田園が始まって思ったのは、「うわっ弦楽器多いぞ!」
第一バイオリンから8,7,6,5,4プルトのフル編成です。のっけから弦楽器が鳴らしまくります。
音の粒が揃ってるからだと思うのですが、弦楽器だけでも恐ろしく大音量に聞こえます。
それでも、ウィーン・フィルのやや渋いような明るいような、それでいて切れのある音は、NDRともこの前聞いたドレスデンとも違います。管楽器は木管も金管も渋めの音でした。
マゼールは、1-2楽章をじっくり聞かせてくれて3楽章~5楽章を怒涛の如く弾ききって締めました。いや凄かった。この一曲だけでお腹一杯です。笑


で、後半、ブルックナーの3番。
この三番を聞いてはっきりしました。今回のマゼールのテーマは、

「細かいこと言わずに、ガンガン行こうぜ!!!!」

ちょっと ウィーンフィルのイメージと違いますね。笑
弦楽器は先ほどのフル編成。木管は通常通りでしたが、金管が多かった。

トランペット 3→4本
ホルン 4→5本
トロンボーン 3→4本

一本づつ多い金管が、トランペット、ホルンと横一列に並び、その後ろにトロンボーンが陣取ります。
それでもってマゼールが力の限り鳴らさせる。ものすごい音圧で迫ってくる音楽が、まるで目に見えるかのようでした。

音楽自体もかなり粗野に響いていて、こいつはショルティかと思いましたが、これも今回のマゼールの意図なんでしょうね。この爺さん遊んでるよ・・と思いました。笑 けど齢80にしてカクシャクとした指揮振りはたいしたものです。
この調子ならあと10年くらいは元気で棒振りしてくれるんじゃないかな。

そして更に驚いたのが、弦楽器がこの荒れ狂うような音に一切負けていなかったこと。
金管楽器がどんなに大音量でも、しっかりと弦の音色も響いてきました。うーん、すごい。これがウィーン・フィルの実力か!

いや、面白かったです。
これで聞きたかった欧州の主要オケをだいたい聞くことが出来ました。
これで急に帰国になっても思い残す事はないだろうな。笑

26.2.2009
Wiener Philharmoniker

Dirigent: Lorin Maazel

Ludwig van Beethoven: Sinfonie Nr. 6 Pastrale
Anton Bruckner: Sinfonie Nr. 3 d-moll

28.2.2008追記
けど良く考えたらブルックナーの3番って元々イケイケ系だったのですね。
あとでヨッフムのCD聞いて思い出しました。苦笑
[PR]
by isaogermany | 2010-02-28 01:24 |  その他オケ/オペラ