ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ダニエル・ハーディング/アリス・サラ・オットー スウェーデン放送響

水曜日。ウィークデイ半ばのコンサートは、出来れば避けたいところなんだけれども、ダニエル・ハーディングが来る、しかも演目がマーラー6番とあっては、時間を作らざるを得ない。出張の予定もずらして、いざコンサートへ。笑

ピアノは元々、エレーヌ・グリモーでベートーベン4番の予定でしたが、病欠代理でサラ・オットーに。
チャイコの1番でした。彼女は、すらっと背が高くて舞台栄えしますね。
見た目とは違って、演奏は硬派でゴツゴツとした印象の音作り。ハーディングの伴奏に飲み込まれないように、存在感を示してましたね。
演奏のあと、ホールに顔出してくれまして少し話すことができました。彼女、日本語ぺらぺらで驚きました。
これからが楽しみな演奏家です。

で、メインのマラ6。
いや、良かった・・・。やっぱりハーディングは天才ですね。
複雑なオケ編成にも関わらず、弦と管のブレンド具合が素晴らしい。弦管一体化したオケから出てくるサウンドは、うねりながら空に駆け上る竜のごとく・・・というイメージだったな。

スウェーデン放送響はどうなんだろうと思ってましたが、侮れない。というか上手かったです。体格が良い人が多いからか、金管の音に余裕と温かみがあって安心して聞いてられました。
1965年の設立当時からチェルビダッケに鍛えられてきたオケなんですね。上手いのも納得です。

という訳で大満足の演奏会でした。
ハーディングがマーラー録音したら是非購入したいと思います。
と言いつつ発売済みの10番は買ってませんが。(10番はね・・・他の全ての曲を聞いてからと思います)


Mittwoch, 28. April 2010, 19:30 Uhr

Swedish Radio Symphony Orchestra

Daniel Harding, Dirigent
Alice Sara Ott, Klavier
Tschaikowsky: Klavierkonzert Nr. 1 b-Moll op. 23
Mahler: 6. Sinfonie a-Moll (Tragische)

[PR]
by isaogermany | 2010-04-29 07:55 |  その他オケ/オペラ