ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

レストラン「EL PULPO」

ハンブルク寒くなってきましたよ~。
雨降ってたせいもあってか、たいていの人が秋コート着てました。ハンブルク人、寒いところに住んでいるのに結構寒がりだよね。

で、昨日は友人のマルコ(ちびまる子ちゃんじゃないよ)と彼の彼女と一緒にポルトガル料理食べに行ってきました。

ハンブルクは地理的に海に近いこともあって、内陸部よりは比較的魚が手に入りやすい。けど北ドイツ料理には目立って美味しい魚料理は無いんです(地元の人間に言わせるとそんなことは無いって言うんだけれどね)。そこでヨーロッパの魚料理では定評のあるスペイン・ポルトガル人の出番というわけです。

今日はネットで見つけた美味しいと言う噂のポルトガルレストラン。訳すと「タコ亭」。
電話で予約したら、サッカーの「タカハラ」に間違われた。まぁ名前似てるからね。このお店、奥にイケスとショーウィンドウがあってその日のオススメの食材が並べてあります。直径10センチくらいあるハマグリとか、ドイツでは見たことの無い魚やら貝がたくさんおいてあるんです。けど、全部時価。悲しいかな、貧乏人根性の染み付いた私は、「時価」という言葉に鋭く反応してしまいます。顔色青くして、けどまるで何事も無かったように自分達のテーブルに戻り、メニューから無難な料理を探すのでした。

で、お味は・・・ うむ、いけるっ!!
魚の煮込み料理食べましたが、さっぱりしたトマト味。一緒に飲んだハウスワインも手伝って、ほろ酔い加減で家路に着きましたとさ。

港の近くにも、ポルトガルスペイン料理の店はたくさんありますが、やや観光地化しています。落ち着いた雰囲気で「時価」に飲まれないという自信のある方は、是非「タコ亭」まで足運んでください。
[PR]
by isaogermany | 2005-09-30 06:22 | ■■【日記 / 雑感】■■