ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Bologna に燃ゆ

d0002958_721295.jpg
(クリックすると大きな画像が見られます)

赤い街

全てが赤かった。

ここでは政党も赤いらしい。

夜になり、赤い光に酔いながら飲むワインも赤。

酔うほどに顔も赤みを帯び、そして議論は熱を帯びる。

そんなBolognaの夜に毎日乾杯。






と言うわけでハンブルクに帰ってきました。

初日
5:00 起床
5:30 出発
6:30 ハンブルク中央駅よりリューベック空港へ
9:10 飛行機出発
10:45 寝てる間にミラノ近郊ベルガモ空港着
12:00 バスでミラノ中央駅まで
12:10 しまった。電車乗り遅れたよ。
12:30 時間つぶしに街をぶらつく。偽警官に職質を受けるも無事切抜け。
12:45 別の偽警官に再び職質を受ける私。そんなにオノボリさんらしく見えるのだろうか?
13:00 BARで警官をやり過ごすことに。パニーノの味はいまいちだ。
14:00 さぁ、電車の時間
15:30 パルマ着。パルメジャンチーズを買込む
16:00 パルマの街を散歩。イタリアの風景はやはり感慨深いものがある。
17:30 名残惜しくもパルマに別れを告げボローニャへ
18:30 ボローニャ着。すでに街は赤かった。
~寝るまで… 飲む。飲む。語る。最後にテキーラで炎上。

2日目
当たり前のごとく起きられない。
当初の予定を切替えてカメラ片手にBolognaを散策。
全てが絵になる街。土曜日は近くの広場で骨董市をやっているらしい。
たくさんの人出。本格的な骨董品。「なんでも鑑定団」の岩崎紘昌は何と言うだろうか?
日が暮れてからも写真。真っ赤な白熱灯の揺らぎにため息が出る。
たくさんの生ハムに囲まれた夕食。当然のごとく旨い。
そして飲む。 語る。 思考する。 そんな夜もある。
[PR]
by isaogermany | 2005-11-18 08:02 |  その他の旅行