ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

旅するお酒 Linie Aquavit

鰻の燻製を肴に酒を飲む。なんて話をしましたが、その時に飲むお酒が之。

「Linie Aquavit」
d0002958_5575854.jpg

Aquavit は北欧で主に作られている、蒸留酒です。
ジャガイモか穀物を原料に蒸留してから薄め、それに各種ハーブ(コリアンダー、シナモン、ウイキョウ、ディル)などを加えた上でもう一度蒸留して作るお酒です。アルコール度は大体40%くらい。

Aquavit自体は、これで出来上がり。無色透明のお酒になります。これは、ドイツではSchnappsなんて呼ばれていますね。

けど、Linie Aquavit というお酒はさらに長い工程を経ます。
上の工程で出来上がったAquavit をシェリー酒の樽に詰めて熟成させるんですが、その方法が独特。船に乗せて赤道(Linie)を2度またぐ旅をさせるんです。

d0002958_5583112.jpg
この旅の由来にはこんな言い伝えが・・・

時は1850年、あるノルウェーのある商人が、オーストラリアに樽に詰めたアクアビットを届けるために船に乗せました。ところがオーストラリアに着いたら、依頼人はすでに亡くなって引き取り手がありません。仕方ないので、そのままアクアビットを持ち帰ることになり再び長旅へ。
故郷ノルウェーに着いて、その樽を開けてみたらおや不思議。お酒の味が更にマイルドになっているではありませんか。


以来、この船旅は Linie Aquavit の製法の重要な一部となっているのです。
ホントに今でもこんな船積をしているのかは謎ですが、なんともロマンを感じさせるお酒ですよね。味もマイルドですこぶる旨い。蒸留酒独特のキツサがまったく無くて、クイッと一口で行けちゃいます。

食後酒としてお薦め。キンキンに冷やしたシュナップグラスに、キンキンに冷やしたAquavitを並々と注ぎ、クイッってやっちゃってくださいな。

ちなみに、本場ノルウェーなど北欧諸国は、酒税が滅茶苦茶に高いのでドイツで買うほうがお買い得。このAquavitはスーパーで約2400円でした。

・・・ところがどっこい、ネットで検索したら日本で買うほうが安いことが判明。
まったく同じものが1850円。日本在住の皆様、ぜひお試しあれ!
[PR]
by isaogermany | 2006-02-16 06:02 | ■■【日記 / 雑感】■■