ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

旅の思い出その5(ポンペイ遺跡)

d0002958_4513141.jpg


※写真は記録用途です。作品ではありません。

今回の旅行は古代ローマを偲ぶという題目でした。で、もちろんナポリ近郊で外す事ができないのがポンペイ遺跡。西暦79年に、ヴェスビオ火山の噴火で埋もれてしまった遺跡です。日本の雲仙普賢岳の噴火と同じで、火砕流で一瞬にして待ちは灰となったのでした。遺跡の中はローマ時代を偲ぶことができる、さまざまなものがそのままの形で残っています。

最初は旅行の二日目に丸一日掛けて見るつもりだったのですが、その日はイースター休暇で電車も動いてないのとのこと。あきらめて翌日、予定を半日にして見てきました。

写真左上はベスビオ火山を背景にローマ時代に市民集会などが開かれた広場。奥がポンペイの神殿です。
写真右上は、誰でも一度は見たことあるであろう火山の犠牲者。その瞬間がそのままイメージできてしまいます。ナマナマしいですね。
写真左下、ローマ時代の道路。道と下水道が一緒になっていたらしいです。所々の飛び石が横断歩道ということでしょうか。あまり衛生的であったとは言えないようです。
写真右下、遺跡から発掘されたモザイク画。これは、ポンペイ遺跡ではなくナポリの考古学博物館で見ました。モザイクの石の直径は5mmくらいで、驚くほどに細かく描かれています。

あまりにも広くて遺跡自体は全部は見切れませんでした。また、発掘されたものの中で貴重なものは全てナポリ考古学博物館に展示されているので、ポンペイに興味のある人は絶対にこの考古学博物館にも足を運ぶべきだと思います。

もうひとつの特徴として、ポンペイの遺跡からは恐ろしく18禁的な美術品がたくさん出土しています。ものの本によると、当時の魔よけだったという説と、歓楽街そのものが発達していたという説があるそうです。うーん、どっちなんだろう。博物館の方に飾ってあるので、興味がある人は覗いて見てください。(貼付けてみようかと思いましたが、踏みとどまります。笑)

banner_01.gif
↑クリックご協力感謝です!目標は一日訪問者数100人です。
[PR]
by isaogermany | 2007-04-25 04:32 |  07/Apr イタリア