ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ナインナインをよろしく!(バガン)

d0002958_5374597.jpg



d0002958_5441494.jpg



彼の名前はナインナイン。バガンで観光馬車のガイドをしています。
バガンで知り合ったチェッター・エーさんウェッター・エーさんと一緒に彼の馬車で一日バガンの遺跡を観光しました。

チェッターさんウェッターさんは日本人です。空港でタクシーのシェアさせてもらった時に、知り合いました。其の中でなんと、彼らはミャンマー名を持ってるとのこと。その名前がチェッター・エー(Chikin Cold)であり、ウェッター・エー(Pork Cold)であります。それで僕のミャンマー名は、アメーダ・エー(Beef Cold)となりました。
子供じみてると思うでしょう?ところがどっこい、これでミャンマー人に名前聞かれた時にアメーダ・エーと応えると彼らに大受けするんですよ。特に子供達とはすぐ仲良く慣れます。こんなコミュニケーションの方法があったなんて、ホント目から鱗です。
チェッター・エーさんには他にも現地での楽しみ方を教えてもらいました。例えば、現地で散髪とか。これも自分ひとりでは思いつかなかった。アイデア拝借してヤンゴンで僕も頭刈ってきましたよ。日本円で60円。激安なのに、ドイツ人より上手かった。びっくりだね。

で、話は戻ってナインナイン。馬車の一日観光は日本円で約1000円。いい金額に見えますが、実際このうち案内役の手取りになるのはたったの250円なんだそうです。のこりは馬のえさとオーナーに懐に消えます。
観光の翌日、ナインナインが家まで招待してくれました。子供を4人(一人は不在)抱えて頑張ってるお父さんです。けど夏のオフシーズンということもあり、その時期は客が少ないらしい。もう何日も子供達に肉を食べさせてあげられてない。毎日野菜のスープだけだと言うんですよ。

という訳でここらから宣伝。
これからバガンに行く方々、馬車観光をするなら是非ナインナインの馬車を使ってやってください。日本語ばっちり。ユーモアばっちり。楽しい旅ができると思いますよ。馬車番号は50番。

えっとこいつちょっとがめついけれど、そこは貴方の寛容さで許してやってね♪

おーいナインナインこれでお客さん増えるかもしれないぞ。デモだなんだで、この冬はお客さん多くないかもしれないけれども、なんとかしのいで子供達に食わせてやってくれ。頑張れよ。
[PR]
by isaogermany | 2007-09-26 06:09 |  07/Aug ミャンマー