ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

追悼(ヤンゴン)

d0002958_5281394.jpg


まさか、帰国からたった一ヶ月でこんな惨状になってしまうなんて・・・。

1970年 紛争写真家 沢田教一氏(ベトナム戦争) カンボジアでクメール・ルージュに狙撃され死亡
1973年 紛争写真家 一ノ瀬泰造氏(カンボジア内戦) アンコールワット付近でクメールルージュに拘束され処刑される。
2007年 紛争写真家 長井健司氏 ミャンマー軍事政権兵士により銃撃され死亡。

日本人の戦争写真家は、なぜかアジアで犠牲になることが多い。ベトナムの戦争跡にもアンコール・ワットにも行きました。すべて平和になってからのことです。今回は別。現地を見た後に惨事になってしまいました。
自分には絶対出来ないと思いつつも昔あこがれたカメラマン諸先輩に黙祷します。

写真はヤンゴン市庁舎前のバリゲード。古くたびれてもう使われる必要なんかなさそうな雰囲気だったのに。とても残念です。
すでに国の根幹をなす国民僧侶両方から憎悪されているミャンマー軍事政権には平和裏に政権を禅譲してもらいたい。切に願います。
[PR]
by isaogermany | 2007-09-29 06:02 | ■■【フォトグラフ】■■■