ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おめでとう アラン・ギルバート!!

NDRのコンサートに行くようになってからホトンド裏切られた記憶の無い、アラン・ギルバート。
今まではNDRの主席客演指揮者ですが、来期からなんとニュー・ヨークフィルの常任指揮者に大抜擢されました。それも嬉しいことですが、ほとんど毎回誉めそやしていた自分の耳が間違ってなかったなかったいう証拠にもなるのではないかと思いちょっと自己満足です。ハハハ。

そんなギルバートでの黄金プログラム。ベートベンにR・シュトラウスです。
前プロがベートーベン8番。今回のアランは、ベトベン2,4,6,8,に特徴的な軽やかさを残しながらも、一部の隙も無い演奏と言えるものでした。もう前プロからブラボー言っちゃった。
中プロは現代曲のトランペット協奏曲。これも当りでした。例によって現代曲は難解ではあるのですが、ソロのペットが一本芯となって曲を統一していたので、散漫な印象にならず楽しかったです。曲名には理解が至りませんでしたが。笑
で、メインのドン・キホーテ。アランのシュトラウスは初めて聴きましたが、すばらしい!!
実はある事情でちょっと緊張してて、最初はちゃんと聞けなかったのですが次第にのめり込んで行きました。アランのオケの統率力はやっぱり人並みはずれてるなぁと思います。Vcソロも良かったです。NDRの名物イケメン・トップ。ドン・キホーテとは似ても似つかないけどね。笑

26.10.2007
北ドイツ放送響定期演奏会

Dirigent: Alan Gilbert
Tr: Jeroen Berwaerts Vc: Christopher Franzius Va: Marius Nichteanu

Ludwig van Beethoven
Sinfonie Nr.8 F-dur

Bernd Alois Zimmermann
Nobody knows de trouble I see, Konzert für Tr und Orchestra

Richart Strauss
Don Quixote Op.35

来週末は、ハンブルガー・シンフォニカー、Matthias Pintscher指揮で「ツラトゥストゥラはかく語りき」です。
こちらも楽しみ♪
[PR]
by isaogermany | 2007-10-27 07:55 |  北ドイツ放送響