ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

すごいワインの試飲会。

最近書きたいネタは結構あるのですが、どうにもこうにもブログが書けません。
ちょっと追い詰められ症候群です。笑

先週、デュッセルドルフの友人の家にお邪魔してきました。
目的はワイン!それも、普通のワインではありません。
僕の生まれた1973年製のワインを空けてしまおうと言う会です。ちなみにワインは僕が持っているものではなくて、同い年の友人が持っていたもの。飲まなきゃもったいない開けちゃおう!!とお願いして、開けてもらう事になりました。無理言ってすいません。

35年もののワイン。果たしてどんな味なのか・・・。

d0002958_7332132.jpg


モーゼルの白ワイン。1973年。
おーっ、飲めない>< こってりした黄色の液体は美味しそうに見えるんだけれども、味はワイン以外の別の物体Xでした。用意してくれたI君曰く、この手のヴィンテージ・ワインは、記念やイベントの一環として空ける事が多く、寝かすことを前提としたワインで徹底した管理下にあったもの以外は味に期待するものでは無いそうな。
昔、ルパン三世で、100年もののワインをすり替えて盗んだけれど、当のワインは劣化して全く飲めなくなっていたという話があったんだけれども、それを思い出しました。

味はともかく生まれた年から同じ年だけ存在してきたワインは感慨深いものがあります。
35年か~。自分も本当ならじっくり熟成したワインのような渋さとまろやかさを持った大人になってるはずなんだけれどもなあ。どこかで酸化が始まっちゃたのだろうか。笑
[PR]
by isaogermany | 2008-11-12 07:47 | ■■【日記 / 雑感】■■