ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2010年 10月 03日 ( 2 )

ポルトガル南西端の街から更に6KMほど西に行ったSt.ヴィンセント岬。
「ここに地終わり、海始まる」というロカ岬の碑文が思い出されます。ロカ岬は天気の関係で見れなかったので、ここを見ておいて良かった。
お土産屋がいくつか出ていて、フィッシャーマンセーターが安かったので、一枚購入。
家帰って見てみたら、ウール50%、アクリル50%の安物であることが発覚。 残念。


d0002958_21551721.jpg



逆光で灯台がシルエットになってます。
このレンズ(Tamron 17-50 F2.8)は逆光耐性が極めて高いと思う。


d0002958_21552771.jpg



すぐ下は50~60mくらいの断崖絶壁。怖い


d0002958_21564591.jpg



崖の上の人と比べると・・・ 毎年落下自己があるようです。ガイドのお兄さんが下を覗き込まないようにって行ってました。これは冗談ではありません、と付け加えて。


d0002958_2156585.jpg



大西洋の荒波。ザッパーン♪
[PR]
by isaogermany | 2010-10-03 22:06 |  10/Aug ポルトガル

ポルトガル旅行 9 Lagos

アルブフェイラからツアーが安くあったので、ラゴス、サグレスと半日ツアに参加してきた。
ラゴス滞在60分、サグレス滞在20分という酷いツアーだったけれども、安いのでまあ仕方なかったかな。


d0002958_21365830.jpg


ラゴスにあるエンリケ航海王子の像。大西洋に向かってドカンと腰を下ろしています。
ラゴスを拠点にして航海王子は、大航海時代への研究を続けていました。具体的には当時の漁師を雇って、アフリカ西岸の状況を聞きだしたり、実験的に船を出していたりしたそうです。
右後ろに見えるのが、世界で最初の奴隷市場。柵の後ろにアフリカから連れてこられた奴隷が並ばされていたんでしょうね。大航海時代の一番の果報が、奴隷取引だったというのは、残念なことです。
ガイドブックには、エンリケ航海王子が疫病を持ち帰ったとありましたが、ネット上ではその記述が見つかりませんでした。莫大な富と一緒に、負の遺産もたくさん抱え込んでいたのですね。



d0002958_21371890.jpg




d0002958_21372880.jpg




ラゴス近郊の海。
エメラルドブルーが綺麗です。 アルプフェイラよりも自然は綺麗でした。
どちらも人は多かったけれど。
[PR]
by isaogermany | 2010-10-03 21:52 |  10/Aug ポルトガル