ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ: ハンブルク州立歌劇場( 30 )

待ちに待ったハンブルクでの指輪公演が遂に始まりました。
2004年にハンブルクに来てから実に丸4年。今年もまだか 今年もまだか、待って遂にその日がやってきました。もちろん指揮は我らがハンブルクのジモーネ・ヤング。演出はモダンながらも、お洒落な統一感のある舞台で評判のいい、Claus Guss。
2006年にはザルツブルク音楽祭でフィガロとドン・ジョバンニを演出して喝采を浴びてます。ハンブルクでも2005年の秋にシモンボッカネルラを演出して大評判に。これは僕も見ましたが、ハンブルクで見たオペラの中でも一1・2を争う素晴らしい出来の演出で、大枚叩いても見に行く価値のある舞台でした。

そんな指揮者と演出の組合せ、しかもリング4部作の最初の一作となれば、いやがおうにも期待は膨れ上がります。


で、結果から言うと
「サクサクッと軽い歯応えのポップでキュートなワーグナー」となっておりました・・・。

ライン川の水の乙女は、ピンクのパジャマを着て、ベッドの上で飛び跳ねてる3人娘。歌い手も可愛らしい歌手を集めています。

神々の長ヴォータンを初めとする神々は、1950年代風上流階級のおじさんおばさんおじょうさん。槍とか持ってません。てかその辺の役所の事務員さんみたいなですヴォータン。倉庫みたいなところで、箱庭を作ってます。これが巨人達が作るお城なんだね。その巨人は、まさしくチンピラそのもの!首からゴールドチェーンをぶら下げていて、今からラップでも歌いだしそうな雰囲気。役者もデカイのを揃えてきてます。笑

で、極めつけが火の神ローゲ。マギー四郎がそこにいました。笑

舞台設定は微妙とは言え、舞台そのものはとても美しく、歌手と言うよりも役者を揃えた感のある人選も悪くは無かったんだけれどもね。「ラインの黄金」ってこんなに軽くてよかったのかな?
僕の目にはほとんどコメディのように見えてしまったけど。

ビジュアル面優先の演出を見越してなのか、単に自分が視覚的な潜入感に影響されていたのかもしれないけれど、ここでのヤングの演奏はそれほど鬼気迫るようなものでは無かったなぁ。
スピーカー使った音の演出なんかも鑑みると、どうも主導権を演出側に握られたというイメージの指輪でした。

とは言え、来年以降も「ワルキューレ」「ジークフリード」「神々の黄昏」と新演出での上演が待ってるはず。一作目は意表を衝かれたけれども、今後どういう風に物語演出が転んでいくのか、大いに期待しつつ次のワルキューレを楽しみにしています。

27.3.2008
「Das Rheingold」
Musikleitung: Simone Young
Inszenierung: Claus Guss
[PR]
by isaogermany | 2008-03-31 05:58 |  ハンブルク州立歌劇場
Isaogermany です。
忙しいのか遊んでばっかりなのかなんとも言えないのですが、どうも体調維持に失敗しています。気合入れなおさなければ・・・。

月曜日はいつものヤングでのコンサート。
オール・シューマン という好きな人にはたまらないプログラムでした。日曜日の夜、階上のオヤジが夜中奇声を上げていたため眠れなかったダメージが響いて、やや意識朦朧とした中でのコンサート。ああヤングちょっとというかすげえ太ったなぁ。。などとボオッと考えながら聞いてました。
シューマンの交響曲は、僕のような素人が聞いても曲の構成が明快で、安定して聞けますよね。聞いているとずっと旋律って感じがするのも面白いです。まあゆえに飽きがくるんでしょうけれども。ヤングの式振りは相変らずかっこよかったです。ただ今回はややタガが外れているというか、いつものようなピリピリとするような緊張がなかったかもしれません。

管楽器、特にボーン、ペットあたりに緊張感が無いと言うか、カスカスの音を聞かされてちょっとがっくりだったかな。木管もやや固い。次回に期待です。
ピアノコンチェルト…すいません意識朦朧としすぎて覚えてません。

翌日のオペラは、チケット買ったにも関わらずキャンセルすることにしました。週末でまた体調整えます♪

11.2.2008
Philharmoniker Hamburg
Dirigent: Simone Young

R.Schuman
Sinfonie Nr.1 Nr.2 Klavierkonzert


PS最近やたらと記事の投稿に失敗するのだが、エキサイトまた何かやらかしてるのかな?
[PR]
by isaogermany | 2008-02-14 06:40 |  ハンブルク州立歌劇場
2007年のコンサート締めくくりとして、ハンブルク州立歌劇場でタンホイザー聞いてきました。
ワーグナーのオペラの中でも人気作品ですよね。一度聞くと何度も何度もあの渋いタンホイザーの主題(前奏曲で有名)が頭の中を駆け巡ります。

さぞかしカッコイイオペラだと思うと大間違いで、タンホイザーは酒池肉林の性欲と貞淑な奥様への愛との間で揺れ動くやや頼りない男のお話となります。

このオペラ、パリ版とドレスデン版というものがあり、パリ版はオペラの冒頭にややエロティックなバレエがあることで有名です。さて冒頭はどんな感じになるだろうなぁとやや期待を幕開けを待っていると・・・。
そこに出てきたのは、ボンテージ衣装に身を包んだ男と女。なんか昔たけちゃんマン(古い!)に出てきたブラックデビルみたいな洋装です。しかもバレリーナじゃなくて歌手陣だ!随分でこぼこが目立ちます・・・。しかも体張ってる!というか裸になってる。挙句にはダッチワイフと戯れ、鞭でビシバシやってます。そんな酒池肉林の図。いやエロティシズムは嫌いじゃないんですよ。むしろウェルカムな人間なのですが、それにしても品が無さには唖然としてしまいました。
あとで配役表を見てみたらこの演出は1990年初演とのこと。なるほどな、バブル崩壊前後の喧騒を何となく表現してるなとも言えなくも無いかも。

衝撃的なバレエのあとは到って常識的な演出で、安心して歌とオケにのめりこむことが出来ました。歌手陣では今日は代役で出ていた Elisabeth役のBarbara Haveman と Wolfram役のJan Buchwaldが 完全に Tannhaeuser役のJohn Treleavenを喰っていたという印象。特に Barbaraはネットで調べる限りまだマイナーな存在のようですが、これから名が売れてくるんじゃないかと思います。
そしてPeter Schneider 棒振りがまた良かった。抑揚の効いた式振りで盛り上げるところでも熱くなりすぎること無く、深い充実感を得られるタイプですね。90年半ばにバイロイトで振ったこともあるワーグナーのスペシャリストだけのことはあります。どうも年に一作はハンブルクで振っているようなので来年もまたチャンスがあれば行きたいな。

16.12.2007
Tannhäuser Richard Wagner
Musikalische Leitung: Peter Schneider
Inszenierung: Harry Kupfer

Tannhäuser: John Treleaven
Wolfram von Eschenbach: Jan Buchwald
Elisabeth: Barbara Haveman
Venus: Tichina Vaughn
[PR]
by isaogermany | 2007-12-18 07:45 |  ハンブルク州立歌劇場
先週行った「薔薇の騎士」がとっても良かったので、ついでに勢いで聞いてしまえ!と言うことで同じくヤング指揮で「エレクトラ」を聞いてきました。で、結論から言うと「薔薇の騎士」に輪を掛けて素晴らしかったです。今まで歌手陣にはホトンド興味が無かったのですが(声量でしか良し悪しを判断できない)、今回ハンブルクでおそらく初めて、主役級の歌手人が「全員」素晴らしくて度肝を抜かれてしまいました。今までも あの歌手はいい、この歌手はいまいちなどとやっていたのですが、今回は全員があのシュトラウスの重量級オケに負けない迫力で歌ってまして、ちょっと興味がわいてきました。
ちなみに歌手は下記のとおりだったのですが、有名な方なんでしょうか?もし、ご存知でしたら教えてください。

エレクトラ役:デボラ ポラスキ(Deborah Polaski)
クリソテミス役:ジルバーナ デュスマン(Silvana Dussmann)
クリテムネストラ役:ハナ シュバルツ(Hanna Schwarz)
オレスト役:フランツ グルントヘーバー(Franz Grundheber)

2時間弱の一幕物というのも一因だと思いますが、みんな声の通りが半端なかったです。特に主人公のデボラは印象的でした。彼女のことは忘れないだろうなぁ。

もちろんヤングの指揮もいつもの通り、オケも良かったけれども、しかしこの曲難しいですね・・・。ちょっと付いて来ていないと思われる部分もあったかな。まあ連日あのスケジュールではやっぱりメンバーも大変なんだろうなぁと察してしまいます。

演出は古典もの。確認してないけれどもかなり古いものだと思います。ちょっと舞台が暗すぎて、どんな衣装着てるのかも良く分りませんでしたが、カーテンコールで見たらみんな素敵な服着てました。ちょっともったいないな。笑

明日からバルセロナです。結局ホテル予約してないんだよな・・・。

30.11.2007
Hamburgische Staatsoper
Musikleitung: Simone Young
Inszenierung:August Everding

Richart Strauss
"Elektra"

[PR]
by isaogermany | 2007-12-01 08:37 |  ハンブルク州立歌劇場
待ちに待ってたハンブルク州立歌劇場でのR・シュトラウス「薔薇の騎士」。
早速行ってきました。思えば3年前、2004年の3月に引越してきて、最初にハンブルクで聞いたのが「薔薇の騎士」でした。当時はアバンギャルドな演出が大好きな指揮者インゴ・メッツマッハーと、驚くほどスノッブな演出で世間を沸かせていたコンビチニーの演出という最凶コンビで、訳の分らない演出でがっくりした記憶があります。

そんな苦い経験はありましたが、「薔薇の騎士」は大好きなオペラの一つだったので是非ヤングの指揮で聴きたいと思っていた夢が実現しました。

で、出来は素晴らしいの一言。
 まずヤングの指揮がもちろん素晴らしかった。期待通りの緊張感あふれる音楽で、2幕前半の2重唱や3幕最後の3重唱のところの美しさは恍惚と言っても良いほどでした。
 歌手陣も韓国勢を中心にしっかり歌いこんでました。ゾフィー役のHa Young Leeと、盲歌手役のWookyung Kimの二人の韓国人が白眉だったなぁと思います。残念だったのが薔薇の騎士役のLucy Schauferが、いまいちだったこと。周りが良かったので相対的に沈んでしまったのかもしれません。
 最後に肝心の演出ですが、これがとても良かった。舞台の地面に絵を書いて上部に鏡を設置して観客に見せると言う手法で、内容的にはドタバタのラブコメをとても幻想的に仕上げて来たなと思いました。けど減点部分が一つあって、いくつかの部分で表現が下品というかストレートにエロイ部分があったこと。演出によってはそれも効果的だと思うんだけれども、今回の演出では必要なかったかな。

いや、しかし良かった。ハンブルクに居る方は機会があったら是非。
上の方の席だと鏡の効果がいまいちなので、ちょっとチケット高いですが低い位置から見ることをお勧めします。

今月、ヤングでエレクトラもあるんだよね・・・。行っちゃおうかな。

25.11.2007
Hamburgische Staatsoper
Musikleiterin: Simone Young
Insznierung: Marco Arturo Marelli

Richart Straus
"DER ROSENKAVALIER"

[PR]
by isaogermany | 2007-11-26 08:53 |  ハンブルク州立歌劇場
今日はオペラハウスの方のオーケストラでまたもやR・シュトラウスを聞いてきました。
今年は何かの記念の年なのかな?シュトラウスの演目がとてもと多いような気がします。

指揮はMatthias Pintscher。なんと若干36歳。しかも、指揮だけでなく作曲でもすでに名を成してます。ベルリンフィルやNYフィルなどを初めとして世界の名だたるオーケストラから作曲を委託されています。しかも、今年からはミュンヘン音楽大学の教授にも就任。僕よりもたった2歳年上なだけです。若くしてすでに名を成している。自分と比べるのは失礼かもしれないけれども、人生いつまで立っても助走期間の僕とはちがうなぁ。生きてきた時間の密度が違うんだろうか。僕ももちっとギュット詰った人生模索せなあかんかも。

で、今日のプログラムはワーグナーの名曲ジークフリード牧歌にメインがシュトラウスのツラトゥストゥラ。中プロに自作自演のチェロ協奏曲でした。

で、くやしい連発ですが、指揮も良かった。指揮ぶりは若々しいというかそれほど貫禄のある振り方では無かったけれども、丁寧な棒運び。ワーグナーもシュトラウスもオケの良さ、曲の良さを十分に引き出していて脱帽でした。
R・シュトラウスの作品は、CDで聞くのと生で聞くのでは全く印象が違いますね。指揮が良かったせいもありますが、生で聞くと音が厚い!!この音圧に圧倒されてしまいました。

それと比べると彼自身のVc協奏曲は、どんなにたくさんの楽器を使っても、音が厚く鳴るってことは無いんですよね。個々の音が調和した時の音ってのは、やっぱりバラバラな繋がりの音よりも説得力あるような気がします。

今月はシュトラウス祭り。月末には国立歌劇場で「薔薇騎士」を聞く予定。今から楽しみです。

3.Philharmonisches Konzert
Philharmoniker Hamburg

Dirigent: Matthias Pintscher
VC: Alban Gerhardt

Wagner
Siegfrid Idyll
Matthias Pintscher
Reflections on Narcissus
Richart Strauss
Also Sprach Zarathustra op30
[PR]
by isaogermany | 2007-11-05 06:24 |  ハンブルク州立歌劇場
d0002958_2472874.jpg



え~ 食欲の秋、久しぶりにちゃんと食事作ったのでアップ。鯖の味噌煮です。
脂の乗った北海産の鯖一匹約600円也。安いのか高いのかもう相場が分らないんですが、それを酒と味噌と砂糖で10分も煮たらもう出来上がり。簡単で旨いんですよ。
一人じゃなかったら酒も進むかもしれないなぁ。。

と関係ない話でしたが、
先週のNDRの開幕に続き、こちらフィルハーモニカー・ハンブルク(略すと、ハンブルク・フィルでいいのかな?ハンブルク国立歌劇場団員主体のオケです。)
先週はドホナーニが、Beethovenの6番を振りましたが、今日はシモーネ・ヤングで同じく3番「英雄」でした。

のっけからいつものヤングらしい筋肉質と言うか、しっかりと身のつまった音は健在。あ~ これはまさしくベートベンだなぁ なんて思いながら聴いてました。1,2楽章はノーマルからちょっとゆったり目のテンポで歌い上げ、3楽章だけ激速。
いい感じだったんだけれども、今回一部オケが付いてこなかった。何やってんのそこ!と突っ込み入れたくなってしまうほど。昼間のコンサートなんで体があったまっていないのかもしれないけれども、金管、特にトランペットのみなさん外さないでください。ソロに近いところで「ヘコッ」てな音が聞こえてくると、もうがっくりしてしまいます。
誰でも聞き込んでる曲だけに目立つんだろうなあ。

今回の佳作は、プロコの古典交響曲。これが一番だったかな。
軽い曲なんだけれども、今回のヤングの指揮では、曲が浮き上がってくると言うか立体的に聞こえました。曲もいいけど指揮が良かったんだろうな。やっぱり。

中プロは、ムソルグスキーの「死の歌と舞踏」 ドイツ人バス歌手 レネ・パーペが朗々と歌ってくれました。僕は歌の良し悪しは良く分らないんだけれども、後ろの席まで声が伸びてきたので良い歌手なんだろうね。

16.9.2007
Philharmoniker Hamburg
Dirigent: Simone Young
Bass: Rene Pape

Sergej Prokofjew
Symphonie Nr.1 D-dur

Moddest Mussorgsky
Lider und Tänze des Todes

Ludwig van Beethoven
Sinfonie Nr.3 Es-dur


ああ 全然関係ないけど、脂の乗ったサンマの塩焼き食べたいな・・・。今年豊漁なんだってね。
[PR]
by isaogermany | 2007-09-17 03:20 |  ハンブルク州立歌劇場
度肝を抜かれたヤングのマーラー。

ヤングのいいところは、オケ全体をギュウギュウに締め付けて一本のタガもはずさない様な緊張感のある演奏をするところなんだけれども、今日の演奏に限ってはまったく別物でした。

もう狂ってると言うか、阿鼻叫喚というイメージがぴったりの演奏。
これわざとですね。絶対確信犯。木管金管に限りタガを外して、目一杯あらん限りの音量で吹かせていたっぽいです。逆に弦のほうは、ギュッと引き締まった演奏してました。

結果として、気が狂ったのかと思うほどの演奏とあいなりました。もし金管のレベルがもう1レベル高かったらやばかったな。1楽章終わった時点で、演奏に耐えられなくなったお婆さんが何人か退出していたしね。

2年前のギーレンのマラ6の時も凄かったけれども、あの時は曲に緊張感がみなぎっていた。
今回はギーレンの演奏とは全く違う魅力。カオスであり暴力的であり滅茶苦茶である、ヤングの新しい魅力かもしれません。CDでは絶対再現できない演奏。もう一度聴いて見たい、、仕事どうしよう。

22.4.2007
Philharmoniker Hamburg
Dirigentin: Simone Young

Aribert Reimann
Elegie

Karl Amadeus Hartmann
Gesangsszene

Gustav Mahler
Simfonie Nr.6 a-moll


banner_01.gif
↑クリックご協力感謝です!目標は一日訪問者数100人です。
[PR]
by isaogermany | 2007-04-26 06:01 |  ハンブルク州立歌劇場

Philharmoniker Hamburg 定期

Philharmoniker Hamburg は良い意味でジモーネ・ヤングの手勢という風格が漂ってきた感じがします。数年前までオーケストラとはまったく質の違う演奏を毎回聞かせてもらってホントに唸らされます。
団員の人に話を聞いたことがあるのですが、ヤング先生練習中も異常なほどに厳しいらしいです。厳しすぎて団員が反発することすらあるらしいので、その練習は驚くほど研ぎ澄まされたものなのだと推測できます。こういうオケの変遷を目の当たりにしていると、おかしな演奏を曝してる指揮者はオケを掌握してないんだということが良くわかります。
で、今回は待ちに待ってたブラームスの1番。もう言葉がありません。幸せでした。笑
今回は設備を入れて録音されてましたので、近いうちにCD化されるはずです。ヤングのブラームス、超お勧めですよ。

11.3.2007
Die Philharmoniker Hamburg
Dirigentin: Simone Young
Violin: ?? しまった名前のチェック忘れた。

Frederic Delius: Walk to the paradise garden
Benjamin Britten: Violinkonzert
Johannes Brahms: Sinfonie Nr. 1 c-moll op. 68

[PR]
by isaogermany | 2007-03-12 07:49 |  ハンブルク州立歌劇場

Simon Boccanegra

ええ 音楽ネタをまったく書いていないのですが、9月にシーズン始まってから平均して月2回ほどコンサートに出向いてます。あと1~2回行けると充実度が増すんだけれどね。

今日は平日だったけれども、時間作れたのでオペラに行ったきた。
ベルディ作曲の 「シモン・ボッカネグラ」
今年の二月にハンブルクでの初演出で、大変評判が高かった作品です。その時はチケット売り切れで見れなかったのです。1シーズン開いてしまったのでホットな話題というわけではなかったけれども、平日にも関わらず劇場はほぼ満員。当日券を求めて行ったら、一番高い席と立ち見席しかないと言われて、中書することなく立見席に。

演出、オケ、歌手陣と3拍子揃って素晴らしかったのだけれども、今回は純粋に話の筋が面白かった。中世イタリアの覇権都市、ジェノバを舞台にした人間ドラマなんだけれども、久しぶりに見ていて素直に面白いと思いました。そいえば、同じベルディ作曲のリゴレットやラ・トラビアータも見ていて引き込まれるものがあったことを思い出しました。
イタリアオペラの中ではベルディが一番好きって言う人が結構多いみたいだけれども、なんとなくその気持ちがわかるような気がしてきました。

ハンブルクのこの演出は、間違いなく名演出の一つに数えられるのではと思います。DVDで発売されたら、買ってもいいかなって思ってしまう出来でした。
d0002958_854532.jpg



31.11.2006
Giuseppe Verdi

Simon Boccanegra

Musikalische Leitung: Simone Young
Inszenierung: Claus Guth


追記:演出のクラウス・グス(グース?)どこかで聞いたことある名前だなぁと思ったら、今年のザルツブルク音楽祭の「フィガロの結婚」の演出をした人だったようです。たまたまテレビで見てなんともセンスの良い演出だなぁとは思ってたのですが、同じ人だと解ってなんとなく納得してしまいました。モダン演出でも観客を失望させない説得力のある演出ができる人って結構いるんだなと見直しています。昨年のロイの演出による「イタリアのトルコ人」も良かったですしね。
[PR]
by isaogermany | 2006-11-01 08:05 |  ハンブルク州立歌劇場