ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:■■【日記 / 雑感】■■( 149 )

Web本棚

読んだ本(読みたい本)を登録して置くためのオンラインサービスを利用してみました。

泣けてくるほど記憶力が悪いので、とても助かります。

読みたいなって言う本を登録しておいて、日本に帰った時にアマゾンで一括注文すれば買い忘れがなくなりますね。

読んでる本の種類はやたらと偏ってますが、本を材料に語れる友人が出来たら嬉しいなあ。
(と言っても記憶力悪いというかちゃんと理解して読んで無いので、内容も右から左に流れていってしまうのですが・・・。)

使ってみたのは ソーシャルライブラリ 。
「みんなの本棚」、「ブクログ」を使ってる方が多いようですが、MIXI連動ということで今回はこちらを試用してみました。メモ程度のコメントが気軽に残せるのが便利です。今後の機能拡張に期待しましょう。

Isaogermanyの本棚 はこちらです。
[PR]
by isaogermany | 2010-04-06 04:22 | ■■【日記 / 雑感】■■

なんでも鑑定団!

アメリカ人の知り合いに鑑定を頼まれました。
いつの時代で誰が何を書いた物か調べて欲しいと・・・。何でも50年前に画家の叔母が日本に旅行に行った際に買ったものだとか。


d0002958_6334171.jpg
d0002958_63478.jpg


d0002958_6351459.jpg
d0002958_6354820.jpg


うわ~ これはどこからどう見ても本物ですね。
調べてみたところ、歌川豊国(うたがわとよくに)、豊原国周(とよはらくにちか)など
江戸後期から明治初期の有名な浮世絵作家の作品が多いことがわかりました。

左上が 歌川国芳。 右上は 豊原国周
左下が 歌川豊国。 右下は作者不明。


ホトンドが歌舞伎の役者絵や、演目の一シーンですが、
右下はどうも「桜田門外の変」を書いたものらしい。真ん中の登場人物が、老中井伊直弼を直接殺害した水戸藩出身の浪士です。

叔母さんから譲ってもらった浮世絵の内容が解ってジョナサンも喜んでくれました。
鑑定料もらわなくちゃ。笑




インターネットで色々調べている時に、昨年ロンドンに行った時に歌川国芳展を見てきたのを思い出しました。
地下鉄のポスターの対比が中々ショッキングだったのでよく覚えてます。笑

d0002958_6552142.jpg



で自分もちょっと欲しくなってしまった・・。
ネットで調べると、それほど高い代物でもないようです。記念に一枚買って部屋に飾るのも悪くないかもしれません。
僕は派手なのが好きなのでこんなのが良いです。

d0002958_6591989.jpg


現代の何とかアゲハにも負けない派手な髪型ですね。笑
http://www.odagiri-tsushin.net/ukiyoe/u-029.html

ここで12万円で売ってました。うーん、やっぱり高いかな。
[PR]
by isaogermany | 2010-02-12 07:01 | ■■【日記 / 雑感】■■
と言っても私がやるわけじゃありません。
これ、大学のサークルの新入生歓迎会で、先輩方の前で、新入生が行う自己紹介です。

「はなはだ僭越ながら、自己紹介させていただきます。私、○立○○高校出身、○○○○大学○学部○年、
ならびに○○○○○(サークル名)に所属させていただきます ○×△と申します!」

と金切り声で叫んで、最後に右手に掲げたグラスのお酒をグイッと空けるわけです。

当時18歳のチキンハートには衝撃でした。
とは言え、こういうちょっと儀礼染みたイベントと言うのは、集団に対する所属意識を高めるには有効ですね。
僕もその後、卒業するまでの4年間、傍流とは言え、サークル生活を存分に楽しませてもらいました。

その度胸試しのような自己紹介をしてから、すでにもう20年近くの月日が経ち、正直なところこのような自己紹介もすっかり忘れていたところ・・・

先日、卒業後15年にして初めて、この自己紹介を生で聞いてしまいました(衝撃!)。

場所は、先日参加したデュッセルドルフで開催されている大学OBの新年会。
毎年、現役の交換留学生が新年会に顔出してくれるんですね。
その一人が、たまたま同じサークルの現役生で、前述の自己紹介をしてくれたんです。
いや、懐かしいなあ・・・。すっかり忘れていた当時のことを色々と思い出しました。

ちなみに東京では毎年年末にサークルのOB会がちゃんこ屋で開催されてます。
もう何年も行ってないけれども、久しぶりに顔出してお酒飲みたいなあなんて思いました。
まあ自分は、真面目な部員じゃなかったんですけれどね。

今年の年末は参加できるかな・・。
[PR]
by isaogermany | 2010-01-25 05:45 | ■■【日記 / 雑感】■■

自称グルメ

ホトンドの人に信じてもらえませんが、自称グルメです。
美味しんぼの海原雄山もびっくりのグルメのはず・・・。

けどお金は無い。
というかハンブルクでは、出したお金に見合うだけのレストランを探すのも大変です。
安くて美味いレストランはとても少ないのに、高くて美味しくないレストランはたっくさん・・。

昔、立川の実家の近くには、中華料理屋(ラーメン屋とも言う)だった店舗を改築した
フランス料理の店があったのです。
外見は汚い定食屋。中入ると奥さんが、客席でパスタ打ってたりしてフレンチの「フ」の字も感じさせない庶民的なお店だったのですが、味は一流でした。前菜・メイン・デザートのコースがランチで1500円という破格であったにも関わらず美味しかったのです。
安くて美味い店とはこういう店のこと言うんだなあと変に感心したことを覚えてます。
その後、そのお店はすぐに移転しちゃいましたけどね。

ハンブルクで美味いフレンチは中々難しいようですので、自分でチャレンジしてみました。
ネットでレシピ調べた鶏肉のワイン煮込み。 コック・オー・ヴァンだって。名前からして美味しそう・・。

フムフム・・ ワインとセロリでマリネして、さらにワインで煮込んで、残ったスープをバターモンテして・・・。
結構手間掛かりますね。

けど、何とかかんとか出来た~っ!

d0002958_7232667.jpg


なんかただのシチューに見えますが、お味の程は・・・。


酸っぱい!


なんでやねん!

こんだけ人を期待させて、食えないほどに不味いといはどういうことだ!!

折角気合入れて作って、写真まで撮ったのにこれはないだろうと思いましたが、現実というものは恐ろしいものですね。



フランス料理って難しいのですね。どうやら見よう見まねで挑戦しても駄目なようです。
安ワインが駄目だったか、それとも他にコツがあるのかな?

フランス料理は見た目どおり繊細だということが良く解った一日でした。

ちなみに試したレシピはこれです。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/chef/071116_beaujolais/index.html

どなたかコツをご教授下さい。
[PR]
by isaogermany | 2010-01-22 07:30 | ■■【日記 / 雑感】■■

生まれてはじめての贅沢

ハンブルクは寒い日が続いています。
先週一週間はおそらく日中でもマイナス3-5度程度で、パラパラながらも毎日雪降ってます。
ハンブルクが北国であることを初めて実感する事になりました(短い日照時間のことは別として)。
降った雪が溶けないので、そろそろ道路にも雪が積るようになってきましたが、
そんな状況でも自転車に乗っている人が多いには驚かされます。一体何人ケガしてるんだろう・・。

で、表題の贅沢。

生まれて初めて「徒歩5分の場所に行くのに、タクシー乗って行った。」

乗車時間約三分です。くだらない話ですいません。笑

先週寒さにやられてか、当地で初めてキツメの風邪を引いたんです。
高熱に、恐ろしいほどの腹痛が重なって・・・ああ僕もこのごみためのような部屋の片隅で息を引取るんだなあなどとぼやいていたのですが、インフルエンザだと困るので医者へゴー!
けど家出た途端に腹痛で動けなくなり、近くの薬屋駆け込んでタクシー呼んでもらったという次第です。

医者では熱があって、腹が痛くして死にそうだ~ということを必死にアピール。
色々検査してもらいまして、薬を処方してもらいました。風邪の方は寝て治せということで、何も処置無し。

で、その薬ですが、単なる胃薬でした。パンシロンみたいなやつね。笑

こんなもので治るのかいと思いましたが、一粒飲んだだけでお腹の調子は元通りに。
先生名医でした。その後3日間寝て風邪もほぼ全快。

自転車の例じゃないですが、寒さを甘く見ると痛い目見ますね。

まだ 寒い日が続くようです。皆様もご自愛のほど。
[PR]
by isaogermany | 2010-01-12 06:20 | ■■【日記 / 雑感】■■

歓迎来ハンブルク

え~ もう二週間ほど経ってしまうけれども、
高校時代の同級生のH君がハンブルクに遊びに来てくれました。8歳と4歳のお子さんと奥様と奥様の友達と一緒に。

H氏とは高校一年時からの付合いなので、もうかれこれ20年になるでしょうか。
いや人に歴史有りとは言ったものです。
同じ大学で無かったとは言え卒業して就職するまでは、表面上それほど変わらない人生を歩んでいたような気がしてたんだけれどなあ。H氏はその後すぐ今の奥様とご結婚。思えば親戚の結婚式以外で参加した初めての結婚式でした。変なスピーチもしたような気がします。汗
今では、二人のむちゃくちゃ可愛い子供に囲まれて、働き盛りのお父さんで、まさしく一家の大黒柱。

片やIsaogermany、卒業後もずっと一人身。ある時糸の切れた凧のように、海外に出てからは、たまに実家に帰るだけの寅さん状態。あちこち旅して面白い経験は出来たけれども、果たして帰る場所はどこになるのだろうかと思ってしまうきょうこの頃です。

気付いてみたら20年の月日が、これだけ人の立つ位置を変えていようとは。
人に歴史有りとはよく言ったものです。
自分の「来し方行く末」についても色々考えるところありです。

けど、そんなH氏がハンブルクまで遊びに来てくれたことは本当に嬉しいもの。
到着初日からヘビーに酒に付き合ってもらって、ホント久しぶりにいろんな事語ることできました。
かなちゃんはなちゃんに奥様、お父さん貸してもらってありがとう。笑

短い滞在だったけれども、家族みんなで満足してもらえたみたいで何よりです。
今度はこちらも遊びに行かせてもらいます。魅惑の北海道の北の端。
[PR]
by isaogermany | 2009-08-13 06:50 | ■■【日記 / 雑感】■■

白馬に乗った王子様。

まえに一度書いた事あるけれども、会社の同僚のクリスチャン。
先週、結婚式あげたんだけれども、それがそのまま新聞記事になってました!

新聞記事で正確な名前をはじめて知ったんだけれども彼の名前は

Christian Prinz zu Schaumburg-Lippe

何番目かは知らないけれども、デンマーク王室の王位継承者だよ。ほんまもんの王子様だ~。
ちなみに、Prinz は英語でPrinceのことです。

結婚式には、デンマーク女王も出席してそれはそれは賑やかだったようです。
クリスチャン 幸せに! そして ありがとう。 沢山話のネタを提供してくれて。

d0002958_5374143.jpg


写真は新聞記事より

ちなみに新婚旅行はシークレットなんだそうです。新婦にもどこに行くか知らせて無いんだって。
当日飛行場でどこに行くのか知らせるそうな。大丈夫なんだろうか?
[PR]
by isaogermany | 2009-07-28 05:45 | ■■【日記 / 雑感】■■
d0002958_546577.jpg




世界にこんなところがあるなんて・・・。やばい。
(写真は拾い物です)





↑ この番組を録画された方居ますか?
[PR]
by isaogermany | 2009-07-24 05:51 | ■■【日記 / 雑感】■■

久しぶり。

ご無沙汰してます!
1ヶ月もブログをサボってしまいました。

ここ2ヶ月ほど世界景気の荒波に飲まれてました。

株価など各種指数は多少持ち直しているとは言え、
今後、もう後一波二波は荒波を被る覚悟が必要だろうなと思ってます。

前置きとは全然関係無いのですが、ブログ復活させます。
ブログ始めてもう5年。5年でなんとトータル3万ヒットしかない、しょぼい内容ですが、
今後ともマイペース&自己満足重視で続けていこうと思います。
[PR]
by isaogermany | 2009-07-22 06:57 | ■■【日記 / 雑感】■■

お一人様とお二人様

ネタが無いので普段思ってることを取り留めなく・・。

日本からドイツにやってきてはやウン年。
一番日本と違うなと感じたのは人との付き合い方です。

時分の年齢のせいもあるのかもしれないけれども、ドイツ人の友人と会うときはカップル(夫婦)単位のことがほとんどです。家に食事に呼ぶときも基本的にはカップル単位。時分はホトンドの場合がお一人様なので、お一人様対お二人様という構図になりやすい。

けどこれが実に心地良い。
レストランでも自宅でも、それほどディープな話にはならないけれども、あれこれと些細な話をしながら料理を楽しみ酒を楽しむ。お酒の量もとても控えめ。ビールのときは一本を時間を掛けて飲み、ワインの時は水と交互にやっぱりゆっくり時間を掛けて飲む。
「酒は飲んでも飲まれるな」と酔い潰れる度にたしなめられていた自分も、いつしか酔い6分目くらいで最後の最後まで会話を楽しめるようになりました。

ヨーロッパではカップルが行動の一単位になっているんですね。
旅行でも欧州国内の旅行なんかは基本的に二人一部屋、ダブルルームで予約するのが一番節約できます。
昨年フランスに旅行に行った時には、お一人様ではレストランの予約も断られることが多かったです。
コース料理は一人で食べると、1時間ちょいで終ってしまうので味気なくもあります。
やっぱり、これ美味いこれ面白いとあれこれ言いながら食べるのが楽しいんでしょうね。

ひるがえって日本。
レストランなんかはやっぱり二人が基本だけれども、
友人と会う時、これは友人に恋人が居ようが居まいが男同士の付き合いになるんですよね。
特別な事でも無い限りはお一人様対お一人様。
お二人様対お二人様 もしくは1VS2と言うのは多くが特別なイベント扱いされるかと思います。
これはこれで、日本人の僕には心地良いのですけどね。

この行動単位の違いはどこから来るのでしょうか。
集団文化の日本に、個人主義の欧米というのが何時の世でも定番の比較ですが、
細かく分割していくと日本は個人に分解され、ドイツではカップルに分解される。
なぜなんでしょうね。興味深いなあ。

おわり。
[PR]
by isaogermany | 2009-06-23 06:14 | ■■【日記 / 雑感】■■