ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:■■【日記 / 雑感】■■( 149 )

魚のアラ

d0002958_70502.jpg


ウィークエンド・マーケットの魚屋さんで、たまに出ている魚のアラ。
なんと100Gたったの55セント。500Gで、たったの2.50EURでした。
奥様!良く見て下さい。アラとは言っても全部お肉です。100%全部お召し上がり頂ける部分です!!
魚のフィレを取った余りなんだと思います。おそらくお腹の辺りの身かな。
色んな魚の身の寄せ集めです。淡水魚系は入ってないと思われるので、まあそのまま食べても大丈夫でしょう(保証はしませんが)

醤油漬けにしたり、そのまま塩焼きにしても、も美味しそうですが、今回は魚入りトマトスープにして楽しみました。

お店でこれだけ買うのはちょっと勇気が要りますが、それでもこの値段は魅力的ですね。
賢い消費者を気取っちゃいましょう。
[PR]
by isaogermany | 2009-03-31 07:10 | ■■【日記 / 雑感】■■

6年ぶりのロンドン。

久しぶりにロンドン行って来ました。仕事で日帰りだったので、何も見れませんでしたけれどね。
あ~ 思い起こせば六年前、ロンドンに遊びに来た初日。
ヒースロー空港から、街中に出る途中のエスカレータで事故に遭遇。何も見る事適わず、そのまま入院生活に。笑 肘と肋骨骨折して、一週間近く入院したけど、それは手術の順番待ちのため。手術終った次の日に退院。
レントゲン写真のコピーを片手に、夜行バスでデュッセルに戻ったのが懐かしい。
この経験で一番嬉しかったのは、入院費用も手術費用も掛からなかったこと。イギリスは医療費が無料だけれども質が悪いってことは聞いていたけれども、まさか旅行者まで無料だとは思わなかった。手術も全然問題なかったです。病院で同室だったおじいいちゃんとか親切で、イギリス人に対する高感度は上がったような。

けど、事故に会うのも病院に入院するのも人生で始めての経験だったので、その後中々足が向きませんでした。
ポンドも高くて一時は1ポンド250円前後まで上がりましたからね。

で今回。仕事だし、まあトラブルには合わないだろうと思ったら、タクシーでぼったくられたみたい。
空港から取引先まで30分で90ポンド。イギリスって相変らず高いなあと思いつつ払いましたが、帰りにハイヤー呼んでもらって空港まで乗せてもらったら25ポンドだった。苦笑
やっぱりロンドンとは、相性悪いみたいです。汗

と言いつつも、来月には再びリベンジ♪ 3度目の正直に期待してます。
ポンド安に乗じてコンサートと博物館、美術館めぐりと洒落込む予定です。
イギリスの国営美術館や博物館はすべて無料というのがすごい。景気悪いとは言え、懐の深さを感じさせてくれる国ですね。

d0002958_75706.jpg


その他、お勧めスポットなどありましたら是非教えてください。
[PR]
by isaogermany | 2009-03-27 07:54 | ■■【日記 / 雑感】■■

バレンタインデー。

何のイベントも無く、つつがなく静かに終ったバレンタインデー。
そう言えば小学校の頃は、誰かにチョコもらえるかな~なんてワクワクしてたっけ。

とまあそれは脇に置いといて、自分自身にバレンタインデーと言う事で熱帯魚買って来ました。

d0002958_7324049.jpg


ちょっとマニアックになりそうなので、魚に関しては別にブログを立上げました。
管理できなくなったら、また一つにする予定です。

という訳でこちらもよろしく。

http://germanaqua.exblog.jp/
[PR]
by isaogermany | 2009-02-15 07:36 | ■■【日記 / 雑感】■■

小春日和

久しぶりに天気の良い日曜日。
我が家の植物に直接日が当たるのを見るのはホントに久しぶりです。
陽があたった記念で写真撮りました。
もう春もそこまで来ているのかな。

d0002958_639994.jpg

両方とも名前の分からない植物。左側の濃い緑の鉢は水をあげると良い匂いが。お気に入りです。

d0002958_6404972.jpg

こいつはハッピー・ビーンズというそうな。日本でも同じ名前かな?
ちなみに葉っぱの中に豆は入っていません。そういう名前なだけ。

d0002958_6423385.jpg

窓際の鉢のごった煮。
昨秋に買ってから、まったく大きくなってません。けど春が来たら・・。

d0002958_6441273.jpg

こちら水槽内の葉っぱ。水換えすると、プクプクと気泡が・・・。
光合成してるんですね。魚入ってなくても癒されます。笑
[PR]
by isaogermany | 2009-02-09 06:46 | ■■【日記 / 雑感】■■

和食の夕べ。

久しぶりにドイツ人の友人を家に招待足したので、豪華に日本食を振舞った。

d0002958_8132695.jpg
d0002958_8134896.jpg


朝、早起きして週末マーケットに魚を買いに。鯛と鮭の切り身とホタテの貝柱を購入。これだけでも個人的には結構贅沢。鯛は20CM強の大きさで焼く500GM。値段にして5EUR。お買い得です。
鮭は100G1.5EUR。200GM買いました。ホタテが高くて、貝柱一つが1.30EUR。三人分でたった3つ買っただけです。

以下メニュー

前菜
1. 鯛の松皮作り。買ってきた鯛を三枚に卸して、半身を刺身にしてみました。生食できる鯛だったのかは、よく考えると不明。多分大丈夫でしょう。
2. フェルトザラートの和風ドレッシング。フェルトザラートは欧州ならではの冬の味覚。栄養たっぷりで美味しいです。今回は醤油ドレッシングで頂きます。
3. ホタテの貝柱の醤油バター炒め。 バターで炒めて、醤油バターソースをとろりと・・・。これは旨い!お客さんにも大好評♪
4. 大根の皮と人参のピリ辛キンピラ。材料使いまわしとか言わない様に・・・。大根は皮まで食べるべし。エコなんです!!

メイン
1. 鯛と大根のアラ煮(写真)。
鯛のアラと残りの半身を煮付けにしてみました。ぶり大根ほどのコクは無いけど、これはこれで行ける!ドイツでは鯛はそんなに高く無いのでお勧めの一品です。


2. 鮭とキャベツとシメジの味噌バターホイル焼き。
日本北方の郷土料理として紹介しましたが果たしてあってますでしょうか?お客さんには日本にバターなんてあったの?って言われてしまいました。一応100年くらい前からあるとは言っておきましたが、正しいのかな?笑

デザート。
そこまで手が回らなかった。汗
やはり一人では限界ありますな・・。

酒。
日本から持ってきた極上の甘口日本酒(写真)。
山形県は渡会本店の「和田来」純米吟醸。帰国時にBirdheadさんに教えてもらった酒屋さんで買って来たお酒です。店主が味見までさせてくれて完璧な選択だったと自負しています。
フルーティな口当たりがたまりません♪
アンチ辛口のIsaogermanyとしてはかなりお勧めの一品。
日本で見つけたら是非お試しください!!

という訳d、たくさん作ってたくさん食べて飲んで楽しんでもらうことが出来ました。
また、何かしらみんなで食べれる機会があると嬉しいんだけどなあ。
[PR]
by isaogermany | 2009-02-08 08:34 | ■■【日記 / 雑感】■■

我慢してたけど・・・

駄目だ。我慢しきれなかった。買ってしまいました。

d0002958_6455136.jpg


80CM水槽・・・真ん中の流木は一つ30CMくらいあります。
魚はまだ入れてません。水草も全然足りないですね。
セット品しか買ってないけど、ちゃんと維持できるかな。
これから楽しみです。
[PR]
by isaogermany | 2009-02-06 06:49 | ■■【日記 / 雑感】■■
d0002958_8281945.jpg


Isaogermanyが普段飲んでいるワインは基本的に10EUR以下のもの。実を言うともっと安くて、スーパーで3-5EUR程度のワインを飲んでいることが多いです。
けど5EURのワインでも詳しい人から推薦してもらったワインは大抵文句無しに美味しいんだよね。ドイツワインで10EURだと、自分の中ではすでにワンランク上。20EURだと隠しておきたいレベル。笑
安いワイン愛好家である私は当然100EUR以上するワインは買ったことありません。たぶんお金持ちになっても買わないでしょう。

という訳で決して縁の無いと思っていた高級ワインですが、友人I氏がハンブルクに遊びに来る際にお土産として持ってきてくれました。写真はシャトー・ラトュール。解説によると、フランス、ボルドー地域の5大シャトーのうちの一つで、知っている人なら泣く子も黙る!!という赤ワインなのです。
写真の1992年のワインは、日本のネットショップでは5万円前後の値がついてました。失神しそうです。笑

で、肝心のお味の方ですが、なんと言うか飲んだ瞬間、川島なおみになった気分とでもいいましょうか。笑 「私の血はワインが流れているの」でしたっけ?
と言うのは冗談ですが、美味しかったです。渋すぎず、まろやか過ぎず、ああ美味しいボルドーってこんな味なのか!と思いました。比較できるほど飲んでるわけじゃないんですけどね。

折角良いワインを持ってきてもらったとうことで、ボルドー飲む前に、家にあったブルゴーニュのジェブリ・シャンベルティンという赤ワインも空けてみました。若いワインということもあり、柔らかくてまろやかな味でした。

滅多に無い経験させてくれてありがとうです♪
[PR]
by isaogermany | 2009-01-26 08:58 | ■■【日記 / 雑感】■■
d0002958_734197.jpg


成人式も終ってしまって今更ですが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

写真は群馬県の宝川温泉。友人のK氏に日帰りで連れて行ってもらいました。
前日に雪が降り、あたり一面真っ白な中での雪見風呂となりました。

帰省中はたくさんの人に会って頂き、とても充実した休暇となりました。お付合い頂いてどうもありがとう!次の休暇に向けてまた仕事頑張ります。笑
[PR]
by isaogermany | 2009-01-16 07:13 | ■■【日記 / 雑感】■■

良いお年を!

12月はやっぱり全然更新できませんでした。
明日東京に向けて発ちます。

今年はちょっと長めで3週間ほど東京で過ごします。
おかげさまでたくさんの友人とまた顔をあわせることができそうです。

それでは、みなさん
素敵なクリスマスを&良いお年を!!

来年も怒涛の生活が待ってそうなので、暫く更新できないかもしれません。
不況に負けない強い精神を養う年となりそうですね。お互い頑張りましょう♪

Isaogermay
[PR]
by isaogermany | 2008-12-20 08:12 | ■■【日記 / 雑感】■■
d0002958_7243936.jpg


すいません。ちょっとグロ系の写真になってしまいました。
Stint(シュティント)という小魚で、ハンブルクのエルベ川て採れる名物です。ハンブルクでは衣つけて油で揚げたりして食べています。前一度レストランで食べたことがあり、今度見つけたら自分で天ぷら作ってみようと思いチャレンジしました。

昔CMでやってた「キチントさん♪」の歌を、「シュティントさん♪」などと口ずさみながら準備していたのですが、ちょっと皿の方に目をやると・・・

居たんですよ。寄生虫が大量に・・・。
魚の腹の中から結構な数の寄生虫が這い出してきて、かなりきつかった。
自分、ゲテモノOKだと思ってたんだけれどなあ・・・。今回は駄目でした。天ぷらにしてみたものの、食欲沸かず。あんまり食べれなかった。

ところが、後で調べてみるとこのStintに寄生虫(アニサキス)が居るのは普通の事なんだそうです。気にせず火を通して食べれば大丈夫だとのこと。
エルベで取れる魚なので淡水魚の寄生虫かと思い、戦々恐々としたのですが、この魚はどうも日本のししゃもに近い種類のようです。鮭と同じように海で育って、産卵のために川に戻ってくる魚とのこと。
抱卵してたので、揚げて食べるよりも一夜干にして、焼いて食べた方が美味しいかもしれません。写真見ての通り、買った時点ですでにあまり新鮮でないような気がするのが不安ではありますが・・・。どなたかチャンレジした人いませんか?

※魚の寄生虫に関して
魚の寄生虫は、海水魚に付くものと淡水魚に付くもので大きな違いがあります。
淡水魚に付く寄生虫は、肝吸虫と言われるもので、コイや鮒などを生で食べることにより寄生されます。肝硬変の原因になるとも言われており危険です。これが淡水魚は必ず火を通さなければならないと言われる所以です。

一方、海水魚に付く寄生虫は上記のアニサキス虫と言われるものが多く、見た目はグロテスクですがそのまま食べても死ぬことはまれです。この虫が体内から脱出しようと試みるため、胃に激痛が走りますが、2-3日我慢すれば消化されちゃうらしいです。また、60度以上温度で1分間火を通すだけで死ぬのでそれほど怖がることは無いみたいです。

知識として知っておくといいかもしれません。

[PR]
by isaogermany | 2008-11-18 07:37 | ■■【日記 / 雑感】■■