ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

インド人

中国の話に続いて、今日はインドのお話。

ええ、普段より私、隙のある人間と呼ばれております。
まぁ自分でも多々実感するところはあるので、この評価は仕方ないことかな。女の子だったらちょっと隙のある子なんていうのは男の子に人気なんだろうけれども、まぁ男の場合は「のび太君」扱いされるに過ぎません。損な役回りだ。

とそんな損な役回りの人間ですが、そんな人にも多種多様な人間が吸い寄せられて来るようです。
これはハンブルクに来て間もない頃のこと。

道を歩いていると突然、見知らぬ男に話しかけられました。

「You! Lucky symbol on your face!!」とか突然言われたんです。明らかにインド人風のおじさんに。

えっ? ラッキーシンボル? 何それ? と思いつつもいきなり言われて、ツイおじさんの手招きについ付いて行ってしまうisaogermany。6歳児だったらこの時点で事件発生です。
ちょっと道端に寄って話を聞くと、なんでもお前さんはとてつもなくラッキーな星の元に生まれている。これから苦労なんてしないよ。その顔のラッキーシンボルが語ってるとかなんとか適当な事を言っています。まあ、そんなことを言われてまんざらでは無かったので、話をうんうんと聞いていると。今度は「おまえさんの彼女のことが見える。えっと名前はだね・・・」と言って紙切れを取り出し何か書き始めるインド人。で、「おまえさんの彼女の名を頭に思い浮かべてごらん…。」 素直に従うisaogermany。次の瞬間、のびた君が見たものは、紙切れに書いてあった彼女の名前。

えっ? 嘘? まじで? このインド人ひょっとして本物?

まがいも無く日本人の彼女の名前を当てられて、驚くisaogermany。こんなことってあるんだろうか? その後は、君はラッキーだ。人生間違いない。その彼女とは2年後に結婚して、子供は2人できるから。え?3人は欲しい? それじゃ、3人だ。うん、3人はできる。ホントアナタラッキーよ。
とか言われて有頂天になってしまいます。えへへ、僕の人生そんなに明るいの?ひょっとしてあなたサイババ?とか思いつつ。

で、頃合を見計らってくだんのインド人。怪しげな石を取り出します。あなたはね、今でも充分ラッキーだけれども、この石があれば更にラッキーになる。これはインドの神様が言ってる事。とか言ってこれまた怪しげなインドの神様のブロマイドを見せながら、寄付を要求してきます。

あとは、このインド人の独壇場。1枚2枚とお札が無くなって行き、結局自分の財布は空になってしまったのでした。

で、残ったのは小銭入れに入れておいた幸福の石ころ。けどね、金は巻き上げられたけれども、あの人は絶対に本物だ。世の中には、常識では計り知れない不思議なことがあるもんだ。僕の将来、薔薇色だなぁなどと思って悪い気分はしてませんでした。会社行っても、同僚に「インド人の本物の占い師にバッタリ会ってしまった。いやあビックリしたよ。ぜったい自分しか知らないこと知ってるし。サイババってやっぱり本物なのかなぁ」とか言いつつ本物のインド人占い師の正当性を主張してました。

ところが、そんな興奮冷めやらぬさらに次の日、会社の目の前を歩いているとまた声を掛けられたのです。

「Hey! Gentleman! You have a lucky symbol on your face!」

とか言ってます。おとといとは別のインド人が。。。


そこで、一瞬にて全てを悟りましたよ。「 だ ま さ れ た 。」と。


当時、一時的に会社の用意してくれていたマンスリーマンションみたいなところに住んでいたのですが、週に一回お掃除のオバサンが入って掃除をしてくれていたのでした。おそらくそのオバサンが自分のプライベートの情報を持ち出して売り渡していたんだと思います。
恐るべきインド人マフィアの実態。すぐに管理会社に苦情を言ったら翌週から別のおばさんになりました。管理会社はインド人なんて居ないって言っていたけれどね。


え、その後その彼女とはどうなったかって?
結局その後別れてしまい、今は音信不通ですよ!


と言うわけで、海外にはわけの分からない犯罪がたくさんあります。
人の良さそうなインド人には気をつけろ! という教訓でした。 おわり。


d0002958_641156.jpg
「何言ッテルカ。インド人嘘ツカナイ♪」
[PR]
by isaogermany | 2006-01-28 06:51 | ■■【日記 / 雑感】■■

中国のこと。

現在在籍しております会社では、ありがたいことに愛の流刑地もとい日本経済新聞を購読しております。これでisaogermanyも日本の話題にかろうじて付いていけているわけです。いやあホリエモン逮捕されちゃいましたね。疾走の30数年間に合掌でございます。



で、最近気になったのが1月17日のこの記事。
d0002958_649523.jpg


 「川が赤紫に変色した。飲み水は大丈夫か」。長江支流のキ江(きこう)が流れる重慶市キ江県。6日、大騒ぎが起きた。水道局の水質検査機器も異常値を示し、当局が調べると、キ江上流の化学肥料工場で排水管が破損し、硫酸600トンが流出していたことが判明。2日間断水し、3万人が影響を受けた。今年に入り湖南省では湘江(しょうこう)に精錬工場の汚水が流れ込みイタイイタイ病の原因になるカドミウムの濃度が一時、安全基準の数十倍に達したことも発覚した。

 昨年11月には吉林省の化学工場爆発で有害物質のベンゼンが東北部の松花江に流出しロシアに到達。12月には広東省でもカドミウムで河川が汚染された。香港紙によると、広東省では調査した耕地の半分以上がカドミウムなど重金属に、灌漑(かんがい)用水の約2割が水銀に汚染されているという。重慶では長江沿いの工場の約7割が未処理の排水を垂れ流しているといわれ、報道などで表面化するのは氷山の一角とみられる。


とこんな状況になってるらしいです。ちょっとこの状況は酷すぎるのでは無いか?と私は思う訳です。それでも、ハンブルクの生活には全然関係ないもんねぇ、などと高を括っていたのですが・・・

よくよく考えたらとんでも無い。自分の生活に密接に関係しておりました。
理由はこれ。

d0002958_6552782.jpg


普段食べている中華食材屋で買ってるお米。値段の割には旨いので最近ずっと買ってました。産地は中国というだけで、どこで収穫されたのかも分からないまさにノーブランド米。

えっと確か、イタイイタイ病ってカドミウムに汚染された土壌で栽培されたお米食べてた人に発症したんですよ。


このお米が汚染されていないと言う保証はあるのだろうか?
おそらく無いよね。。



欧州在住のみなさん中国輸入品の食材って大丈夫なんでしょうか?
ゲテモノ食いのisaogermanyとは言え、ちょっとこのお米食べるの恐いなぁ。




P.S. 関係ないけれど、誰かに教えてもらったこのお米の保存法いいですよ。ペットボトルに入れるだけだけど場所取らないし、正確に米の量調整できますから。米びつ持ってない方はお試しあれ。
[PR]
by isaogermany | 2006-01-25 07:10 | ■■【日記 / 雑感】■■

お寒い一日

1月23日 ハンブルクは快晴!

でもって気温はマイナス10℃!

いやはや寒くなってきました。ハンブルクでも今年一番の寒さです。

そんなお寒い日には思い出されます。かつて山崎まさよしがハウスのクリームシチューのCMで歌ってたあの歌を。

「おうちへかえ~ろぅ♪ シチューをつく~ろうぅ♪・・・」

寒い日ってなぜかシチューが食べたくなるんだよね。頭の中でイントロだけを100回くらい繰り返しながら家路に急ぐisaogermany。今日は気合を入れて作っちゃいました。

お肉は贅沢にスープ用の牛塊肉500g。Suppenrinderfleischって書いてあったけれども、どこの部位なんだろう?
まず牛肉炒めてから、圧力鍋使ってワインと水で煮て、人参とタマネギとジャガイモとローリエ放り込んで、シチューのルー入れてハイおしまい! 
ハンブルクではデミグラスソースが手に入らないので日本から持ってきたルーが決め手です。って誰でも出来るね。これなら^^;

できたシチューはこちら。
d0002958_6354136.jpg

美味しそうでしょ。牛肉はホロホロ、ジャガイモ人参はホクホク。ごはん何杯でもいけちゃいますよ。

ハンブルクにシチューのルーを持ってきてくれた人にはもれなくご馳走いたしますです。笑

さて、明日はもっと寒くなりそうです。暖かくして寝ないとね。
[PR]
by isaogermany | 2006-01-24 06:41 | ■■【日記 / 雑感】■■
更新サボりまくってるisaogermanyです。ほら、冬は寒いからさ、頭の中もなかなかベッドから出られないわけですよ。一日中睡眠欲と戦う日々。

とまあそんなことしてられるほど時間に余裕も無いというのが本音なのですが。
そんな頭の中は言い訳だらけの週末、久しぶりにオペラを聴きに行ってきました。

ワーグナーの大作オペラ「トリスタンとイゾルデ」
指揮はいまやハンブルクの顔と言ってもいいのでしょうか、シモーネ・ヤング。今回はイゾルテ役のソプラノにデボラ・ポラスキを呼んでの公演。ハンブルクのオペラでは滅多にチケットが売り切れることは無いのですが、今回は前日の時点でチケット完売。でもってもちろん前売りチケットなど買っていない僕。けど今回はどうしても聴きたいオペラだったので、最終手段として公演当日にチケット売場の前でがんばりました。「TICKET WANTED!」の張り紙もって売場前で粘ること30分。。。
やあ 何とかチケット買うこと出来ましたよ。けっこう恥ずかったな。笑

演奏は凄かったですよ。指揮のヤングも素晴らしかったけれども、ポラスキのイゾルデがまたそれを凌駕するほどに凄かった。まず凄い声量、安くて遠くの席に座っていたんだけれども、彼女の声だけは自分の席にも充分な迫力をもって届いてました。そして伸びやかな音質。ソプラノ歌手は大声出すとキンキンと苦しそうな声になる人が多いんだけれども、彼女は全然そんなことなく終始安定した音質(声質?)で安心して聴くことができました。逆に相手のトリスタン役のテノール(Treleaven)が心もと無く聴こえてしまったんですよね。
ちなみにポラスキの公演を日本で聴こうと思うとウン万円なんだそうです…。今回は日本円で約1500円…。
d0002958_881315.jpg



しかしまぁ、ワーグナーのオペラは長い。
今日はPM5時開演で、終わったのがPM11時。実に6時間(うち休憩約1時間ちょい)。なんというか全て聴いただけで一仕事終わらせた気分です。いわんや演奏者は相当な体力仕事だったと思います。
お疲れ様でした。そしてありがとう♪ 次回もよろしく!

22.1.2006
Hamburgische Staatsoper
Musikleitung: Simone Young

Richart Wagner
Tristan und Isolde


同じ公演見られましたHunmelHunmelさんにTBさせていただきます。
[PR]
by isaogermany | 2006-01-23 08:10 |  ハンブルク州立歌劇場

Esbjörn Svensson Trio

えっと自他共に認める下手の横好き。
いったいいくつの趣味が僕の顔をそっと撫ぜ、そして去っていったのだろうか。。

とそんなことはどうでもいいのですが、年末年始に日本で友達に会ったとき、ちょっとだけJAZZのレクチャーをしてもらいました。JAZZってシンプルな音の響きの中にも、奥の深さや魂を揺さぶられる動きがあって刺激的ですよね。

そんなJazzのジャンルに European Jazz なるものがあるとその時初めて聞きました。その中でも、北欧系のJazz Trioが結構注目されてるんだとか。。 へぇ・・・面白そう。。

と言うわけで今年を自分のJazz元年にすべく、この前レコード屋さんに行って買ってきました。ぱっと目に付くところにあったE.S.TのライブCD(E.S.T Live)。Esbjörn Svesson Trio というスウェーデン出身のピアノトリオです。(これJunさんのところで聴かせてもらったGroupかな?)

d0002958_80240.jpg


聴いて納得。確かに自分がイメージしているJazzとは違うんだけれども、聴きやすくてすんなりと入っていける。ずっとCD掛けっ放しにしておいても、心地良い。そんな感じのCDでした。

と言うわけでちょっとづつJazzの世界にも首突っ込んでみようと思ってます。初心者ですので、皆さんJazzの名盤やお勧めのバンドなど色々教えてくださいね。ちなみにソロ、トリオもしくは小規模のバンドなどはいいのですが、いわゆるビッグバンドと言われる様なのはまったく体が受付けません。
薄暗い部屋の中でブランデーグラスぐるぐる回しながら聴くのに合いそうな、そんなCD探してます。(笑)


Esbjörn Svesson Trio (E.L.T) の公式サイト。
各アルバムから一曲づつ、試聴ができるみたいです。
興味ありましたらどうぞ。
[PR]
by isaogermany | 2006-01-21 08:12 |  JAZZ

プロフィール

写真で語るisaogermany。

d0002958_5405118.jpg


イメージと実在の人物は一致しませんので悪しからず(笑)
[PR]
by isaogermany | 2006-01-20 05:42

ちょいとばかり仕事が忙しいので、2-3日更新できないかもです(^-^;)
[PR]
by isaogermany | 2006-01-17 07:31 | ■■【日記 / 雑感】■■

売れ残りの力

d0002958_6354354.jpg


休日のマルクトにて。
一鉢だけ売れ残り。けどなんか気高さを感じるのは僕だけかな?
[PR]
by isaogermany | 2006-01-16 06:37 | ■■【フォトグラフ】■■■

Das wunderbare Konzert!!

新年一発目は、北ドイツ放送響、ドホナーニ指揮でシュトラビンスキーの「火の鳥」とバルトークのピアノ協奏曲2番を聴いてきました。

前曲はハンガリーの作曲家コダーイの「ガランタ舞曲」。コダーイって「ハーリヤノシュ」に代表されるような民族音楽調バリバリの作曲家ってイメージが強いけれども、そう思ってると足掬われます。この「ガランタ舞曲」は理解に苦しんだなぁ。曲調無し、旋律無し、リズム無し(ホントは全部あるんだろうけれど、素人の耳にはそう聴こえる)の音楽はやはり辛い。

二曲目はバルトークのP協奏曲2番。
ピアノソロはYefim Bronfman。ウズベキスタン出身のピアノニストですが、この人すごかった。曲事体が分かりやすいこともあるけれども、緊張感溢れる演奏で大興奮です。いや良かった。思わずCD買ってしまいました。今同じ曲をCDで聴きながら書いてます。 今日の演奏の方が良かったですけれどもね。
d0002958_8281753.jpg


で、メインがストラビンスキーの「火の鳥」
ドホナーニは今まで聴いた経験からすると、シュトラビンスキーは得意なんじゃないかなぁと思ってました。結果はビンゴ!大きなオーケストラ編成を自在に指揮して、とても優しい「火の鳥」を作り出していました。あぁ「火の鳥」ってこんないい曲だったんだ。目から鱗の出来だったのです。

2006年最初の演奏会は大満足。今回は大正解でした。幸先良いスタートで、今年の演奏会ライフは充実したものになる予感が・・・

13.1.2006
NDR Sinfonieorchester
Dirigent: Christoph von Dohnanyi
Klavier: Yefim Bronfmann


KODALY
Tänze aus Galanta
BARTOK
Klavierkonzert Nr.2
STRAWINSKY
Der Feuervogel

Ticket EUR 10,--
[PR]
by isaogermany | 2006-01-14 08:34 | ■■■【音楽関係】■■■

街角音楽家シリーズ

d0002958_7144942.jpg

けっこうみんな足を止めてくれるんですよね。
ほんのりと暖かい風景だと思います。

続き
[PR]
by isaogermany | 2006-01-12 07:21 | ■■【フォトグラフ】■■■