ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ごめんなさい

失礼致しました。
先日の記事の写真ですが、あれはUDUの写真ではなく、
「ハクション大魔王のツボ」そのものです。誤解を招く表現がありましたことをお詫びして訂正いたします。笑

本物のUDUはこちら。似てるでしょ。
d0002958_6312982.jpg

[PR]
by isaogermany | 2007-01-31 06:32 | ■■【日記 / 雑感】■■

急遽

来週友人の家で自分の楽器を弾くことになった。ホントに弾けるのだろうか?
とりあえず1日1時間程は楽器を触ることにしようっと。

ちなみに友人(ドイツ人)の趣味は、「尺八」。

もっと不思議な楽器も持ってました。
[PR]
by isaogermany | 2007-01-30 07:31 | ■■【日記 / 雑感】■■

北ドイツ放送響 定期

今日に至ってついに断言。
僕は、ドホナーニよりもアラン・ギルバートの方が好き。NDRをコントロールしながら指揮してるのはきっとアランだけだ。ドホナーニは、ちょっと締りがないというか、ブラ1のチョンボがあんまりというか、よくよく考えると彼の演奏で感動したことって一度しかない。たしか火の鳥を振った時。なんかさびしいなぁ
来週はアランで ブルックナーの3番。コレは行くでしょ。

マルティヌーはチェコの作曲家。第2次大戦前後の人らしい。玉砂利をじゃりじゃり転がした感じの楽しい音楽で意外と良かった。

28.1.2007
Dirigent: Alan Gilbert
Vn: Kolja Blacher


Bedrich Smetana
Vysehrad aus Vaterland
Robert Schumann
Vn Konzert D-moll
Bohuslav Marnitu
Sinfonie Nr.4
[PR]
by isaogermany | 2007-01-29 08:59 |  北ドイツ放送響

ハンブルクに来て

3回目の冬。実はこの冬ある快挙が♪
3年目にして初めて、冬に鬱状態にならなかった♪
いやぁ今年はなぜか元気ですよ。異常気象のせいなのかな?あと一ヶ月半で春なので、多分持つだろうと思ってます。

まぁ左程に、ドイツの冬は自分には合わないんだよねって話なんだけど。
[PR]
by isaogermany | 2007-01-26 06:13 | ■■【日記 / 雑感】■■
弟の結婚が決まった。おめでとう♪

と言うわけでタイトルの言葉をはなむけに。誰が言ったのか知らないけどね。
[PR]
by isaogermany | 2007-01-23 08:01

教会のコンサート

年が明けてから結構忙しいや。やっぱり、なんだかんだと言って色々動いていると気分が晴れるね。昨日は大学OB会の新年会。ビンゴゲームでワインを当ててしまった。ヤッタ。
誰かと一緒に飲めるとさらに楽しいんだけれどな。

その後、教会のコンサート。
メンバーとプログラムは1月3日のホームコンサートと同じ。いや、素晴らしかった。
特にブラームスは良かったなぁ。今度レコード屋行ったら買ってみよう。
[PR]
by isaogermany | 2007-01-15 06:55 |  その他オケ/オペラ
NDR定期演奏会

待ちに待ったドホナーニによるブラームス1番。一楽章はテンポ遅めで重厚な進め方。逆に四楽章は、一楽章より若干サラリとした演奏。それでも重厚系だったけど。フィナーレの一番最後の最後で誰かがフライングしたっぽい。プロでもそんなことあるんだなと妙に納得してしまった。
ドホナーニは、音に角が無いと言うか、重心が軽いというか、悪く言うと音に芯が無いという印象を受ける。テンポゆっくり持っていっても同じ感じがした。なぜなんだろう?
前プロ Harisson Birtwistle のNights Black Birdは、ノーマークだったけど、けっこう面白かった。奇を衒わない作風は好感度大。
ベルクは、もっとも苦手な曲の一つ。ソロのGil Shaham は結構いいなあと思ってただけに残念。編成大きすぎてソロの音は掻き消えてしまって退屈だった。聞くほうの修行が足りないのかも。

12.01.2007
D:Cristoph von Dohnanyi
Violin: Gil Shaham


Harisson Birtwhistle
Night´s black bird
Alban Berg
Violinkonzert "dem Andenken eines Engels"
Johanes Brahms
Sinfonie Nr.1 c-moll
[PR]
by isaogermany | 2007-01-13 07:56 |  北ドイツ放送響

ホームコンサート

Staatsoper で仕事しているプロの音楽家の方々が主催されたホームコンサート。ピアノトリオを至近距離で聴いてきた。当たり前なんだけれどみんな上手い!コンサート後にはみんなと話すこともできて楽しかったな。至福のひと時でした。次回が楽しみ。
招待してくれたTさんにも感謝♪

Haydn
ピアノ三重奏曲 第39番 ト長調
武満徹
Between Tides
Brahms
ピアノ三重奏曲 第1番 ロ長調

[PR]
by isaogermany | 2007-01-05 04:59 |  その他オケ/オペラ
あけましておめでとうございます。
2007年も明けてしまいました。いや時が経つのは早い早い。
もうすぐ在ドイツ4年が経ってしまいます。この4年間日本の経済の急成長を尻目に、ドイツでのんびり過ごしてきました。Isaogermanyはあんまり成長してないなぁなんて思う今日この頃です。

と前振りは関係ないのですが、ブログはこの辺で終わりにしようかなと思ってます。
写真は別途、HPを作ろうと考えていて今なんとか準備中です。時系列で写真を貼って、古い写真や記事がどんどん陳腐化していくのがなんとなく寂しく感じられてしまうから。今でも一番のお気に入りの写真は6年前に取った数枚の写真です。このHPは出来しだいココで宣伝させてもらいます。

このブログは、たまに書いているコンサートや読書の感想用に残しておこうと思ってます。備忘録程度のものになると思うのであまり面白くないと思います。

これまでブログを見てくれてありがとうございました。
訪れてきてくれてた皆さんの健康と幸福を祈りつつ、一旦この場を閉めさせて頂きます。

ほんとにどうもありがとうございました。

P.S. 皆さんのブログは今まで以上に覗かせてもらいますね。一度荷降ろし宣言して、気持が楽になりますので! それでは。 また!
[PR]
by isaogermany | 2007-01-05 04:41