ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お一人様とお二人様

ネタが無いので普段思ってることを取り留めなく・・。

日本からドイツにやってきてはやウン年。
一番日本と違うなと感じたのは人との付き合い方です。

時分の年齢のせいもあるのかもしれないけれども、ドイツ人の友人と会うときはカップル(夫婦)単位のことがほとんどです。家に食事に呼ぶときも基本的にはカップル単位。時分はホトンドの場合がお一人様なので、お一人様対お二人様という構図になりやすい。

けどこれが実に心地良い。
レストランでも自宅でも、それほどディープな話にはならないけれども、あれこれと些細な話をしながら料理を楽しみ酒を楽しむ。お酒の量もとても控えめ。ビールのときは一本を時間を掛けて飲み、ワインの時は水と交互にやっぱりゆっくり時間を掛けて飲む。
「酒は飲んでも飲まれるな」と酔い潰れる度にたしなめられていた自分も、いつしか酔い6分目くらいで最後の最後まで会話を楽しめるようになりました。

ヨーロッパではカップルが行動の一単位になっているんですね。
旅行でも欧州国内の旅行なんかは基本的に二人一部屋、ダブルルームで予約するのが一番節約できます。
昨年フランスに旅行に行った時には、お一人様ではレストランの予約も断られることが多かったです。
コース料理は一人で食べると、1時間ちょいで終ってしまうので味気なくもあります。
やっぱり、これ美味いこれ面白いとあれこれ言いながら食べるのが楽しいんでしょうね。

ひるがえって日本。
レストランなんかはやっぱり二人が基本だけれども、
友人と会う時、これは友人に恋人が居ようが居まいが男同士の付き合いになるんですよね。
特別な事でも無い限りはお一人様対お一人様。
お二人様対お二人様 もしくは1VS2と言うのは多くが特別なイベント扱いされるかと思います。
これはこれで、日本人の僕には心地良いのですけどね。

この行動単位の違いはどこから来るのでしょうか。
集団文化の日本に、個人主義の欧米というのが何時の世でも定番の比較ですが、
細かく分割していくと日本は個人に分解され、ドイツではカップルに分解される。
なぜなんでしょうね。興味深いなあ。

おわり。
[PR]
by isaogermany | 2009-06-23 06:14 | ■■【日記 / 雑感】■■

知恵と幸運の象徴

d0002958_5141521.jpg


ヨーロッパでは、ふくろうはよく首が廻ることから商売繁盛、夜目が利くことから見通しが明るい、聴力が優れていることから情報を聞き逃さないと言われているんだそうです。

4匹もいればさぞかし縁起が良いだろうということで。笑
[PR]
by isaogermany | 2009-06-15 05:15 | ■■【フォトグラフ】■■■

武士は食わねど高楊枝?

d0002958_5104248.jpg


アルカパってもっと可愛いと思ってたんだけど。。
なんか中村雅俊に似てるような。
[PR]
by isaogermany | 2009-06-15 05:11 | ■■【フォトグラフ】■■■

萌え萌え系が好きです。

d0002958_4515269.jpg


Hamburgから南に40Kmほど走ったところにある、Wildpark Lueneberger Heide
という動物公園に行って来ました。
国定自然公園に隣接している広い敷地の動物公園なので、柵のない伸び伸びとした環境で、
ヨーロッパ原住の動物達の姿が拝めるかと思って行ってみました。

実際には、吉祥寺にある井の頭公園の動物園と大差無しだったかも。
柵が無いなんていうのは単なる幻想で、普通に柵の中で干草をもぐもぐしてる動物達ばかりだったのがちょっと残念。鹿や山羊の仲間が多かったかな。
トナカイや鹿って馬よりでかいのもいるんですね。ちとビックリ。

で、写真が一番可愛かったプレーリードッグの子供です。
はい全然ヨーロッパじゃありませんが、細かい事気にしては行けません。笑

d0002958_531595.jpg


お母さんと一緒♪


d0002958_535749.jpg


目頭に痣のある男。。。

以上 お粗末様です。
[PR]
by isaogermany | 2009-06-15 05:04 | ■■【フォトグラフ】■■■

安いワイン

d0002958_5494178.jpg


4月5月とずっと暖かかったハンブルクですが、先週あたりから天気が崩れ始めました。
今日は一日雨で寒い! おそらく気温も10度前後しかないような気がします。あー あの暖かい太陽をもう一度。もっと光を!笑

という訳で、天気とはあんまり関係無いのですが写真は安いボルドーの赤ワイン。
どちらも5EUR前後で手に入ります。
とは言え、ビール大瓶一本100円で買えるドイツでは、5EUR(約650円)と言えども高い部類のお酒になります。

今回買ってきた、上記の2本は、Dourtheというワイン商社の商品です。
大手の商社さんですが、高品位のワインを良心的な価格で提供しているようです。商社ですが自社でボルドーに葡萄畑を持ち、自社でワイン生産もしています。

ちなみに低価格なワインは適当に選ぶと当たり外れが大きく、料理に使うしかないワインにあたることもままあるような・・・。僕はお手軽ワインの時は、ブランド指定もしくは品評会の結果を参考にして購入しています。何かしらのコンクールで受賞しているワインなら、大概ハズレは無いみたい。

左:Chateau Pey la Tour
数々の受賞歴を誇るワイン。日本ではメルシャンが輸入しているみたいですね。
日本でも1000円前後で手に入るようなのでお勧めです。

右:Gour du Roy
左のワインよりも、ちょっと安いです。
受賞歴は無いですが、同じDourthe社セレクトということで購入。
まったく重さが無いですが、僕はこちらのワインの方が好きだな。

ただ、残念なことにどちらも日持ちしないようです。
2-3日は常温で置いておけるだろうと思ってましたが、翌日にはかなり味が落ちてました。
若いワインだからでしょうか。飲みきりで行くしか無さそうなのがちと残念。
[PR]
by isaogermany | 2009-06-12 06:09 | ■■【日記 / 雑感】■■

水遊び。

ここ最近ハンブルクは雲ひとつ無い青い空に恵まれています。
おりしも先週は3連休。軍港で有名なKielの近くの湖まで行ってカヤックで遊んで来ました。
自然いっぱいで楽しかったです。

d0002958_631182.jpg


晴天なり。

d0002958_642327.jpg


北ドイツの水辺の風景です。

d0002958_65672.jpg


ガーガーガー♪

d0002958_6784.jpg


水路を進みます。気分は少しだけ「川口ひろし探検隊」なり。古いですかね?

d0002958_681433.jpg


卵を温めている水鳥の直ぐ脇を通っていくと、、

d0002958_695124.jpg


d0002958_610199.jpg


自然が綺麗ですね~。ついつい目を奪われてしまいます。
たっぷり6時間遊んで帰宅。上半身の良い運動になりました。
が、紫外線がことのほか強く、真っ赤に日焼けしてしまいました。
次回はサンオイル持って行かなくちゃ。
[PR]
by isaogermany | 2009-06-04 06:15 | ■■【日記 / 雑感】■■

旧エルプトンネル。

100年前に開通したエルベ川の下を刳り貫いて作ったトンネルです。
深さ24m。全長450mの立派なトンネルです。
今でも現役で人や自転車は無料で、車は片道2EURで通行することが出来ます。

今日はトンネル内で、ハンブルクの芸術家たちの展覧会が開かれているというので、トンネルと合わせて見てきました。

d0002958_7224392.jpg


続きはこちらをクリックしてください。
[PR]
by isaogermany | 2009-06-01 07:42 | ■■【日記 / 雑感】■■