ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

と言っても私がやるわけじゃありません。
これ、大学のサークルの新入生歓迎会で、先輩方の前で、新入生が行う自己紹介です。

「はなはだ僭越ながら、自己紹介させていただきます。私、○立○○高校出身、○○○○大学○学部○年、
ならびに○○○○○(サークル名)に所属させていただきます ○×△と申します!」

と金切り声で叫んで、最後に右手に掲げたグラスのお酒をグイッと空けるわけです。

当時18歳のチキンハートには衝撃でした。
とは言え、こういうちょっと儀礼染みたイベントと言うのは、集団に対する所属意識を高めるには有効ですね。
僕もその後、卒業するまでの4年間、傍流とは言え、サークル生活を存分に楽しませてもらいました。

その度胸試しのような自己紹介をしてから、すでにもう20年近くの月日が経ち、正直なところこのような自己紹介もすっかり忘れていたところ・・・

先日、卒業後15年にして初めて、この自己紹介を生で聞いてしまいました(衝撃!)。

場所は、先日参加したデュッセルドルフで開催されている大学OBの新年会。
毎年、現役の交換留学生が新年会に顔出してくれるんですね。
その一人が、たまたま同じサークルの現役生で、前述の自己紹介をしてくれたんです。
いや、懐かしいなあ・・・。すっかり忘れていた当時のことを色々と思い出しました。

ちなみに東京では毎年年末にサークルのOB会がちゃんこ屋で開催されてます。
もう何年も行ってないけれども、久しぶりに顔出してお酒飲みたいなあなんて思いました。
まあ自分は、真面目な部員じゃなかったんですけれどね。

今年の年末は参加できるかな・・。
[PR]
by isaogermany | 2010-01-25 05:45 | ■■【日記 / 雑感】■■

自称グルメ

ホトンドの人に信じてもらえませんが、自称グルメです。
美味しんぼの海原雄山もびっくりのグルメのはず・・・。

けどお金は無い。
というかハンブルクでは、出したお金に見合うだけのレストランを探すのも大変です。
安くて美味いレストランはとても少ないのに、高くて美味しくないレストランはたっくさん・・。

昔、立川の実家の近くには、中華料理屋(ラーメン屋とも言う)だった店舗を改築した
フランス料理の店があったのです。
外見は汚い定食屋。中入ると奥さんが、客席でパスタ打ってたりしてフレンチの「フ」の字も感じさせない庶民的なお店だったのですが、味は一流でした。前菜・メイン・デザートのコースがランチで1500円という破格であったにも関わらず美味しかったのです。
安くて美味い店とはこういう店のこと言うんだなあと変に感心したことを覚えてます。
その後、そのお店はすぐに移転しちゃいましたけどね。

ハンブルクで美味いフレンチは中々難しいようですので、自分でチャレンジしてみました。
ネットでレシピ調べた鶏肉のワイン煮込み。 コック・オー・ヴァンだって。名前からして美味しそう・・。

フムフム・・ ワインとセロリでマリネして、さらにワインで煮込んで、残ったスープをバターモンテして・・・。
結構手間掛かりますね。

けど、何とかかんとか出来た~っ!

d0002958_7232667.jpg


なんかただのシチューに見えますが、お味の程は・・・。


酸っぱい!


なんでやねん!

こんだけ人を期待させて、食えないほどに不味いといはどういうことだ!!

折角気合入れて作って、写真まで撮ったのにこれはないだろうと思いましたが、現実というものは恐ろしいものですね。



フランス料理って難しいのですね。どうやら見よう見まねで挑戦しても駄目なようです。
安ワインが駄目だったか、それとも他にコツがあるのかな?

フランス料理は見た目どおり繊細だということが良く解った一日でした。

ちなみに試したレシピはこれです。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/chef/071116_beaujolais/index.html

どなたかコツをご教授下さい。
[PR]
by isaogermany | 2010-01-22 07:30 | ■■【日記 / 雑感】■■

まだ寒い

d0002958_795448.jpg


寒波も過ぎて少し暖かくなってきたのかなあと思いますが、やっぱりまだ寒い。
と言って、暖かい部屋に篭りっぱなしなのも健康に悪そうだということで、雪の中少し散歩。
けどやっぱり寒いので、すぐ退散してしまった。
雪景色は空が青くないと中々絵になりませんね。
[PR]
by isaogermany | 2010-01-19 07:11 | ■■【フォトグラフ】■■■
表題のコンサートに行ってきた。

d0002958_23362164.gif


ビオラのソリストの知名度が上がってきたのは、恐らく1980年代後半から、90年代初頭に掛けてロシアのユーリ・バシュメットなんかが台頭してきたころでしょうか。
その頃からビオラのCDなんかも沢山リリースされるようになって、ビオラ奏者以外にもビオラの音色が認め始められらかと思います。

タベア・ツィンマーマンも、ちょうどその頃から露出度の高くなってきたソリストだったと思います。
また同時に、バシュメットも、ツィンマーマンも、当時の現代作曲家達に色々と作曲の依頼をしていたようです。
そのお陰で、今までビオラと言えば、ブラームス、バルトーク、ヒンデミットしか思いつかない程貧弱なレパートリーだったのが、20世紀後半にはドバッと増えました。

今回、14曲4時間に及ぶコンサートの曲目のうち、半分以上が80年代以降の現代曲でした。
当然ながらホトンド全ての曲が初めて聞く作品です。
耳を塞ぎたくなるような凄まじい曲も結構ありましたが、4時間聞きっぱなしだと耳が麻痺してきますね。
終った後には、面白い試みだったなと充実感を味わうことが出来ました。

メンバーはタベアの他、4人のビオリストが出ていましたが皆若い。
タベアがやっぱり抜きん出ていました。他の人は彼女の教え子なのかな。ソロ演奏に慣れていないような感じの人もいましたので。

けどやっぱりビオラの魅力は、深く霞んだようなC線の魅力だと思います。
情緒たっぷりに弾き込まれるビオラの名曲を聴きたいなあ・・。

16.1.2010
Tabea Zimmermann Brachenabend

Max von Weinzierl
Nachtstück op 34 für 4 Violen

Sofia Gubaidulina
Quasi Hoquetus これは酷かった・・。ハーモニクスの不協和音><

Johann Sebastian Bach
Sinfonia Nr9 何故かピアノソロ

György Ligeti
aus der Solosonate für Viola: Lamento
これはもうちょっと聞きたかったなあ。2分で終った。

JS Bach
aus der 5. Suite für Violoncello solo : Sarabande
うっ ちょっと下手・・。

Frank Bridge
Lament für 2 Violen
これは良い曲

Christopher Theofanidis
Folow my Tears
1997年作曲の現代曲だけれどもちゃんと聞けた。笑

Franz Schubert
An den Mond, Nacht und Träume, Die Taubenpost
ちと演奏が苦しいか・・。

George Benjamin
Viola, Viola
96年作曲だが良曲

Paul Hindemith
Duett für Brache und Violonchello
このレパートリーだとヒンデミットが古典に聞こえる。笑 無論名曲です。

Luciano Berio
Naturale for viola percussion and tape
テープでシチリア民謡を流しつつ、パーカッションとコラボ。現代曲の醍醐味的なものを味わえた。85年

Bela Bartok
aus den 44 Duos für zwei Violinen Sz 98 fassung für 2 Violen
この曲知らなかった。民俗音楽に題材をとった作品で、良作ですね。CD探してみたくなった。

Thomas Demenga
Duo oh Du, für Viola und Violoncello
ハーモニクスだけで構成された商品。パフォーマンスで見せるタイプ。85年。
ビオラのハーモニクスは難しいね。

York Bowen
Fantasia e moll Nr.1 für 4 Violen
最後は綺麗にまとまったビオラ曲。

4時間は長いが良い経験となりました。
[PR]
by isaogermany | 2010-01-17 23:56 |  その他オケ/オペラ

生まれてはじめての贅沢

ハンブルクは寒い日が続いています。
先週一週間はおそらく日中でもマイナス3-5度程度で、パラパラながらも毎日雪降ってます。
ハンブルクが北国であることを初めて実感する事になりました(短い日照時間のことは別として)。
降った雪が溶けないので、そろそろ道路にも雪が積るようになってきましたが、
そんな状況でも自転車に乗っている人が多いには驚かされます。一体何人ケガしてるんだろう・・。

で、表題の贅沢。

生まれて初めて「徒歩5分の場所に行くのに、タクシー乗って行った。」

乗車時間約三分です。くだらない話ですいません。笑

先週寒さにやられてか、当地で初めてキツメの風邪を引いたんです。
高熱に、恐ろしいほどの腹痛が重なって・・・ああ僕もこのごみためのような部屋の片隅で息を引取るんだなあなどとぼやいていたのですが、インフルエンザだと困るので医者へゴー!
けど家出た途端に腹痛で動けなくなり、近くの薬屋駆け込んでタクシー呼んでもらったという次第です。

医者では熱があって、腹が痛くして死にそうだ~ということを必死にアピール。
色々検査してもらいまして、薬を処方してもらいました。風邪の方は寝て治せということで、何も処置無し。

で、その薬ですが、単なる胃薬でした。パンシロンみたいなやつね。笑

こんなもので治るのかいと思いましたが、一粒飲んだだけでお腹の調子は元通りに。
先生名医でした。その後3日間寝て風邪もほぼ全快。

自転車の例じゃないですが、寒さを甘く見ると痛い目見ますね。

まだ 寒い日が続くようです。皆様もご自愛のほど。
[PR]
by isaogermany | 2010-01-12 06:20 | ■■【日記 / 雑感】■■

ドレスデン

昨年、クリスマスマーケットの時期にドレスデンに行ってきた時の写真です。

現像した写真のものぐらさに自分でもびっくりしたため公開してませんでしたが、
落着いて見てみるとこれはこれで味があるのかなと思いました。新年には相応しくなくてすいません。苦笑

d0002958_733507.jpg


More
[PR]
by isaogermany | 2010-01-06 07:43 | ■■【フォトグラフ】■■■
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
恥かしながら、昨年後半は調子を崩しました。今年は身心ともに鍛えなおさないといけないなあと思っています。
特に体はヤバイ。正月太りならぬクリスマス休暇太りで、健康状態に黄信号です。
ダイエットちゃんとやらなくちゃね。
けど、ドイツ人同僚もクリスマス太りで大変だとか言ってました。どこの国でも共通なんでしょうね。

ブログには何を書いていこうかな・・・まあボチボチと言う事で。
ネット接続はやや少なくなる予定ですが、今年もよろしくお願い致します。

Isaogermany
[PR]
by isaogermany | 2010-01-05 07:41