ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

しつこいですが、まだポルト。
ポルトの夜景です。綺麗だったな。

d0002958_552629.jpg



d0002958_5521799.jpg



d0002958_5521917.jpg



d0002958_5523626.jpg



d0002958_5524042.jpg



d0002958_552458.jpg



d0002958_553210.jpg



d0002958_5531215.jpg



d0002958_5533184.jpg



d0002958_5533526.jpg

[PR]
by isaogermany | 2010-11-12 05:55 |  10/Aug ポルトガル
ハンブルク歌劇場のニーベルングの指輪シリーズもついに4回目、最終回の神々の黄昏までたどり着いた。
4年前にこのシリーズの一作目であるラインの黄金が始まった時には、最後の公演を見るまでハンブルクに居る事ができるだろうかと思ってたけれども、変な心配している間にあっという間に時間は過ぎてしまいました。

続くワルキューレ、ジークフリードともすばらしい出来だったので、今回もとても楽しみにしていました。

休憩入れて5時間半という長丁場でも、まったく飽きる事の無い曲の運び方は、さすがワーグナーで定評のあるS.Youngです。
ワーグナー・チューバが最後まで安定しなかったけれども、その他は大満足。
デボラ・ポラスキ を初めとして歌手陣も豪華な顔ぶれ。チケットはたった10EURの安い席でしたが、音楽を楽しむには十分でした。

↓にサンプルがありましたので、興味のある方は覗いてみてください。
Götterdämmerung が「神々の黄昏」になります。

安っぽい演出だと思ったあなたは正統な感覚の持ち主だと思いますが、不思議な事に慣れてくると演出のチープさとかあんまり気にならなくなってきます。今回は、逆に優秀な演出だと思いました。

サンプルビデオ

★★★★★
満足度5星です。

Götterdämmerung

Musikleitung: Simone Young
Inszenierung: Claus Guth
Bühnenbild und Kostüme: Christian Schmidt
Licht: Michael Bauer

Es spielen die Philharmoniker Hamburg.
Es singt der Chor der Hamburgischen Staatsoper.

Aufführungen:
So, 07.11. 2010 17:00 - 22:40

しかしこの時期仕事が忙しい・・・。
[PR]
by isaogermany | 2010-11-10 07:19 |  ハンブルク州立歌劇場
まだしつこくポルトガルの写真です。
今日はポルトの下町風景を。



d0002958_5462016.jpg


日本の下町というか、路地裏が連想されます。




d0002958_5463329.jpg


ちなみに、ポルトの河岸と下町地区は確か世界遺産に登録されていたかと思います。




d0002958_548186.jpg


屋根が落ちてる・・・。けど隣の家では日常が繰りかえされてる。




d0002958_5481633.jpg


後ろの壁はポルトの城壁跡です。城下町だったわけですね。
世界遺産・・・って本当だったかな?
[PR]
by isaogermany | 2010-11-03 05:52 |  10/Aug ポルトガル