ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:コンサート・ライブ ( 58 ) タグの人気記事

先週日曜日。ドホナーニのコンサート。
病気で公演をキャンセルと言う話もちらほらと聞こえてきていたので、果たしてちゃんと姿を見せてくれるだろうかと心配していましたが、杞憂でした。
痩せたとは言え元気な指揮ぶりを見せてくれました。

今回はアラベラ・スタインバッハーを迎えて、ロシアの現代作曲家 グバイデュリナのバイオリン協奏曲に、
チャイコフスキーの5番です。

アラベラは、名前も顔もヨーロッパ系だったので気付かなかったのですが、日本人とドイツ人のハーフなんだそうです。まだ28歳ですので期待の超若手というところでしょうか。遠くからしか見えませんでしたが、えらくスタイルのいいソリストでした。舞台栄えしますね。
肝心の曲は凄まじかった。嫌悪感とかそういう問題ではなく、聞きはじめてすぐに生理的に吐き気を催した。こんな経験ははじめてです。

昔の映画で「マーズアタック」と言う、火星人が地球侵略に来る物語があったのですが、確かカントリーミュージックがラジオから流れてくるとと宇宙人の頭が破裂するんです。
そんなことを思い出しながら聞いてました。俺の頭も火星人並か・・・と。

あ、あと覚醒剤中毒者が、手や腕から芋虫が這い出してくるような幻覚をみるドラマって良くあると思うのですが、そのフツフツ感を肌に感じることができる音楽。 ひょっとしたら聴いてみたいという人も多いかもね。笑

という訳でバリバリの現代曲でアラベラが上手いかどうかの判断は次回以降に持ち越し。Vn自体の音は良かったです。

チャイコの5番。
僕がクラシックを聞き始めてはじめて買ったCDがチャイコの悲愴だったのですが、そのCDに5番の3,4楽章だけがカップリングされていました。(駅前で買った所謂パチモンCDだったからだと思います)
その5番が素晴らしく、高校生の頃は良く聞いていました。チャイコのP協奏曲と同じく、気分が高揚するんですよね。
そんな訳で、個人的にはかなり思い入れのある曲です。

ドホナーニの作る音楽はいつもどおりで、素人の勝手な批評ではありますが、ちょっと冷静に分析してみました。彼の音楽の特徴。

1. テンポは総じてゆっくり目。そして細かく揺れる。→ゆっくりなのに安定しない。
2. 最強音の頭とお尻を丸く収める。「ボンッ」と言うところが「ポワン♪」と聞こえる→インパクトに欠ける。
3. アインザッツが合わない→なんでだろ?

毎回こうなので、おそらくドホナーニの目指す音楽がこのようなものなのでしょう。
なんでだろって、いつも顔を傾げたくなります。


Christoph von Dohnányi Dirigent
Arabella Steinbacher Violine

SOFIA GUBAIDULINA
Offertorium. Konzert für Violine und Orchester
PETER TSCHAIKOWSKY
Sinfonie Nr. 5 e-Moll op. 64

[PR]
by isaogermany | 2009-04-08 07:24 |  北ドイツ放送響
コメント欄で教えてもらったドホナーニ引退ニュース!
まだまだ彼の時代が続くだろうと思っていたので、ビックリしました。
再来期からは、NDRは新常任指揮者を迎えることになります。名前はThomas Hengelbrock。
まったくもって初耳です。調べてみると・・・1958年生まれ。ティーレマンやケント・ナガノと同世代の指揮者のようです。バイオリニストで、アーノンクールの元でバロックの修行を積んだとか。以下略で、バロックから現代曲までかなりレパートリーの広い指揮者のようです。
まあ、一度聞いてみないと何とも言えないですな。とりあえずちゃんと脱線しないようにNDRをまとめてくれるならばいちいち文句は言いません。4月17日にNDRで客演(新世界より)があるので、時間があれば行ってみたいんだけどな。

で、本題。ドホナーニはいなくなっても全然寂しくないですが、この人がいなくなってしまったらちょっと寂しい。
アラン・ギルバートです。来期からはニューヨークフィルの常任になってしまいますが、ハンブルクにも変わらず来てもらいたいものです。
今日はフレンチ・プログラム。フレンチ物はあまり好きでなく、全く期待せずにたまたまチケットを頂いたので聞きに行ったというのが本当のところなのですが、驚いた事に最高に素晴らしい演奏会でした。フランス物に対する認識を改めなければ・・・。
ダフニスとクロエ、三つの夜想曲。共に合唱が入ります。歌詞は付かず、合唱は楽器としての位置付け。
CDで聞くと何となくモヤモヤ感があって好きでは無かったのですが、生で聞くと合唱の厚みがオケと一体になって、凄い迫力となります。久しぶりにコンサートで身震いしてしまいました。NDRもしっかりフランス物の音出してたしね。

中プロとなる、サロメは指揮とオケが全く遠慮せずに大音量で弾いてました。そりゃちょっとやりすぎだよ。笑
いくら、ソプラノが120%の音量で歌いきれるからと言っても、フル編成のオケでfffで弾かれたら掻き消されちゃいます。やりすぎっす。ちょっとソプラノさんが気の毒でした。



So, 29.03.2009 | 20 Uhr
Hamburg, Laeiszhalle

Einführungsveranstaltung mit Habakuk Traber um 19 Uhr.

Alan Gilbert Dirigent
Camilla Nylund Sopran
NDR Chor

MAURICE RAVEL
Daphnis und Chloé.
Suite Nr. 1
RICHARD STRAUSS
Tanz der sieben Schleier und Schlussgesang aus "Salome"
CLAUDE DEBUSSY
Trois Nocturnes
MAURICE RAVEL
Daphnis und Chloé.
Suite Nr. 2

[PR]
by isaogermany | 2009-03-30 06:35 |  北ドイツ放送響
久しぶりのオペラ。
会社の同僚に誘われて行って来ました。

うーん。中途半端な演出にメリハリの無い指揮。そして合唱が合ってない。
オペラの原曲も面白くなかったのかも。

ソロは良かったです。テノールのハイCが聞き所なんて言われてますが、どこでハイC歌ったのか分かりませんでした。技巧的な利き所というのにはあんまり興味がありません。

ちょっとだけ面白かったのがコスチューム。
軍隊のコスチュームが、山岳迷彩特殊部隊みたいな感じでやたらリアルでした。笑

28.3.2009
「連隊の娘」 ドニゼッティ。以上。
[PR]
by isaogermany | 2009-03-30 06:16 |  ハンブルク州立歌劇場
ご無沙汰しております。
不況になると忙しくなる仕事柄2月から目一杯忙しい状況が続いています。
頭から分かっていたことではありますが、今回の不況はやっぱり尋常じゃないみたい。とは言え、色んな業界の人の話や新聞を追って行くと、何となく出口も近いのではないか、そんな印象もあります。

と言う訳で、なんだかんだとストレスの多い今日この頃を反映してか、気付いてみたら去年から増やし始めた植物の鉢が大小合わせて16鉢にも増えていた。
アクアリウムにも水草沢山植えてかなりもさもさになっているので、緑の癒し効果はかなりものではないかと。
もともとこういうの好きなんだよなあ・・・。

さて、閑話休題じゃなくて本題。
ハンブルク州立で、マーラーの4番聴いてきました。指揮は我らがアイドル、シモーネ・ヤング。
ソプラノに Miah Persson (ミア・ペルション)を呼んでの公演でした。
テーマを天上の音楽として、ハイドン、メシアン、マーラーの作品の公演でした。
面白かったのがメシアンの「Couleurs de la cite celeste」(天国の色彩)
舞台入替中に異例の指揮者による解説がありました。音楽は全然天上って感じじゃないですと断りいれてました。笑
メシアンは難解過ぎるんですよね。確か昨年メシアンの誕生100周年で、今期は演奏機会が多いのですが、毎回、必ず何人か演奏の途中で席を立ってしまいます。正直なところ、つまらないと通り越して不快な音として感情に訴えてくる作品が多いんだと思います。
今回もスーパー・ビックリの不快な音楽でした。笑 これを見越してヤングは丁寧に説明してくれて、曲に興味を持ってもらおうと思ったのでしょう。けど、やっぱり(僕には)駄目でした。無理無理。

マーラー4番は、ヤングらしい密度の濃い演奏。ソプラノのペルションとの相性も良いようでした。
前回マーラー4番を聴いたのは確かギーレン/NDRで、かなり軽いタッチだったと記憶しています。その時とは対照的な演奏で楽しめました。彼女の場合、どんな曲を指揮してもヤング風になるとも言えるかな。今時、貴重な存在とも思えますね。

15.3.2008
Philharmoniker Hamburg

Dirigentin: Simone Young
Soprano: Miah Persson

Joseph Haydn: »Miseri noi, misera patria« Hob. XXIVa:7. Kantate für Sopran und Orchester
Olivier Messiaen: Couleurs de la cité céleste
Gustav Mahler: Sinfonie Nr. 4 G-Dur für Sopran-Solo und Orchester


[PR]
by isaogermany | 2009-03-16 06:52 |  ハンブルク州立歌劇場
「題名の無い音楽会」の司会者となってすっかり有名になった佐渡裕。
一年か二年に一度、Philharmoniker Hamburgに客演に来ています。始めて聞いたのは恐らく4年くらい前のコンサートで、メインがチャイコフスキーの「悲愴」だったのですが、その時彼のオーケストラ捌きの上手さに息を飲んだことを良く覚えています。
確か当時は、フィルハーモニカー・ハンブルクの常任指揮者がインゴ・メッツマッハーで、オケのバランスも何も考えず、ただうるさいだけの音楽にうんざりしていたのですが・・・
その同じオーケストラが、佐渡裕の手に掛かった時にギュット濃縮感のある引き締まった演奏に変わったのでした。おそらく金管楽器の調整が上手いんだと思います。

今回は、佐渡裕お得意のイベールに、生誕200周年で盛り上がっているメンデルスゾーンの4番「イタリア」です。
イベールのディベルティメントは、コケティッシュで面白い曲ですね。187CMある指揮者が、飛んだり跳ねたりしながら指揮してる。演奏後は、客席から笑い声が漏れてくるほどでした。笑
演奏も嫌味なく。ただ、北ドイツのオケにフランスの更にリズム物はちと厳しかったのか、ややノリについていけてない気もしたかな。

メインのイタリアは、いつ聞いても誰が振っても良い曲。金管楽器がやたらとしょぼい音を出してましたが許しちゃいましょう。

全体として楽しい演奏会でした。うん、満足。

9.2.2009

Dirigent: Yutaka Sado
Violin: Dmitry Sitkovetzky

Jacques Ibert
Divertissement

Henri Dutilleax
Violinekonzert "L'arbre des songes"

Felix Mendelssohn Brtholdy
Sinfonie Nr.4 A-dur "Italienische"

[PR]
by isaogermany | 2009-02-12 07:23 |  ハンブルク州立歌劇場
あっという間に一月も終ってしまいました。
一月最後の演奏会は、来期からNYフィルハーモニーの常任指揮者と決まっているアラン・ギルバートで、マーラーの3番「子供の魔法の角笛」。演奏時間が100分にもなり、CD持ってるにもかかわらず、いつも半分くらい聞いたところで断念してしまうので、通しで最後まで聞いたことがありません。苦笑
この日は、何故かデュッセルドルフが恋しくなって、近くの居酒屋でケルシュ・バーガーと名のついた(普通の)ハンバーガーとアルトビールを飲んでいたせいで、果たして演奏に集中できるかどうか・・・。

けど、アランの演奏でしっかりと目が覚めました。笑
決してオケを暴走させないコントロールで、終始粛々と指揮を進めるアラン。最後の最後まで、オケの最大音量の恐らく8割くらいに押さえていたんじゃないだろうか。神秘的な雰囲気のこの曲に一切荒々しさを感じさせない指揮ぶりのお陰で、個々の楽器の最大限に美しい響きが引き出されてたんじゃないかなと思います。

三楽章のポストホルン(ホルンの小さい版。O氏によるとトランペッターが吹くんだとか)。超難しいと言われてるけど、ほぼ完璧でした。聞いていてすがすがしい旋律・・・。

4楽章の少年合唱はもうちっと粒が揃うと良かったけれども、それでも第満足。「ビン・バン・ビン・バム」という、鐘の音に模した歌声が頭から離れません。笑

そしてCDではいつも辿りつかない終楽章。こんなに美しい曲だったとは、全く気付かず。笑

という訳で、演奏自体が物珍しい三番ではありますが、聴き所たっぷりで夢のようなひと時でありました。(多少アルコール入ってたせいもありますが。笑)

さて、二月は何聞こうかな。

Fr, 30.01.2009 | 20 Uhr
Hamburg, Laeiszhalle

Alan Gilbert Dirigent
Alexandra Petersamer Mezzosopran
Damen des NDR Chores
Knabenchor Hannover

GUSTAV MAHLER
Sinfonie Nr. 3 d-Moll


d0002958_7544320.jpg コンサートホール近くの居酒屋「Zum Gaensemarkt」の名物料理? ケルシュ・バーガーです。お値段安めでお腹一杯。デュッセルドルフとケルンのビール、アルトビアとケルシュを飲むことが出来るお店です。
[PR]
by isaogermany | 2009-02-02 07:06 |  北ドイツ放送響
今年一発目。楽しみにしていたブロムシュテットのオール・ブラームス・プロ

昨年、ブロムシュテットで聞いたメンデルスゾーンがあまりにも良かったので、楽しみにしていたのですが、今回はあきまへんでした。苦笑
彼は短調だと、変に肩に力が入っちゃうのかな。悲劇的序曲、交響曲三番と落着いて聴いてられない、忙しなく聞こえる演奏でした。
後半はロココの主題による変奏曲と大学祝典序曲。こちらは良かった。前回聞いた美しいアンサンブルも健在でした。ああ、このおじいちゃんには長調の曲をのんびりと指揮してたらいいんだなあと思った次第。
悲劇的序曲→交響曲三番→ロココ→大学祝典序曲 という曲順にもいささか疑問が残るのだけど、どうなんだろうか。

19.1.2009
ブロムシュテット・北ドイツ放送響

ブラームス
悲劇的序曲
交響曲第三番
ロココの主題による変奏曲
大学祝典序曲
[PR]
by isaogermany | 2009-01-26 09:12 |  北ドイツ放送響
d0002958_8274422.jpgNDR定期演奏会に行って来ました。
演奏旅行に合わせて曲目は、ポピュラーなものを2曲です。ベルリンから本格的な撮影団が来て、演奏風景を録画していました。恐らくDVD化されるのでは無いでしょうか?

1曲目はシューマンの交響曲1番「春」
これはハズレでした。ゆっくりとしたテンポなのだけれども、芯が無いもっさり感あふれる演奏で、眠くなってしまいました。苦笑 終演後の拍手も心なしか小さめ。みな同じ気持なのね。

そのもっさり感が2曲目の「英雄の生涯」では嘘のように消え去りました。テンポはやはりゆっくり目なんだけれども、オーケストレーションを無理に誇張しない演奏で渋さを演出してくれました。こちらの演奏には大満足。終演後もブラボーの嵐でした。
「英雄の生涯」はCD持ってなかったので、自宅に帰ってから早速アマゾンで注文。Thielemann/Wien Philharmoniker の名演。こちらも楽しみです。

今日は、当日券を買おうと窓口に並んでいたら、見知らぬ紳士がチケットただでくれました。1階の一番高い席です。折角なので素直に頂きました。ありがとう♪



14.11.2008

Christoph von Dohnányi Dirigent

ROBERT SCHUMANN
Sinfonie Nr. 1 B-Dur op. 38 "Frühlingssinfonie"
RICHARD STRAUSS
Ein Heldenleben op. 40

[PR]
by isaogermany | 2008-11-15 08:26 |  北ドイツ放送響
d0002958_872116.jpg待望のハンブルク州立オペラ、リングシリーズの第二弾です。
ヤング指揮でのワルキューレは、実は昔一度、ウィーン国立歌劇場で観劇したことがあります。パケット席の後ろに設けられた立見席で他の観客と押し合いへし合いしつつ感動してました。

今回のワルキューレは、果たしてどうだろうか。前回、ラインの黄金の時はやや元気の無いヤングとオケだったので、期待と不安が半々という気持で臨みました。

結果は大満足!! ヤングの最初から最後まで鬼気迫るような指揮ぶりに完全に引き込まれてしまいました。この演奏は間違いなく名演だと思います。ラインの黄金はCD化されたので、ワルキューレもおそらくCD化されるでしょう。発売されたら是非買いたい。

歌手陣も一流どころですね。
ブリュンヒルデのデボラ・ポラスキ。ヴォータンのファルク・ストラクマン。ジークムンドのシュチュアード・スケルトン、いずれも名演でした。 で今日一番良かったのはジークリンデ役のイボンヌ・ネフだったかな。いや、どこがどうと言われても具体的に言え無いのですが、とにかく良かった。ジークリンデの悲劇的な役どころが歌声に反映されていたとでも言えましょうか。

問題は演出。(ネタバレありです)
前回の「ラインの黄金」の時と同じClaus Guthによる演出です。おそらくリングは全て彼に演出によるのでしょうね。前回はポップでキュートでコミカルな演出でしたが、今回は一転してモノクロで暗いイメージの演出となりました。
Guthならもう一ひねりしても良いだろうとは思いましたが、これはこれで面白かったです。ブリュンヒルデの衣装はペンキ屋のおやじにしか見えませんでしたが・・・笑
ちなみに第三幕のヴァルハラは、舞台が廃墟となった病院で、戦乙女達は野戦病院の看護婦風でした。
最後、ブリュンヒルデが眠りに付く前に、病院の洗面台で歯磨いて顔洗って、オリーブ色の薄っぺらいシュラフに入って眠りに付きます。その後、その廃墟病院は(本当に)炎に包まれるのでした・・・。(自分で書いてて変ですが、文章にすると結構まともな演出なような気がしてきます。)

次回「ジークフリート」が楽しみです。ヤングはどう料理するのかなあ。

オフィシャル・ビデオがありました。気になる方は下記よりどうぞ。
http://www.hamburgische-staatsoper.de/_videos/walkuere_video.php


Die Walküre
9.11.2008
Hamburigische Staatsoper

Musikalische Leitung: Simone Young
Inszenierung: Claus Guth

Siegmund: Stuart Skelton
Hunding: Mikhail Petrenko
Wotan: Falk Struckmann
Sieglinde Yvonnne Neaf
Brünnhilde:Deborah Polaski
[PR]
by isaogermany | 2008-11-13 08:05 |  ハンブルク州立歌劇場
d0002958_3541422.jpg


前に一度行った事のあるハンブルクの近郊の街、Oetjendorfにある画廊で行われた室内楽コンサート。今回はシューベルトのピアノ五重奏「鱒」でした。
この曲、昔トライしたことがあったんだよなあ。全然物にはできなかったんだけれどもね。親しみやすいメロディにコントラバスがアクセントになっていて聞き惚れてしまいます。あっという間に終ってしまいました。
今回もハンブルク州立オペラのメンバーによる演奏で、みんな楽しそうな表情で弾いているのが印象的です。ああいいなあ、やっぱり僕も楽器弾きたいわ。

ギャラリーとしては、コンサートでたくさん人に来てもらい、展示作品をじっくり鑑賞してもらう事にしているみたいです。芸術家の作品もたっぷり堪能してきました。気軽に購入する価格では無かったですけれどね。笑
[PR]
by isaogermany | 2008-11-04 03:58 |  その他オケ/オペラ