ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:コンサート・ライブ ( 58 ) タグの人気記事

衝動的にチケット購入。この日が来るのを待ち焦がれたベルリンフィルの定期演奏会。
今年のスケジュールを最後に現役引退を表明しているブレンデルとラトルの共演です。
曲はモーツアルトのピアノ協奏曲27番とブラームスの交響曲1番。どちらも名曲中の名曲で楽しみで無い訳がありません。

ブレンデル実はコンサートで実演を聞くのは初めてです。ドイツではしょっちゅうコンサートをしていたのだから、もっと聴いておくべきでした。不覚なり。
評では中庸の表現などと言われているみたいだけれども、今日の演奏はさらに上。むしろ枯れた表現のモーツアルトと感想でした。もちろん良い意味で。淡々と弾きこなすブレンデルのピアノは、竜安寺で枯山水でも眺めているという感覚にさせてくれます。ラトルの伴奏は編成を小さくして、できるだけブレンデルに合わせたと姿勢は見えますが、それでもラトルの透明で瑞々しい演奏はブレンデルのピアノとは対照的でした。
ブレンデル引退かあ。知るのが遅すぎたなあ。。もうあと2-3回コンサート聞いてみたかったです。
これからCD探さなくちゃ。

そして注目のブラームス交響曲1番。
ブラームスほど指揮者によって表現がはっきりと変わる曲は無いんじゃないかと思ってます。
二週間前に聞いたばかりのティーレマンによる、ドイツ正統派とも言える重厚で重々しいブラームス。
弦の鳴りを全面に押出して、スケールの大きさを求めているかのようなドホナーニ。
意思の力とでも言うかのような、ガンガンと前に出てきてやや前のめり、よく言えばフルトベングラーを思い出せるようなヤング。
ブラームスに関しては意外と凡庸なギルバート。
と、ハンブルクで聞いたライブだけでも思い出すだけでぞくぞくします。
さらにCDから上げれば、
中音部までしっかり鳴らす輪郭のはっきりしたゴシック建築のような朝比奈。
早いテンポと冷徹な表現で、ぞくぞくさせてくれたムラヴィンスキー。
やんちゃなバーンスタイン(笑) などなど。。ブラームスほど、分りやすく一般大衆に語りかけてくれる曲は無いのでは無いでしょうか?

で、今回のラトルのブラームス。
一言で言えば爽やかでした。笑 ティーレマンのような重々しい雰囲気は一切無く、最初から晴れ渡る青空に、そよ風が舞うかの様な優しいブラームス。テンポが速いと言うのではなく、透明感を追求したかのような演奏でした。これが、ラトル・サウンドなのか・・・。前回三年前にラトルで、カルミナ・ブラーナを聞いたときは分らなかったけれども、今回の古典~ロマン派の曲を聴いてはっきりと思い知りました。
ラトルが、純ドイツ物の指揮者としては、いまいち評価が高く無いというのも、この引っ掛りの無いライトな表現が災いしているのでしょうね。とは言えこれは、好き嫌いの問題でしょう。僕はティーレマンやヤングのようなコテコテのブラームスの方が好きですが、ラトルのブラームスもたくさんの選択肢の一つとしてありかなと思いました。実際、終演後はブラボーの嵐でしたからね。

一曲残った前プロのハイドン92番。
ラトルの指揮ぶりが面白かった。名人芸をじっと見てましたが、この手の曲になるとわざわざテンポ刻む必要が無いんですね。要所要所でアインザッツ入れるくらいで、あとはパフォーマンスのような指揮ぶりでした。で、この曲が一番ラトルの瑞々しさにマッチしていた見たいで気持良く聞くことが出来ました。

いや、楽しかった。
年に一度くらいベルリンで音楽三昧できるといいなあ、なんて思ったりして。

1.11.2008

Berliner Philharmoniker
Dirigent: Sir Simon Rattle
Klavier: Arfred Brendel

Joseph Haydn
Symphonie Nr. 92 G-Dur Oxford

Wolfgang Amadeus Mozart
Klavierkonzert Nr. 24 C-moll KV491

Johannes Brahms
Symonohie Nr.1 C-Moll Op.68

[PR]
by isaogermany | 2008-11-03 07:11 |  その他オケ/オペラ

メシアン、最晩年(1992作)「閃光の彼方」。
もう無茶苦茶素晴らしい曲だと思うけれども、会社帰りに聴く音楽ではありません。いや、仕事抜け出して聞く曲ではなかった。否応なく聞く側に極度の集中度を要させる曲です。滅多に聞ける局では無いので貴重な経験になりました。生メシアン、、、すごいです。

前半のバーバーのオルガン曲も良かった。さらにソリストのIvetaがアンコールも弾いてくれ大満足。6声の素晴らしさを堪能させてもらいました。

ヤングは再びオケを掌握したなという印象です。

27.10.2008
Dirigent: Simone Young
Orgel: Iveta Apkalna

Samuel Barber
Toccata Festiva Op36 für Orgel und Orchestra

Olivier Messian
Eclairs sur I'Au-dera(閃光の彼方)


[PR]
by isaogermany | 2008-10-28 09:33 |  ハンブルク州立歌劇場
待ちに待ったティーレマンのハンブルク公演。
曲目もオールドイツプログラムで気合の入り用が伺われます。
一曲目 ドンファン。冒頭でまたフラッシュ焚く不届き者が!! ブチっと切れてしまい音楽に集中できず。泣
2曲目 死と変容。プロオケでの生演奏は初めてですが、この曲は凄い!いやティーレマンが凄いのか!?死変ってこんなに奥深い曲だったのか。なんか背筋がブルブルッと震えるようなハーモニーを幾度となく聞かされてしまいました。早くもティーレマンの実力を実感しました。
そしてメイン。ブラームスの一番。この曲でティーレマンの冷静さも否応無く実感。曲も演奏も熱くて力強くて、これぞドイツ!!という演奏なのですが、各所にティーレマンの意思と意図が働いていたという印象です。木管は歌わせすぎない。金管はバランス崩れるギリギリまで鳴り響かせるも一線は決して越えない。そして弦ピアニッシモの繊細さ・・・うー泣かせます。
こんなに興奮した演奏会は久しぶりだなぁ。ブラボーの響き方もいつものコンサートとは比較になりません。ハンブルク市民もこんなに熱くなるなんて。
そして畳み掛けるようにアンコール。なんとワグナーのマイスタージンガー前奏曲でした。
興奮うずくハンブルク・ライスハレ。ティーレマンありがとう。あなたは間違いなくホンマもんです。ミュンヘン市民が羨ましい。


13.10.2008
Münchner Philharmoniker
Dirigent: Christian Thielemann

Richart Strauss
Don Juan, Tondichtung op.20

Tod und Verklärung, Tondichtung op.24

Johannes Brahms
Sinfonie Nr.1 C-moll op.68

[PR]
by isaogermany | 2008-10-15 07:22 |  その他オケ/オペラ
コンサート旅行二日目は、ドレスデンでオペラをと考えてましたがチケット取り損ねて敢無く計画変更。ベルリンまで北上してベルリン・フィルを聞くことにしました。

アルプス交響曲は、R・シュトラウスの大曲です。ビシュコフは今はWDRの首席指揮者。もう何年もその座に居る事を鑑みるとそれなりに評価されているのでしょう。シュトラウスも得意と聞いていたので楽しみです。

前プロは例によって現代曲。まだ若干48歳の作曲家Detlev Glanertの2005年の曲を2007年に改作した作品。初演はBBC交響楽団です。ベルリンフィルで再演されるということは、それなりに世間的な評価も勝ち得ているということだと思います。
で、感想は・・・ビシュコフにぴったり!
ありとあらゆる楽器をフォルティッシモで鳴らしまくると言う、ある意味子供じみた曲なのですが・・・ピアノやオルガンまで総動員してやると迫力が違いますね。ジャーン!!とピアノの鍵盤全てを叩いた時にでてくる音、あれをベルリンフィルのオルガンでやるのだからすごいです。オルガンの下に座ってる聴衆は大丈夫だったのでしょうか?笑 コンサートホールで聞く限りは迫力あって面白い曲だと思いました。

メインのアルプス交響曲。これもビシュコフの大爆演が印象に残りました。
CDで聴くのと全く違いますね。もっとも旬な大爆演曲が上記のGlanertだとすれば、約100年前の大爆演曲がこのアルプス交響曲にあたるのかもしれません。楽器編成も似ているので、プログラムを組んだ人が意図しているのは間違いないと思われます。
シュトラウスのオーケストレーションは面白いですね。カウベルやトライアングル、あと嵐を表現する不思議な装置(あれは何?)に、バリバリバリという音をさせるための薄い金属板。それにオルガンも加わってアルプスの壮大な景色を紡ぎ上げて生きます。
ところが音の大きさに圧倒されてしまって、演奏の中身はと言えば???でした。 当たり前の如くオケは上手いし、三半規管が狂うかと思うほどの大音量に身を浸す幸せはありましたが、心に残る演奏かと問われれば、「否」という返事になるでしょうね。

久しぶりのベルリンフィルでしたが、この演奏会を聞いた限りでは、「うん、NDR決して負けてないよ。」と思いました。郷土愛に目覚めた瞬間とでも申しましょうか。笑


4.10.2008
Berliner Philharmoniker
Dirigent: Seryon Bychkov

Detlev Glanert (geb. 1960)
Theatrum besitiarium

Richart Strauss
Eine Alpensinfonie op.64


最後に、ベルリンフィルの聴衆のマナーは悲惨ですね。おそらくクラシックのコンサートなど殆ど興味の無い観光客がたくさん聴きにきているのでしょう。後部座席に座ってる連中が、演奏中にフラッシュを炊いて写真撮ってました。それもなんと3回も!!一人は、アジア人のお兄ちゃん(日本人でない事を祈ります)。残り二人は国籍不明のおばちゃんでした。こればかりは許せません。何とかならないのでしょうか・・・。
[PR]
by isaogermany | 2008-10-06 09:04 |  その他オケ/オペラ
d0002958_7362865.jpgドイツは金曜日から久しぶりの三連休でした。で、今回は、会社の友人達とプチ・コンサート旅行に行って来ました。初日は、ライプチッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団。
シャイーもゲヴァントハウスも初体験でしたので、ワクワクです。ブロムシュテット/マズアの時代からの渋い東ドイツ系オーケストラは健在なのか。

前プロは同楽団委託作品の初初演。作曲者はHans Werner Henzeという今年82歳になるおじいちゃんです。けど内容はシッカリ現代曲。カルミナブラーナのように、プリミティブなリズムを全面に出してくる曲で普通に聴く事ができました。

で、休憩挟んで目当てのベートーベン3番。
最初から飛ばしまくりのハイテンポで終始圧倒されてしまいました。
けどカラヤンのようなスマートな演奏というのではなく、時には弦の生の音がガリガリと聞こえてくる「か」のような荒々しさを感じさせてくれる演奏です。在りし日のアーノンクールに似ているとも言えるかも知れません。これがゲヴァントハウスの音なのか・・・と妙に納得させられてしまう演奏でした。弦も木管楽器も総じて音が渋くて燻し銀のようなイメージです。シャイーの指揮と相まって、旧東の個性は健在と言えそうです。
また機会があれば聴いて見たい、そんな気持にさせてくれる演奏会でした。

帰りにコンサート・ホールに併設されているCDショップでヴィオラのCDを見つけてしまった!!
Corona Classic Collection(CCC)という、おそらく今はすでに無きマイナーレーベルで、投売り一枚5EURでした。今度レポートします。

3.10.2008
Gewandhausorchester
Dirigent: Riccardo Chailly

W.A.Mozart: Maurerische Trauermusik
Hans Werner Henze: Elogium Musicum für gemischeten Chor und Orchestra
L.v.Beethoven:Sinfonie Nr.3 Es-Dur op 55

[PR]
by isaogermany | 2008-10-06 08:19 |  その他オケ/オペラ
d0002958_2347164.jpg


今週は 日曜日、木曜日、金曜日とひたすらコンサートに足を運ぶ週となりました。今日は、再びドホナーニの指揮によるNDRの定期演奏会。定期演奏会としてはとても珍しく、前プロ、中プロ、メインと全て19世紀の作曲家によるゴールデン・プログラムでした!!

前プロはベートーベンの「エグモント序曲」。例によってフル編成のオーケストラですが、弦楽器をシッカリと締めた演奏は筋肉質でカッコイイ!! 久しぶりに大満足の予感が・・・。

で、今回の白眉はPeter Frank ZimmermannのバイオリンによるシベリウスのVN協奏曲。Zimmermannは、ドイツ出身の男性ソリストで40代半ば。脂の乗り切った年齢というところでしょうか。余計な色付けの少ない透明感のある演奏で定評があります。かつてクライスラーが所有していたと言う1711年製のストラディバリウスにも興味あり。
演奏は素晴らしいの一言。上記の解説から無味無臭の演奏とのイメージを持っていましたが、違いますね。逆に女性ソリストにありがちな変にメランコリックな表現が無く、とても男性的で意志の力を感じるような演奏でした。そんな彼にシベリウスはぴったりなのでしょう。刃物のようなキレキレの演奏が、寒いフィンランドの大地を夢想させてくれました。

メインのブラームスの交響曲第二番。
同じオケ、同じ指揮者で同じ曲を去年聞きました。最近のドホナーニは色々と表現の実験をしているようにも思えるので、その違いはどんなものだろうかと楽しみにしていました。(前回の演奏を鮮明に覚えているわけではありませんが)
一楽章、四楽章が、非常に遅いテンポで目一杯歌わせている感じ。ただし音は引き締まるというよりは、拡散させているような表現だった。逆に中間楽章は、すこしテンポを戻してやや締めたような音楽だと思いました。ドホナーニの指揮は分りづらいのか、急激にテンポを変えているからか、今回も4楽章でアンサンブルが一瞬崩れたのが少し残念だったかな。とは、言え弦を目一杯引き込ませて、その上で金管を押さえることができるようになったドホナーニは以前よりも安定感があることは確か。ちょこっとだけ朝比奈とかを思い出しました。
今後とも楽しませてください。

19.9.2008

NDR Sinfonieorchester
Dirigent: Christoph von Dohnanyi
Violine: Frank Peter Zimmermann

L.v.Beethoven: Ouvrtüre zu Egmont
J. Siberius: Konzert für Violine und Orchestra d-moll
J.Brahms: Sinfonie Nr.2 D-dur


[PR]
by isaogermany | 2008-09-21 00:17 |  北ドイツ放送響
招待チケットを頂いたので、ハンブルガー・カメラータの定期演奏会に初めて行って来ました。このオケは小規模の室内オーケストラで古典音楽を中心にコンサートを開いています。今回の曲目は、モーツアルトの「イドメネオ」で市原愛のソプラノによるアリアとコンサート。後半はR・シュトラウスの「町人貴族」。どうもシュトラウスの中でもかなりレアな部類の曲のようです。

舞台に出てきた市原愛は、小柄ですがビックリするほどの美人さんで舞台映えのする歌手でした。まだ20代なんですね。その外見からくる印象とは裏腹に、歌声はしっとりとして深みのある大人の声。実力十分です。今後、活躍の場が飛躍的に広がるのでしょうね。

後半の「町人貴族」組曲。ドイツ語の朗読付きの喜歌劇で滅多に聞くチャンスは無いかも。僕も初聴です。終始たくみな朗読の前に、ドイツ人の笑い声が絶えない特異な演奏会となりました。シュトラウスも目一杯脱力して書いたであろうこの曲、音楽的にどうこうということではないけれども、楽しく聞く事ができました。


18.9.2008
»Bürger und Edelmann«

Hamburger Camerata
Dirigent: Max Pommer
Ai Ichihara, Sopran
Alexander Geringas, Sprecher

Wolfgang Amadeus Mozart: Ballettmusik zur Oper »Idomeneo« KV 367 • Arien für Sopran aus »Idomeneo«
Richard Strauss: »Le Bourgeois Gentilhomme« op. 60 - Musikalische Komödie nach Molière mit Texten von Hugo von Hofmannsthal

[PR]
by isaogermany | 2008-09-19 06:30 |  その他オケ/オペラ
夏の休暇が終って、なんだかんだと日常に追われているいたのですが、DJKさんのBlogのコメントを見て思い出しました。
ハンブルクでも秋の音楽シーズンが始まるぞ!!

という訳で北ドイツ放送響2008/2009シーズンの第一発目、ドホナーニの指揮で、シュニトケのチェロ協奏曲とシューベルトのザ・グレートを聞いてきました。

シュニトケはロシアの作曲家ですが、晩年はハンブルクに移住。我が町の現代作曲家として市民に(おそらく)愛されています。今回は没後10周年を記念してのチェロコンでした。奇妙なチェロの旋律で始まり、終始ドラの重い音色が楽曲を支配するような現代曲。正直なところ、以前は毛嫌いしていたのですが、意外と聞けます。NDRの訳の分らない現代曲で、聞き終わったら1分で忘れてしまうような曲をたくさん聴いてきた身としては、シュニトケがまともな音楽に聞こえる!!「思えば遠くに来たものだ。」としみじみ感じてしまいました。
Wikiなんかで調べて見るとますます興味が。ショスタコの次はシュニトケ行って見ようかななんて思いました。

メインはシューベルトの8番。「未完成」ではなくて「ザ・グレート」です。以前は9番と言われてましたよね。紛らわしいので、コロコロと呼び名を変えるのは止めて欲しいなあと思う次第。弦8プルにオリジナルの管という、いつもの如く弦楽器だけ肥大した編成です。
鷹揚とした曲のイメージを損なわずに指揮進めていくド・ホナーニ。今までのドホナーニでいつも我慢できなかったのは、金管をMAXで吹かせて、それに無理やり弦の音量を合わさせようとする音作り。結局バランスを崩して聞くに堪えないということが良くありました。
ところが最近はそんな事も無いようです。今回もHrやTbの抑揚の効いた響きが心地よい。これと言ったサプライズのある演奏ではなかったですが、安心してコンサートを楽しむことが出来ました。今週の金曜日にもシベコン+ブラ2のコンサートがあります。チケット取れたら行ってこようかな。

※ドホナーニ、3年前に比べて驚く程痩せてしまいました。大丈夫なのだろうか?


Christoph von Dohnányi Dirigent
David Geringas Violoncello


ALFRED SCHNITTKE
Konzert für Violoncello und Orchester Nr. 1
FRANZ SCHUBERT
Sinfonie Nr. 8 C-Dur D 944 "Große C-Dur"

[PR]
by isaogermany | 2008-09-16 05:41 |  北ドイツ放送響
こんばんは。ご無沙汰しています。
今、ヨーロッパはサッカーの欧州選手権で盛り上がってます。Isaogermanyはそもそもサッカーにはホトンド興味が無かったのですが、今回は嵌ってしまいました。仕事終って、家に帰って、料理して、サッカー見て寝るという生活が続いてます。で、ブログもサボり気味になっちゃってます。汗

今日は日曜日。かねてからお誘いのあった、ギャラリーでのコンサートに行ってきました。
場所は、ハンブルク近郊の田舎の家を改築したアートギャラリー。ギャラリーの周りは小麦畑と、羊の放牧場というなんとも牧歌的な環境にあるギャラリーで非常に興味深い。

今回はチェロとピアノのソナタ集でした。
グリーグ、ストラヴィンスキー、フランクと、僕の好きなロマンティック系チェロソナタを2時間たっぷり聴かせてもらいました。本当に感動。ハンブルク州立オペラのメンバーであるSさんのテクニックと、力強い表現力に圧倒されました。

会場もおそらく100人以上入ったと思います。聴衆のレベルも高くて、お金の使い方も知っているなぁと彼らにも感心してしまいました。

次は11月2日。今度はバイオリンのコンサートになるようです。これも今から楽しみ♪
[PR]
by isaogermany | 2008-06-23 05:48 |  その他オケ/オペラ
待ちに待ったハンブルクでの指輪公演が遂に始まりました。
2004年にハンブルクに来てから実に丸4年。今年もまだか 今年もまだか、待って遂にその日がやってきました。もちろん指揮は我らがハンブルクのジモーネ・ヤング。演出はモダンながらも、お洒落な統一感のある舞台で評判のいい、Claus Guss。
2006年にはザルツブルク音楽祭でフィガロとドン・ジョバンニを演出して喝采を浴びてます。ハンブルクでも2005年の秋にシモンボッカネルラを演出して大評判に。これは僕も見ましたが、ハンブルクで見たオペラの中でも一1・2を争う素晴らしい出来の演出で、大枚叩いても見に行く価値のある舞台でした。

そんな指揮者と演出の組合せ、しかもリング4部作の最初の一作となれば、いやがおうにも期待は膨れ上がります。


で、結果から言うと
「サクサクッと軽い歯応えのポップでキュートなワーグナー」となっておりました・・・。

ライン川の水の乙女は、ピンクのパジャマを着て、ベッドの上で飛び跳ねてる3人娘。歌い手も可愛らしい歌手を集めています。

神々の長ヴォータンを初めとする神々は、1950年代風上流階級のおじさんおばさんおじょうさん。槍とか持ってません。てかその辺の役所の事務員さんみたいなですヴォータン。倉庫みたいなところで、箱庭を作ってます。これが巨人達が作るお城なんだね。その巨人は、まさしくチンピラそのもの!首からゴールドチェーンをぶら下げていて、今からラップでも歌いだしそうな雰囲気。役者もデカイのを揃えてきてます。笑

で、極めつけが火の神ローゲ。マギー四郎がそこにいました。笑

舞台設定は微妙とは言え、舞台そのものはとても美しく、歌手と言うよりも役者を揃えた感のある人選も悪くは無かったんだけれどもね。「ラインの黄金」ってこんなに軽くてよかったのかな?
僕の目にはほとんどコメディのように見えてしまったけど。

ビジュアル面優先の演出を見越してなのか、単に自分が視覚的な潜入感に影響されていたのかもしれないけれど、ここでのヤングの演奏はそれほど鬼気迫るようなものでは無かったなぁ。
スピーカー使った音の演出なんかも鑑みると、どうも主導権を演出側に握られたというイメージの指輪でした。

とは言え、来年以降も「ワルキューレ」「ジークフリード」「神々の黄昏」と新演出での上演が待ってるはず。一作目は意表を衝かれたけれども、今後どういう風に物語演出が転んでいくのか、大いに期待しつつ次のワルキューレを楽しみにしています。

27.3.2008
「Das Rheingold」
Musikleitung: Simone Young
Inszenierung: Claus Guss
[PR]
by isaogermany | 2008-03-31 05:58 |  ハンブルク州立歌劇場