ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:コンサート・ライブ ( 58 ) タグの人気記事

楽しみにしていたギルバート指揮、バティアシュビリの演奏会。

バイオリニストの Lisa Batiashvili はグルジア出身の若手の有望株。検索してもホトンド出てこないことから、日本ではまだあまり名が知られていないようですが、日本音楽財団から1709年製のストラディバリウスを借り受けて演奏しています。ヘルシンキの音楽コンクールで賞を取ってるからでしょうか。今回はシベリウスのVnコンチェルト。Vnコンチェルトの中でももっとも好きな曲の一つですが、今まで生演奏では聞いたことが無かったのです。バティアシュビリは初めてですが、NDR、ギルバート、ストラディバリウスと言う大三元の組合せに興奮せざるを得ません。

で、演奏。
バティアシュビリの演奏はとにかく見栄えがして面白い。大きな体を目一杯動かして引くその姿は、ヴィルトゥオーゾとして申し分の無いものでした。技術も十分、ストラディバリウスは低弦の音の豊かさに驚かされました。ただし表現はややモデラート。ギルバートの伴奏もやや温かみのあるもので極寒のフィンランドというイメージではなかったかな。
それでも、素晴らしかったです。好きな音楽に酔った至福のひと時ですわ。

メインのシューマン3番「ライン」は、ギルバートの暖かさが良い方に発揮された一曲。やっぱりNDRの管楽器上手いよなぁ。これも至福のひと時でした。
さらに、バティシュビリがアンコールをしなかったのを気にしてか、ギルバートがメインの後に一曲アンコールを引いてくれました。そんなギルバートのサービス精神にも心を温められて帰ってきました。笑

ちなみに 前プロのLinderbergはまだ生きてる現代作曲家ですが良かったです。旋律とリズムがある音楽には救われます。笑

24.2.2008
NDR Sinfonieorchestra
Dirigent: Alan Gilbert
VN:Lisa Batiashvili

Magnus Linderberg
Arena

J. Sibelius
Vn Konzert d-moll

Robert Schumann
Sinfonie Nr.3 Es-dur "Rheinische"

[PR]
by isaogermany | 2008-02-26 08:33 |  北ドイツ放送響
Isaogermany です。
忙しいのか遊んでばっかりなのかなんとも言えないのですが、どうも体調維持に失敗しています。気合入れなおさなければ・・・。

月曜日はいつものヤングでのコンサート。
オール・シューマン という好きな人にはたまらないプログラムでした。日曜日の夜、階上のオヤジが夜中奇声を上げていたため眠れなかったダメージが響いて、やや意識朦朧とした中でのコンサート。ああヤングちょっとというかすげえ太ったなぁ。。などとボオッと考えながら聞いてました。
シューマンの交響曲は、僕のような素人が聞いても曲の構成が明快で、安定して聞けますよね。聞いているとずっと旋律って感じがするのも面白いです。まあゆえに飽きがくるんでしょうけれども。ヤングの式振りは相変らずかっこよかったです。ただ今回はややタガが外れているというか、いつものようなピリピリとするような緊張がなかったかもしれません。

管楽器、特にボーン、ペットあたりに緊張感が無いと言うか、カスカスの音を聞かされてちょっとがっくりだったかな。木管もやや固い。次回に期待です。
ピアノコンチェルト…すいません意識朦朧としすぎて覚えてません。

翌日のオペラは、チケット買ったにも関わらずキャンセルすることにしました。週末でまた体調整えます♪

11.2.2008
Philharmoniker Hamburg
Dirigent: Simone Young

R.Schuman
Sinfonie Nr.1 Nr.2 Klavierkonzert


PS最近やたらと記事の投稿に失敗するのだが、エキサイトまた何かやらかしてるのかな?
[PR]
by isaogermany | 2008-02-14 06:40 |  ハンブルク州立歌劇場
12月後半から、帰省だ仕事だ飲み会だと色々あってあんまり行けてなかったコンサート。
1月後半からすこしづつエンジンが掛かってきました。

今日はNDRの特別コンサート。なかなか聞く機会の無いバルトークのオペラを演奏会形式で上演するということで行ってきました。普段ぼろくそ言ってるドホナーニですが、彼はハンガリー系ドイツ人ということで同じハンガリーの作曲家であるバルトークをどう指揮するのか楽しみにしてました。
公演時間ギリギリにチケット買いに行ったら、おばさんからチケットただで貰っちゃった。無料招待券が出回ってたようです。席も一階パケット席のど真ん中でラッキーです。おばさんありがとね。

で、肝心のコンサート。これが素晴らしかった。歌手はメゾソプラノとバリトンの二人だけに対し、バックはフルオケ。ドホナーニも思いっきり音鳴らせて迫力満点。笑 この作品は舞台が無くても情景が簡単にイメージできるので、オペラハウスで上演するよりもコンサートホールの方が適してるかもしれません。その完全武装のNDRに対して、Mathias Goerne が不気味な青髭公を演じ、女の子役のメゾソプラノのZvonne Naef が金切り声に近いような叫びで恐怖感を演出してました。
バルトーク初期の作品ということで、小難しい解釈も必要とせず純粋に音楽を楽しむことができました。

ドホナーニのコンサートでは、久しぶりの大ヒットだったな。かなり昔に、ストラビンスキーを聞いて以来だな、ドホナーニを手放しで誉めるのは。 前プロのハイドンも初見でしたが

8.2.2008
NDR Sinfonieorchester
Dirigent:Christoph von Dohnanyi
Bariton: Matthias Goerne
Soprano: Yvonne Naef

J.Hydon: Sinfonie A Dur Nr.64
B.Bartok: Herzog Blaubarts Burg

[PR]
by isaogermany | 2008-02-09 08:55 |  北ドイツ放送響
2007年のコンサート締めくくりとして、ハンブルク州立歌劇場でタンホイザー聞いてきました。
ワーグナーのオペラの中でも人気作品ですよね。一度聞くと何度も何度もあの渋いタンホイザーの主題(前奏曲で有名)が頭の中を駆け巡ります。

さぞかしカッコイイオペラだと思うと大間違いで、タンホイザーは酒池肉林の性欲と貞淑な奥様への愛との間で揺れ動くやや頼りない男のお話となります。

このオペラ、パリ版とドレスデン版というものがあり、パリ版はオペラの冒頭にややエロティックなバレエがあることで有名です。さて冒頭はどんな感じになるだろうなぁとやや期待を幕開けを待っていると・・・。
そこに出てきたのは、ボンテージ衣装に身を包んだ男と女。なんか昔たけちゃんマン(古い!)に出てきたブラックデビルみたいな洋装です。しかもバレリーナじゃなくて歌手陣だ!随分でこぼこが目立ちます・・・。しかも体張ってる!というか裸になってる。挙句にはダッチワイフと戯れ、鞭でビシバシやってます。そんな酒池肉林の図。いやエロティシズムは嫌いじゃないんですよ。むしろウェルカムな人間なのですが、それにしても品が無さには唖然としてしまいました。
あとで配役表を見てみたらこの演出は1990年初演とのこと。なるほどな、バブル崩壊前後の喧騒を何となく表現してるなとも言えなくも無いかも。

衝撃的なバレエのあとは到って常識的な演出で、安心して歌とオケにのめりこむことが出来ました。歌手陣では今日は代役で出ていた Elisabeth役のBarbara Haveman と Wolfram役のJan Buchwaldが 完全に Tannhaeuser役のJohn Treleavenを喰っていたという印象。特に Barbaraはネットで調べる限りまだマイナーな存在のようですが、これから名が売れてくるんじゃないかと思います。
そしてPeter Schneider 棒振りがまた良かった。抑揚の効いた式振りで盛り上げるところでも熱くなりすぎること無く、深い充実感を得られるタイプですね。90年半ばにバイロイトで振ったこともあるワーグナーのスペシャリストだけのことはあります。どうも年に一作はハンブルクで振っているようなので来年もまたチャンスがあれば行きたいな。

16.12.2007
Tannhäuser Richard Wagner
Musikalische Leitung: Peter Schneider
Inszenierung: Harry Kupfer

Tannhäuser: John Treleaven
Wolfram von Eschenbach: Jan Buchwald
Elisabeth: Barbara Haveman
Venus: Tichina Vaughn
[PR]
by isaogermany | 2007-12-18 07:45 |  ハンブルク州立歌劇場
もう一週間も時間が経ってしまったけれども先週の金曜日のNDRの定期。
大好きな作曲家、ブルックナーの中でもとりわけ好きな曲である交響曲第八番。最近僕とドホナーニとの相性はとことん悪くて、ほとんど感動できるような演奏に当ってないんだけれども、最近良くなったという話も耳にしていたので勇んで行ってきました。

結果としては、うーむ。良い悪いは別として僕はやっぱりドホナーニとは合わないみたい。演奏後に沢山の拍手とブラボーの声を背にしつつ、ぶつくさ言いながら会場を後にしました。

なんだろうなぁ、抽象的な言い方だけれども、ブルックナーの音楽には神聖的なものとか神々しい響きというものが必要だと思うんだよね。聴いてるだけで涙してしまうようなそんなブルックナーを聴きたいです。この日のドホナーニの演奏はホントもううるさいだけで、逆の意味で涙ものでした。

ちなみにブルックナーに関してはヤングもかなり個性的で、ちょっと攻撃的な感じがします。若いヴァントの演奏がそんな感じだったなぁ。CDで好きなのは、まずなんと言ってもクナッパーブッシュ、その次にシューリヒト。あとちょっとマイナーだけれどもハインツ・レーグナーも素晴らしい。ヴァントの最晩年の録音も神がかってました。こういう人の演奏ってもう聴けないのかな・・・。同じようなタイプの指揮者が出てきてくれると嬉しいんだけれども。

6.12.2007
NDR Sinfonieorchestra
Christoph von Dohonany

Anton Bruckner
Sinfonie Nr. 8

[PR]
by isaogermany | 2007-12-16 07:02 |  北ドイツ放送響
d0002958_68692.jpg


今回の旅行の目的は第一にガウディを見ること。第二にスペイン料理を堪能することにあったので、コンサートやオペラは全くチェックしていませんでした。ラテン諸国でのオペラはチケットが取りにくい(特にイタリア)ので、まあ無理して見る必要も無いかと考えてたわけです。
ところが、今回チェックインしたホテルのすぐ近くにオペラ劇場があったんですね。どれどれと思って演目を調べて見ると、あのヴェルディのアイーダ!!ドイツでは、スーパーオペラとか言われて、アリーナなんかで過剰演出でなされるものが多く、逆に普通のオペラハウスではなかなか見ることができません。これは是非見てみたいと思って、当日券カウンターに行ってみたらまだチケット残ってるとのこと。早速手に入れて乗り込んで見ました。

いや素晴らしかった。
リセウ大劇場 Tatro del Liceu は、イタリアのスカラ座と並んでラテン諸国を代表するオペラハウスで、三大テノールで有名な、ホセ・カレーラスのデビューもこの歌劇場でされたらしい。

まず、それぞれのソロが素晴らしい。予習も何も無いので誰が何を歌ったのか和歌ラインだけれども、ホールの大きさを加味してもその声量は天井桟敷の上の上まで十分届くだろうと思われたし、声質にも張りがあって楽しめました。さすがカレーラスを育てた劇場。ソリストのレベルの高さは折り紙付きなんでしょうね。

そして、アイーダと言えば、第二幕の凱旋式。ソロあり、バレーあり、そして極めつけの200人くらいはいるんじゃないかと思う合唱団に圧倒されてしまいました。ドイツオペラとは種類の違うエンターテイメント要素一杯オペラです。指揮がどうだ、オケがどうだと小難しいこと言う以前に、とにかく楽しい。回りのスペイン人のおばちゃんたちも大喜びでした。笑

オケと指揮は逆にとっても大人しい印象。あくまで主役は歌手陣やダンサーであってオケは伴奏に過ぎないのだという姿勢を貫いていたように思います。つい先週シュトラウスを聞いて着たばかりだったので対照的でした。

棚から牡丹餅的な幸運でしたが、バルセロナの夜を十分堪能することができました。旅行中でカメラ持ってたこともあり、カーテンコールをパチリ♪

2.12.2007
Gran Teatro del Liceu

Giuseppe Verdi
"AIDA"

Daniele Callegari, Jose Antonio Gutierrez, Josep Mestres

Fiorenzy Cedolins, Micaela Carosi, Hasmik Papian, Norma Fatini, Elisabetta Fiorillio, Doloza Zahjick, Larissa Diadkova,,,,

[PR]
by isaogermany | 2007-12-16 06:38 |  07/Dec バルセロナ
先週行った「薔薇の騎士」がとっても良かったので、ついでに勢いで聞いてしまえ!と言うことで同じくヤング指揮で「エレクトラ」を聞いてきました。で、結論から言うと「薔薇の騎士」に輪を掛けて素晴らしかったです。今まで歌手陣にはホトンド興味が無かったのですが(声量でしか良し悪しを判断できない)、今回ハンブルクでおそらく初めて、主役級の歌手人が「全員」素晴らしくて度肝を抜かれてしまいました。今までも あの歌手はいい、この歌手はいまいちなどとやっていたのですが、今回は全員があのシュトラウスの重量級オケに負けない迫力で歌ってまして、ちょっと興味がわいてきました。
ちなみに歌手は下記のとおりだったのですが、有名な方なんでしょうか?もし、ご存知でしたら教えてください。

エレクトラ役:デボラ ポラスキ(Deborah Polaski)
クリソテミス役:ジルバーナ デュスマン(Silvana Dussmann)
クリテムネストラ役:ハナ シュバルツ(Hanna Schwarz)
オレスト役:フランツ グルントヘーバー(Franz Grundheber)

2時間弱の一幕物というのも一因だと思いますが、みんな声の通りが半端なかったです。特に主人公のデボラは印象的でした。彼女のことは忘れないだろうなぁ。

もちろんヤングの指揮もいつもの通り、オケも良かったけれども、しかしこの曲難しいですね・・・。ちょっと付いて来ていないと思われる部分もあったかな。まあ連日あのスケジュールではやっぱりメンバーも大変なんだろうなぁと察してしまいます。

演出は古典もの。確認してないけれどもかなり古いものだと思います。ちょっと舞台が暗すぎて、どんな衣装着てるのかも良く分りませんでしたが、カーテンコールで見たらみんな素敵な服着てました。ちょっともったいないな。笑

明日からバルセロナです。結局ホテル予約してないんだよな・・・。

30.11.2007
Hamburgische Staatsoper
Musikleitung: Simone Young
Inszenierung:August Everding

Richart Strauss
"Elektra"

[PR]
by isaogermany | 2007-12-01 08:37 |  ハンブルク州立歌劇場
待ちに待ってたハンブルク州立歌劇場でのR・シュトラウス「薔薇の騎士」。
早速行ってきました。思えば3年前、2004年の3月に引越してきて、最初にハンブルクで聞いたのが「薔薇の騎士」でした。当時はアバンギャルドな演出が大好きな指揮者インゴ・メッツマッハーと、驚くほどスノッブな演出で世間を沸かせていたコンビチニーの演出という最凶コンビで、訳の分らない演出でがっくりした記憶があります。

そんな苦い経験はありましたが、「薔薇の騎士」は大好きなオペラの一つだったので是非ヤングの指揮で聴きたいと思っていた夢が実現しました。

で、出来は素晴らしいの一言。
 まずヤングの指揮がもちろん素晴らしかった。期待通りの緊張感あふれる音楽で、2幕前半の2重唱や3幕最後の3重唱のところの美しさは恍惚と言っても良いほどでした。
 歌手陣も韓国勢を中心にしっかり歌いこんでました。ゾフィー役のHa Young Leeと、盲歌手役のWookyung Kimの二人の韓国人が白眉だったなぁと思います。残念だったのが薔薇の騎士役のLucy Schauferが、いまいちだったこと。周りが良かったので相対的に沈んでしまったのかもしれません。
 最後に肝心の演出ですが、これがとても良かった。舞台の地面に絵を書いて上部に鏡を設置して観客に見せると言う手法で、内容的にはドタバタのラブコメをとても幻想的に仕上げて来たなと思いました。けど減点部分が一つあって、いくつかの部分で表現が下品というかストレートにエロイ部分があったこと。演出によってはそれも効果的だと思うんだけれども、今回の演出では必要なかったかな。

いや、しかし良かった。ハンブルクに居る方は機会があったら是非。
上の方の席だと鏡の効果がいまいちなので、ちょっとチケット高いですが低い位置から見ることをお勧めします。

今月、ヤングでエレクトラもあるんだよね・・・。行っちゃおうかな。

25.11.2007
Hamburgische Staatsoper
Musikleiterin: Simone Young
Insznierung: Marco Arturo Marelli

Richart Straus
"DER ROSENKAVALIER"

[PR]
by isaogermany | 2007-11-26 08:53 |  ハンブルク州立歌劇場
ジャズはドイツに来てから聞くようになったので、ほとんど知識がありません。CD屋さんで試聴して、これなんか雰囲気いいんじゃない?って感じのものをチョコチョコと買っては聞いていました。
そんな訳で日本人アーチストの音楽には全く触れる機会が無かったのですが、今回ネットで山中千尋さんが、欧州ツアーの一環としてハンブルクでライブをするとの情報をゲット!山中千尋さんは、NYを中心に活動するジャズピアニストで、日本で発売されるCDはジャズ部門では必ずチャート1位になる人なんだそうです。今回は彼女の手勢のトリオを引き連れての公演です。ドイツ語の先生というか友達のフローリアンを誘って行ってきました。

いや、良かったですねぇ。彼女小さいけれどもエネルギーたっぷりの演奏で会場を沸かしてましたよ。彼女はNYでジャズを勉強したそうなのですが、こうやって海外で才能を開花させる人に出会うと刺激されますね。海外に出てはみたけれども、いつまで経っても明日の食料の心配をしてる自分とはちょっと違うなぁ。頑張らなくちゃ。

素敵な演奏でしたので、CDも買っちゃいました。サインも貰っちゃった。いやはやミーハーな僕。ちなみに彼女、とっても美人でした。

17.11.2007
Yamanaka Chihiro Jazz in Stellwerk

[PR]
by isaogermany | 2007-11-18 20:28 |  JAZZ
今月は写真は全然撮ってない代わりに演奏会によく行ってます。普段は月2回を目安にしてるのですが、今月はすでに3回目。さらにあと2~3回今月中に行く予定なので充実度高し。

で今日はブロムシュテットでニールセンの3番とメンデルスゾーンの3番の演奏会でした。彼は亡きヴァントの後任として北ドイツ放送響の常任指揮者を3年(1期)だけ努めてたんですね。話によるとオケのメンバーと合わなくて、敢無く3年で解任となったようです。
そういう意味で、ブロムシュテットの演奏会はちょっと楽しみでもありました。

全く聴いたことの無かったニールセンの3番は、曲自体がまったく面白くなかった。これはどんな指揮者が指揮しても駄目だろうなと思います。1914年作曲で、日本初演が1984年。埋もれていたというよりは、もともと評価の低い音楽なんだと思います。
デンマークの音楽ということで、頭の中では繊細な北欧のイメージを思い浮かべるけど、実際はバイキングというかやけに野蛮な曲に思えました。けどドイツ人はこの手の分りやすい曲が好きなんですね。結構みんな喜んでましたよ。

休憩終って後半のメンデルスゾーンの3番「スコットランド」は逆に曲自体が素敵。ブロムシュテットの指揮は、フワッと浮き上がるような暖かい音色を聞かせてくれて驚いた。音色に定評があるとは聞いていたけれども、確かにその評価は間違いじゃないかも。NDRがこんな暖かくてやわらかい雰囲気の音作れるなんて。。。とちょっと感動しました。ただ曲の組立てには、やや誇張された面がありミスマッチしてるなという印象。彼のやり方なら、もっと静かな表現でいいような気がします。素人考えだけれどもね。

メンデルスゾーンのコンサート。17年前に初めて女の子を誘ってコンサート行った時のプログラムがメンデルスゾーンだったんだよね。懐かしいなぁ。背の高い女の子と一緒に歩いて、歩幅の違いにショックを受けてたのがつい昨日のようだw。 17年経つけどあれから一度も女性とクラシックのコンサート見に行ってないぞ・・・と聴きながらどうでもいいこと考えてました。汗

16.11.2007
Drigent: Herbert Bromstedt

Carl Nielsen
Sinfonie Nr.3 d-moll op.27
"sinfonia espansiva"

Felix Mendelssohn Bartholdy
Sinfonie Nr.3 a-moll op.57
"Schottische"

[PR]
by isaogermany | 2007-11-17 08:53 |  北ドイツ放送響