ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:レストラン/食事 ( 23 ) タグの人気記事

d0002958_2472874.jpg



え~ 食欲の秋、久しぶりにちゃんと食事作ったのでアップ。鯖の味噌煮です。
脂の乗った北海産の鯖一匹約600円也。安いのか高いのかもう相場が分らないんですが、それを酒と味噌と砂糖で10分も煮たらもう出来上がり。簡単で旨いんですよ。
一人じゃなかったら酒も進むかもしれないなぁ。。

と関係ない話でしたが、
先週のNDRの開幕に続き、こちらフィルハーモニカー・ハンブルク(略すと、ハンブルク・フィルでいいのかな?ハンブルク国立歌劇場団員主体のオケです。)
先週はドホナーニが、Beethovenの6番を振りましたが、今日はシモーネ・ヤングで同じく3番「英雄」でした。

のっけからいつものヤングらしい筋肉質と言うか、しっかりと身のつまった音は健在。あ~ これはまさしくベートベンだなぁ なんて思いながら聴いてました。1,2楽章はノーマルからちょっとゆったり目のテンポで歌い上げ、3楽章だけ激速。
いい感じだったんだけれども、今回一部オケが付いてこなかった。何やってんのそこ!と突っ込み入れたくなってしまうほど。昼間のコンサートなんで体があったまっていないのかもしれないけれども、金管、特にトランペットのみなさん外さないでください。ソロに近いところで「ヘコッ」てな音が聞こえてくると、もうがっくりしてしまいます。
誰でも聞き込んでる曲だけに目立つんだろうなあ。

今回の佳作は、プロコの古典交響曲。これが一番だったかな。
軽い曲なんだけれども、今回のヤングの指揮では、曲が浮き上がってくると言うか立体的に聞こえました。曲もいいけど指揮が良かったんだろうな。やっぱり。

中プロは、ムソルグスキーの「死の歌と舞踏」 ドイツ人バス歌手 レネ・パーペが朗々と歌ってくれました。僕は歌の良し悪しは良く分らないんだけれども、後ろの席まで声が伸びてきたので良い歌手なんだろうね。

16.9.2007
Philharmoniker Hamburg
Dirigent: Simone Young
Bass: Rene Pape

Sergej Prokofjew
Symphonie Nr.1 D-dur

Moddest Mussorgsky
Lider und Tänze des Todes

Ludwig van Beethoven
Sinfonie Nr.3 Es-dur


ああ 全然関係ないけど、脂の乗ったサンマの塩焼き食べたいな・・・。今年豊漁なんだってね。
[PR]
by isaogermany | 2007-09-17 03:20 |  ハンブルク州立歌劇場
d0002958_543289.jpg


先日買ったあまりにも泥臭かったナマズ。
もう一切れあまってました。捨てたいと言う衝動を抑えつつリベンジの一品。

ミックスフルーツジュースに小一時間漬けて臭味抜きしてから、強めに塩コショウして小麦粉つけてソテーにしました。
ソースは、ミックスフルーツジュースと生パイナップルを砂糖とワインで煮込んでちょっと本格的に。。美味しそうでしょ。

しかしながらお味のほうは、、、やっぱりナマズでした。汗。
[PR]
by isaogermany | 2007-06-21 05:47 | ■■【日記 / 雑感】■■
究極の味音痴と言われていた isaogermany。 そりゃあ醤油と味噌を使った料理が一番好きだけれども、イタリアの料理の味だって少しは分かるはず。という訳で何件がレストランを回りました。今回はちょっと鼻を利かせてレストランを探した成果がちょっとはあったような気がします。現地在住の皆々様には適いませんが。

d0002958_5472655.jpg


写真右はローマのレストラン。友人に進められて行って見たトラヴェステレ地区で食べた「子羊肉のアバッキオ・ローズマリー風」。ローマの名物料理なんだそうです。臭みの無いラムに照り焼き風味のソースが良く似合う。

写真左はアマルフィのレストラン。ウェイターの兄ちゃんがちょっと調子良すぎたけれども味はなかなか。メインはオラーテ(鯛)のグリルでした。時価で一匹20EURはちょっと高いか。

お店の外観とメニューを載せておきましたので、お店探しの一助にしてください。
[PR]
by isaogermany | 2007-05-09 05:43 |  07/Apr イタリア