ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:旅行紀 ( 84 ) タグの人気記事

坂道。

d0002958_5234141.jpg


塀に囲まれた坂道には情緒があるよな~。
などと考えてたら、昔読んだ本を思い出しました。

「山路を登りながら、こう考えた。
 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。
 住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。」

漱石の草枕の冒頭です。
山道じゃなくて坂道でしたが。
お気楽小僧のくせして小難しいこと唱えてる主人公がけっこう好きだったりして。笑
[PR]
by isaogermany | 2008-04-03 05:33 | ■■【フォトグラフ】■■■

ヘルシンキ

d0002958_7285876.jpg


飛行機のディレイで一日だけ滞在することになったヘルシンキ。折角だからとクリスマスマーケット華やかな町の中心部までやってきました。同じくディレイで一緒になったKさんと探検。彼女はお気に入りのフィンランド・ブランド「Marimekko」の直営店を見つけて喜んでたなぁ。

僕もちょっと見てみたけれども…高いっ! 僕にはムーミン ブランドの方が似合ってるのかも。笑

写真は昨日の井の頭公園を別アングルから撮ったもの。昼間の12時ですが、太陽の位置がとても低い。も少し北上すると、白夜の逆になるんでしょうね。

ちなみにいまだ年末ネタで引っ張るというのは、、、ネタが無いからなのです。汗
ちと忙しいわ。
[PR]
by isaogermany | 2008-01-29 07:38 | ■■【フォトグラフ】■■■

井の頭公演

d0002958_0173362.jpg


吉祥寺にある井の頭公園が結構好きで、写真を趣味にし始めた頃よく散歩ついでに撮りに行ってました。横目でカップル見ながら、「井の頭公園で恋人とボートに乗ると別れるんだぜ♪」とか思いながら。笑(そういう都市伝説があったんです)

 あと、あそこには芸術家の卵ちゃんみたいな学生たちが色々出店してたりするんです。そんなのを冷やかしながらブラブラするのが楽しかったんだよな。かと思えば年季入ったおじいちゃんの絵描きさんが、「ここで絵を書くには許可がいるはずなのに…いい迷惑だ!」とか言ってたりして。まだあのおじいちゃん頑張ってるかな?
いつだったか、ひよこ売りもきてた様な気がします。

そんな井の頭公園、最後に行ったのは3年位前にH氏と公園の入り口にある焼き鳥屋に行った時だったろうか。うむぅ 時間が流れるのが早すぎる・・・。

ちなみに写真はフィンランドのヘルシンキで撮りました。
騙された!って人手を挙げてください。笑
[PR]
by isaogermany | 2008-01-28 00:27 | ■■【フォトグラフ】■■■

北川温泉

d0002958_8241929.jpg


昨日の記事で、寂れた雰囲気があるなんて書きましたが、それは一部だけのこと。温泉宿としてこの辺一帯は結構栄えていると思います。写真は北川温泉がある小さな漁港の近くから一枚パチリ。天気いいですねぇ。

ちなみにこの北川温泉は、波打際に作られた露天風呂で有名なんです。
北川温泉公式HP ←こんな感じです。

北川温泉に宿泊した翌日の朝は、運良く快晴。日の出前に宿を抜け出して、温泉に行ってみるとすでに湯船は老若男女関わらず、人で一杯でした。海の向うに見える大島の右端あたりの水平線から上ってくる真っ赤な朝日を眺めて、やっぱり日本もいいよなぁとしみじみ感じたひと時です。
混浴温泉なのでさすがにカメラは持ち出しませんでした。記憶の中だけの贅沢ということで。

ちなみに今回は20年ぶりくらいの両親との旅行。
自分もそういうことする年齢になったんだなとしみじみ感じてしまいます。親孝行もあと何回できるか分らないからな。。。いまのうちいまのうち。
[PR]
by isaogermany | 2008-01-18 08:31 |  その他の旅行

ノスタルジック温泉街

d0002958_723736.jpg


d0002958_73556.jpg


d0002958_762839.jpg


d0002958_771518.jpg


帰省中、伊豆の北川温泉に行ってきました。写真はお隣の熱川温泉。いい感じに寂れた雰囲気出してます。宿泊客なんかはそれなりに多そうです。寂れた感じですが、廃れたわけじゃなさそうというのが味噌でしょうか。
こういう雰囲気好きなんだよね・・・。射的やりたかったなぁ♪
[PR]
by isaogermany | 2008-01-17 07:12 |  その他の旅行
d0002958_68692.jpg


今回の旅行の目的は第一にガウディを見ること。第二にスペイン料理を堪能することにあったので、コンサートやオペラは全くチェックしていませんでした。ラテン諸国でのオペラはチケットが取りにくい(特にイタリア)ので、まあ無理して見る必要も無いかと考えてたわけです。
ところが、今回チェックインしたホテルのすぐ近くにオペラ劇場があったんですね。どれどれと思って演目を調べて見ると、あのヴェルディのアイーダ!!ドイツでは、スーパーオペラとか言われて、アリーナなんかで過剰演出でなされるものが多く、逆に普通のオペラハウスではなかなか見ることができません。これは是非見てみたいと思って、当日券カウンターに行ってみたらまだチケット残ってるとのこと。早速手に入れて乗り込んで見ました。

いや素晴らしかった。
リセウ大劇場 Tatro del Liceu は、イタリアのスカラ座と並んでラテン諸国を代表するオペラハウスで、三大テノールで有名な、ホセ・カレーラスのデビューもこの歌劇場でされたらしい。

まず、それぞれのソロが素晴らしい。予習も何も無いので誰が何を歌ったのか和歌ラインだけれども、ホールの大きさを加味してもその声量は天井桟敷の上の上まで十分届くだろうと思われたし、声質にも張りがあって楽しめました。さすがカレーラスを育てた劇場。ソリストのレベルの高さは折り紙付きなんでしょうね。

そして、アイーダと言えば、第二幕の凱旋式。ソロあり、バレーあり、そして極めつけの200人くらいはいるんじゃないかと思う合唱団に圧倒されてしまいました。ドイツオペラとは種類の違うエンターテイメント要素一杯オペラです。指揮がどうだ、オケがどうだと小難しいこと言う以前に、とにかく楽しい。回りのスペイン人のおばちゃんたちも大喜びでした。笑

オケと指揮は逆にとっても大人しい印象。あくまで主役は歌手陣やダンサーであってオケは伴奏に過ぎないのだという姿勢を貫いていたように思います。つい先週シュトラウスを聞いて着たばかりだったので対照的でした。

棚から牡丹餅的な幸運でしたが、バルセロナの夜を十分堪能することができました。旅行中でカメラ持ってたこともあり、カーテンコールをパチリ♪

2.12.2007
Gran Teatro del Liceu

Giuseppe Verdi
"AIDA"

Daniele Callegari, Jose Antonio Gutierrez, Josep Mestres

Fiorenzy Cedolins, Micaela Carosi, Hasmik Papian, Norma Fatini, Elisabetta Fiorillio, Doloza Zahjick, Larissa Diadkova,,,,

[PR]
by isaogermany | 2007-12-16 06:38 |  07/Dec バルセロナ
d0002958_4563543.jpg


ガウディのそのほかの作品。全部は見れなかったので、主要なところだけちょこちょこと回ってパチリと。
カサ・パトリョ。小さなバルコニーが人の顔に見えなくもなく・・・。ドラゴンをかたちどったというのが一般的な意見なんだそうです。
中も見学できますが、お一人様16.5EURという金額に尻込みして断念。10EUR程度にしてもらえれば入場者も増えるだろうに。

More
[PR]
by isaogermany | 2007-12-14 06:44 |  07/Dec バルセロナ
バルセロナに来てみたかったもう一つの理由が「スペインで美味しい魚介類を堪能したい!!」でした。もうぜんぶ サ・カ・ナ♪

d0002958_5292128.jpg


初日。深夜一時過ぎにチェックインしたものの、そのまま寝るのは忍びないので、近くのお店で一杯やることに。タコのぶつ切りを肴にビール一杯。旨い!!けど、これだけでお会計20EURなり!!ってボッタクリじゃん。明日から気を付けねば。

d0002958_5324768.jpg


イカ墨のパエリヤ。多分味は普通のパエリヤと同じだと思うけれども、これは旨い!!普通は2人分からしか作ってくれないので、一人分だけでも出してもらえるお店を探して(と言ってもたくさんある)チャレンジしました。うん いい思い出♪

d0002958_5352743.jpg


スペインのお昼ご飯は豪華で安くて美味しい♪ 前菜がラザニア。メインがこの烏賊焼き。これにデザートがついて、たったの7EUR。食後のカフェや、お水も安いから10EURでお釣りがきます。

d0002958_538462.jpg


記念にと一度だけ行ったやや高級レストラン「Le Provensa」、☆は付いてないけどミシェランでお勧めとあったお店です。スズキの塩焼き、キノコのソース。魚の下に旬のキノコがたっぷり詰っていて、とっても美味しかったです。高級といってもメイン一皿15EUR。ワインもお手ごろ価格でとても好感のもてるお店でした。また行きたいと思わせてくれるお店。
ちなみに隣の席の人がウニ食べてました。あー、あれ僕も食べたいよ・・。

次回はココにも是非行きたいと思ってます。
[PR]
by isaogermany | 2007-12-11 06:35 |  07/Dec バルセロナ
d0002958_2148491.jpg


今回の目的の一つはこれ。
ガウディの建築物をこの目で見てみたくてバルセロナまで足を運びました。うーんすごい。唸らされるばかりです。本来、くねくねと曲がりくねったデザインは好きではないのですが、この有機的でエルゴノミックとすら思えるような曲線には心打たれます。専門家ではないのであくまで印象に過ぎないとは言え、ガウディはやっぱり天才なんだなぁと感服しました。

バルセロナにあるピカソの美術館にも行ったのですが、ピカソは天才ではないなぁと思いました。この人はアイデアマンというか企画家だよね?素人のたわごとです・・・。

サクラダファミリアの写真です。カタログっぽくなりますが。
[PR]
by isaogermany | 2007-12-09 22:11 |  07/Dec バルセロナ
d0002958_835162.jpg



前回のブログでも書きましたが、先週末はバルセロナで観光してきました。実質2泊の短い滞在だったけれども、青い空に恵まれて楽しい旅となりました。

今回ハンブルクからバルセロナへは、格安航空会社の雄。「ライアンエア」を使って行きました。この会社はおそらく欧州で最初に有名になった格安航空会社で、普通の旅客用の空港は使わず、大都市から離れたカーゴ用の空港を利用して料金を下げています。
ハンブルクの空港は街中から高速道路を使って約一時間、リューベックの近くにあります。(バス片道8EUR)

チケットはネットで予約します。預け荷物が無い場合はチェックインもインターネットでOKのよう。インターネットチェックインをしなかった場合は、チェックイン・カウンターで3EUR(往復6EUR)払います。僕も3EUR節約しようと思って、ネット・チェックインを試みるも・・・なんとインターネットでチェックインができるのは、EU発行のパスポートかIDカードを持っている人のみ!!
結局カウンターで支払うことに。

ちなみに預け荷物は15Kgまで、一つにつき片道6EUR払います。10Kgまでの手荷物はそのまま機内に持ち込みできるので、今回は荷物をリュック一つにまとめてスルーしてきました。

ちなみに機内はすべて自由席。ドドドドッと押合って席を確保します。前回乗った時は、かなり座席が狭くて居心地が悪かったのですが、今回は座席の広さも十分あって快適でした。機体が変更されたのかな。

ライアンエアの凄いところは、機体を遊ばせておくことがホトンドないことでしょう。空港に着陸してから、客を乗せて再び離陸するまで30分程度のこともよくあります。このペースで離発着を繰り返しているのですが、ホトンド遅延がありません。フライト・スケージュールが正確なのは立派。そのぶん、機長やスチュワーデスさんはかなり過酷な労働を強いられている感じがしますけど。大変そう。

で、なんなくバルセロナ近郊のジローナという街に到着。そこからバルセロナの市中まで、また1時間バスに揺られてようやく到着。街中到着は深夜0時30分頃でした。ホテル予約してなかったので初日はYHでベッドだけ借りました。(続く)

banner_01.gif
↑クリックご協力感謝です!目標は一日訪問者数100人です。。
[PR]
by isaogermany | 2007-12-09 07:27 |  07/Dec バルセロナ