ハンブルクより。


by isaogermany
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:Photos ( 122 ) タグの人気記事

やばい 全然筆が進みません。 もう月が変わってしまうわ。

1)ディジョン・Dijon

d0002958_6581682.jpg


素朴なフランシュ・コンテから、ワインと食の都ブルゴーニュへ。
Dijonはかつてのブルゴーニュ公国の首都。白亜の建築物がかつての栄華を偲ばせてくれます。写真は旧市街入り口の広場。そのままおとぎ話の舞台になりそうな雰囲気だな。

d0002958_72964.jpg
d0002958_725379.jpg


3時間しか居なかったので、観光は超駈足。見れるところだけ見てきました。
ブルゴーニュ大公宮殿の美術館。太っ腹にて入場無料なり。
美術館入り口の彫刻は、「巨神兵」を思い出させます。口から熱光線出そうですな。笑

2)ボーヌ・Beaune

d0002958_7141368.jpg


d0002958_7152374.jpg


d0002958_716590.jpg


ここもとても有名なブルゴーニュワインの中心地。美味しい食事、歴史あるワインケーブなど、見所たくさん飲み所たくさんの街です。ディジョンと同じくベージュ系の建物が印象的です。
雨が降ると壁の濃淡がはっきりしてきて、これはこれで奥ゆかしい。侘び寂びの世界にも通じるような感じがするんですけど、どうでしょうか。
この日は念願の☆付きレストランを予約。挙動不審であったことを告白しておきます。笑
[PR]
by isaogermany | 2008-09-29 07:26 |  08/Aug フランス東部

ポートレート。

d0002958_5394431.jpg


驚きましたか?お目汚し大変失礼いたしました。笑
人生後半戦突入記念として自己ポートレートを撮ってみました。卓上スタンド使っただけの撮影なのでこんなもんでしょう。
さて、ぼやっとしてるとどんどん年食っちゃうから、何か新しい事でも始めてみようと考えてますが、何をやろうかな・・・。

写真撮って欲しいなって人いるかな? 手元にある機材で良ければ撮りますよ。
[PR]
by isaogermany | 2008-09-23 06:05 | ■■【フォトグラフ】■■■
こんばんは。なかなか旅行紀の筆が進みませんね。
もたもたしている内にまた一つ年を取ってしまいました。いーつの間にか35歳。わお♪ 
まだまだ行ける!と信じつつ、旅行記の続きです。


1)Château Chalon シャトー・シャロン

d0002958_5532761.jpg


断崖絶壁の上に立つ小さな村。ここも「美しい村」に指定されています。役には立つけれども、今一ルート取りの賢くないポータブル。ナビゲーションのお陰で、葡萄畑沿いの農道としか思えないような道をいったりきたりしながら辿りつきました。街からは下界を見下ろすように葡萄畑が広がり雄大な景色も楽しむことができます。惜しむらくは、上に上げている場所以外は、村らしい村の写真を取る事が難しい事。崖の下からは、茂みに邪魔されて街の輪郭を見ることができません。もちろん、街の中に入ってしまえばどこにでもある普通の村の街並とそれほど変わりありません。唯一、街中の谷間が見渡せる上記の場所からみんな写真撮ってました。
ここで買った、コンテチーズの美味しかったこと。濃縮されてナッツのような風味のあるフランシュ・コンテ地方の特産品です。



2)Baume les Messieurs ボーム レ メシュー

d0002958_632674.jpg


まったく面白くない写真で面目ない。ここも「美しい村」に指定された村。当初の予定ではここで宿を探すつもりだったけれども・・・行ってみてビックリ。村には大きな教会が一件と、民家が10軒くらいあって、それだけ。宿も無ければ、レストランも無い。この村で一体何をすればいいのだ?と疑問に思わざるを得ない村でした。村も素朴すぎて絵にならない。ちと敗北感に浸りつつ、結局その日は車の中で就寝です。翌日体がきしむのはやはりすでに若くない故か。笑



3)Ornans オルナン

d0002958_61129100.jpg


クールベ美術館があることで有名な町。是非、美術館でクールベを見たかったんだけれども、改装中ということで見ること出来ませんでした。残念!



4)Arbois アルボア

d0002958_6172978.jpg


d0002958_6181235.jpg


とても美しい街。町全体が絵画のようです。街をそのまま切り取れば美しい絵画ができあがります。キャンバスに絵を書きたくなる街とでも言いましょうか。今回のお気に入りの街の一つです。



5)おまけ

d0002958_6231861.jpg


あんまりこっちみないでよ・・・笑
フランシュ・コンテ地方特産のコンテ牛。ドライブの途中でモデル撮影です。笑
[PR]
by isaogermany | 2008-09-22 06:33 |  08/Aug フランス東部
d0002958_6363197.jpg


アルザスの次に行ったのはフランシュ・コンテ地方。ブルゴーニュ地方とスイスに挟まれた場所で、ジュラ山脈の裾野に沿って広がっている州です。ジュラ山脈はあのジュラシック・パークのジュラですね。

山の裾野に素朴な街が点々としているところで、日本人の観光客はさすがに殆ど見ませんでした。フランス人が家族旅行でキャンピングカーに乗ってやってくるのが定番のようです。この州にある「美しい村」は3ヶ所のはず。ガイドブックにも載って無いので、村の名前だけを頼りに訪ねてきました。いずれも村というにしても小さすぎるような村ばかりでしたね。

1)Lods
ジュラ山脈の麓の谷間にある小さな村。おそらく交通機関は無し。車だけでいけるんだと思います。昔は、鉱業で賑わったこともあるようですが、今はひっそり息を潜めながら存在しているような村でした。天気が悪くてしかも夕方。ここでは都会の時間とは全く違う時間が流れているにちがいない。そんなことを十分想像させてもらえる村でした。けどその他には何もありません。ハイ。

d0002958_637516.jpg


d0002958_6394858.jpg

雨降って寒いんだよ・・・って顔してますかね。俺も寒かったぞ。笑
[PR]
by isaogermany | 2008-09-18 06:42 |  08/Aug フランス東部
間が開いてしまいました。ちょっと急ぎ足にて。。

2)Rebeauville

アルザス南部の中心地、Colmerから車で30分くらいのところに位置する街。コウノトリの繁殖で有名な街で、電車が通ってないにも関わらずかなりの数の観光客で賑わっていました。以前は「美しい街」登録されていたのですが、今はどうもちがうらしい。コウノトリはお隣の町で見ることが出来ました。

d0002958_5514341.jpg

明るい観光地という風情です。雰囲気はドイツの木組み屋根の街にそっくりですね。まだまだドイツとの国境の街であることを感じさせます。

d0002958_556790.jpg

赤茶色の屋根が印象的。ひとしきりブラーッと街を散歩した上で次の街へ♪

3)Hunaville

d0002958_5591858.jpg


これと言って何も無い街なのですが、「美しい村」に選ばれてます。厳格な選定基準がどこにあるのかちょっと疑わしかったりして。笑
この街の近くにはコウノトリの繁殖センターがあり、かなりの数のコウノトリが繁殖しているようです。村の入り口の民家の屋根に大きなコウノトリの巣を発見!! 巣の直径は1メートルほどでしょうか。この大きさならば、コウノトリが赤ちゃんを運んでくるという言い伝えも納得いきますね。
Hunavilleでは秋のワイン大試飲会を行っており、ご相伴に預かりました。
酔っ払ってその日の宿へ~。

4)Turckheim

d0002958_66456.jpg


前述Colmerに宿を取る予定だったけれども見つからず、20分ほど離れたTurckheimで2泊。綺麗な街ですが、全景を撮る事できなかったのが残念。夜の散歩から一枚。
この街は、夜の10時になるとクラシックな姿の夜警のおじさんが街を一回りするのですが、これが観光客に大人気。フランス人のお客さんがゾロゾロと付いていった、その後・・・。子供達にはちょっと退屈なのかな。笑

5)Requewhir

d0002958_613437.jpg


ここも有名な観光地。「美しい街」に選定されています。リボービレと同様に、明るい木組みの街づくりが印象的です。リボービレ、ユナビル、リクイヴィルはそれぞれ、5Km程度しか離れていない隣同士の町で、それぞれの街がまあ大体同じように見えるというのはご愛嬌。

d0002958_6172164.jpg


空と同じ青い外壁。この辺ドイツ人のセンスとは一線を画すものがあります。笑

d0002958_6182330.jpg


ブレッツェル。ドイツのパンです。食文化は完全にドイツなんだなぁ。

6)Kaysersberg

d0002958_6225843.jpg


カイザースベルクと読むのかな?ローマ時代から残る古い街ですが、小さいけれども、日に照らされた街並はくっきりはっきりで玩具の街のようにも見えてしまいます。この街には☆付きレストランがあったのだけれども、入り口だけ見て退散、まだ心がチキンです。笑

d0002958_6254528.jpg


お土産屋さん。女の子の喜びそうなキッチン用品がたくさん。色使いがやはりドイツと違います。

d0002958_6273499.jpg


カイザースベルクの廃城。セカセカ歩き回って、ああ疲れたな。そんな時にひょいと空を見上げると、いわし雲がたなびいています。フランスも空が高いのだなぁ。

7)Colmar

d0002958_6333356.jpg


最後にこの地域の中心地。コルマールをご紹介。旧市街の中心に立つサン・マルタン教会。歴史を感じさせる重厚な建物の一角。

d0002958_6392693.jpg


d0002958_6401873.jpg

 
小ベニスと称される運河の一角。ちなみにヨーロッパでは運河のある街並は全部小ベニスです。笑 橋の欄干にくくり付けられてる鉢が素敵だなぁ。ススキ(もどき?)とかドイツの花壇で見たこと無いです。ちょっと日本人にセンスが似てるのかも。

d0002958_6431549.jpg


この州がドイツ語圏であった頃の名残。ドイツ語の看板です。「美容師のための仕入協同組合」と書いてあるようです。

という訳で一気にアルザスの街紹介でした。うーんカタログです。まあ仕方無い。
次回は、フランシュ・コンテ地方へ。
[PR]
by isaogermany | 2008-09-15 06:54 |  08/Aug フランス東部
こんばんは。
ちょっと間が空いてしまって、旬を逃した気がしないでもないですがフランス旅行記始めます。
時系列にと思いましたが、10日間の旅行を面白おかしく語るすべを持たないので、テーマ毎(風景、宿、レストラン)に話題を絞って書いていこうかと。

最初のテーマはフランスの村々の写真から。
前回も書いたかもしれませんが、フランスには「フランスの最も美しい村協会」という認定機関があり、小さな村の振興と文化財の保存を目的として、フランス中の小さな村で訪れる価値のある場所を認定しています。現在は152の村が「もっとも美しい村」として指定されています。選考基準としては、

 イ)人口が2000人以下であること
 ロ)村に歴史遺産があること
 ハ)古い町並みを良く保存している事
 二)車での村へのアクセスが確立されていること。

などがあるようです。ポイントは、二)の車でのアクセスが確立されていること。 逆に言うと、鉄道でのアクセスは基本的に無く、車(もしくはバス)でしか訪れる事ができない村が殆どということでしょうか。協会本部は南西フランスに置かれていて、認定されている村も南西フランスに集中しているので、本場はそちらの方のようです。
 残念ながら、ハンブルクから南西フランスまでは片道2000Km程度あり、ドライブをするにも半分修行のようになってしまうので、こちらの方はまたの機会に。今回は、ハンブルクから750~1000Kmのところに位置する東フランスに行く事にしました。

1)アルザスの村々
アルザス地方は、フランスとドイツの国境に位置する州。おそらく中高時代に歴史を勉強した人は知ってると思うけれども、この地方は戦争が起こる度に、ドイツ領になったりフランス領になったりと複雑な経緯を持っています。簡単に記しておくと

 1870年 普仏戦争でドイツに帰属
 1919年 第1次世界大戦後、フランスへ返還
 1940年 ヒットラー第三帝国により再びドイツに占領
 1945年 第二次世界大戦終結後またフランスへ。

このような独仏の争いの犠牲になったこの地域は、EUの欧州議会が置かれるなど統合欧州への象徴のようにも扱われています。

このアルザス地方、今は完全なフランスですが、元々はドイツ語圏だったんですね。ドライブをしてアルザス北部から入仏すると、ドイツ語の村名がとても多いことに気が付きます。中には「KRIEGSHEIM」(ドイツ語で戦争の家という意味)なんていう村の名前も・・・。

そんなアルザス地方ですが、昔ながらの木組みの家に、赤黒い屋根が印象的な明るくて可愛らしい街並を形作ってました。アルザスには5つの村が「美しい村」に認定されており、そのうち3つを見てきました。

1) Mittelbergheim

d0002958_1382723.jpg


d0002958_142958.jpg


最初に見学した「美しい村」。ドイツ語読みだとミッテルベルクハイムですが、フランス語読みだとどうなるんでしょうか。分りません。到着したのは朝の10時。ワイン畑に囲まれたホントに小さな街でした。街を歩く人も殆ど折らず、観光客もまばら。夏休みの日曜日としてはやや寂しいでしょうか。街を遠くから眺め、近くで眺め、北側から見下ろしたり、南側から見上げたりして、分ったことが一つ。写真で絵にするのが難しいわ・・・。ここに来て初めて自分が村全体を絵にする技量がないことに気付きました。どう撮っても、カタログっぽい写真にしかならないんですよね。朝焼け、夕焼けを美味く見方につけることが出来ればいいのですが、今回はかなりの急ぎ旅。諦めて早々に次の街へ。
自宅に帰って写真を確認してみてもやっぱりカタログの域を出ない。もっと修行が必要のようです。苦笑
[PR]
by isaogermany | 2008-09-08 01:51 |  08/Aug フランス東部
日本で風景写真のプリント販売をされている「あゆわら」さんというウェブサイトで、僕の撮った写真を扱っていただけることになりました。以前から、自分の写真が誰かの部屋を飾ることが出来れば素敵だなぁと思ってましたので感無量です。もし興味がある方がいらっしゃいましたら、下記リンクをクリックの上ご検討頂ければ幸いです。

「あゆわら」 - 風景を購入できる店 -

僕の写真は、
バルセロナバガン遺跡スイスドブロブニクドイツヤンゴンナポリ
となってます。以上、よろしくお願い申し上げます。

Hamburg 15.8.2008
Isaogermany
[PR]
by isaogermany | 2008-08-16 05:43 | ■■【フォトグラフ】■■■

食料高騰

d0002958_6522588.jpg


日本も同じだとは思いますが、ドイツでも食料品の価格が高騰しています。まず小麦。
僕は白米派なので、ふだんパンはホトンドと言って食べ無いのですが、パスタの値段なんかは2-3割は高くなった印象です。この麦の穂に手が届かなくなる日が来てしまうのだろうか・・・。ちなみに、僕の主食の白米もこれから高騰するだろうとのこと。
うーん総摂取カロリーを押さえて、家計防衛するしか手がないのか・・。この際だから、僕もダイエット始めようかな。
[PR]
by isaogermany | 2008-07-27 06:59 | ■■【フォトグラフ】■■■

麦畑

d0002958_716062.jpg


黄金に輝く麦畑。綺麗だね。
[PR]
by isaogermany | 2008-07-26 07:16 | ■■【フォトグラフ】■■■

health care??

d0002958_20532591.jpg


PCの再インストールは諦めました。どうもドイツで買ったPCにリカバリーディスクが付いてなかったみたい。汗 とりあえず、ドライバー類だけ再インストールして、ブラウザーをSleipnirから Firefoxに変更してみました。 Spleipnir(の簡易版のGrani)は使いやすかったけれども、コアがIE6準拠となっていたので、時代に合わなくなってしまっていたのかな。最近はフリーズすることが多くて閉口してました。この手のソフトは、やはり新しいものに常に付いていく必要があるのかもしれませんね・・・。操作方法など頭が付いていかないのですが。笑

新しいものに対応できなくなってきているということはやはり脳の老化が進んだってことなんでしょうね。最近ボケ方も激しいです。頭に栄養をと言う事で、このごろはちょっと食事に気を使うようになりました。なるほど、好き嫌いをせず多種多様な食材を食べるのが体と頭にいいんですね。
そんな訳で、今まではあまり手を出さなかった野菜や果物も出来るだけ食べるようにすることにしました。昨日買ってきたのが、写真のさくらんぼとブルーベリー、それからソラマメを見つけたので購入。旬の食材で、地元で取れたものは何を食べても美味しいということを実感です。
いづれも、ドイツでは初めて買ったものですが、今までちょっともったいない事をしてたかも。

P.S. ソラマメの美味しい煮方と食べ方どなたか教えてくれませんか?
[PR]
by isaogermany | 2008-07-13 21:01 | ■■【日記 / 雑感】■■